スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

HDM創絶 仮面ライダーキバ

【9/20】



purin080920-2.jpg

このシリーズは 『アギト』 から収集を続けていて、そのライダーを代表するポージングが

採用されている上に、価格の割にレベルの高い造形が、非常に気に入っています。


長らく300円だったHDシリーズも、いまや400円!

そりゃあ、それなりに力を入れてもらわないと消費者として黙っていられません。



今回はキバのクリア眼が前評判が高いですが、さて造形は・・・?



・キバ(キバフォーム)

お決まりのポーズですね。

キバに変身直後の躍動感がよく表現されています。

注目の複眼は、このサイズでは左右の尖った眼先まで再現されないフィギュアが多い中、

ビッグサイズフィギュアに迫るリアルさで処理されており、評判どおり好印象です。

手を抜かれるパターンが多いベルト部は、赤のベタ塗りという最低限のもの。

フエッスルもバックルもやはり赤一色で残念なポイントです。

キバットの金色は、金色の部分は省略せずに確実に塗られているようで、見た目は

良好です。

職人の手による個体差もあるようで、各所に塗装のハミ出しが見られます。よって良不良

の判定基準も甘くなっているのが分かります。

キバフォームの色は赤、銀、金の3色なので、塗装による差別化というのは比較的

分かりにくい部類です。

そういうわけで、全体の仕上がりは、5段階評価の3、というところでしょうか。



・イクサ(バーストモード)

バーストモード専用武器であるイクサカリバー装備のポージングは当然の選択でしょう。

パッと見、すごくキレイな印象です。

眼はやはりクリア処理されており、バーストモードの存在感を引き立てています。

しかしなんといってもボディスーツの黒とプロテクターの白、そしてメタリックブルーの

縁取りが色鮮やかで、再現性は抜群です。

ベルト部も金、銀、赤が細かく塗装されており、近年にない塗装の完成度の高さです。

ただ、キバ同様に個別のフエッスルまで配色が対応されてはいません。

この1体はかなりレベルが高いと思います。

5段階では、5に近い4、でしょう。



・キバ(ガルルフォーム)
・キバ(バッシャーフォーム)
・キバ(ドッガフォーム)


ガルルは野生、バッシャーはスマート、ドッガは力強さをうまく表現しており、造形レベルの

高さをうかがわせます。

本当に、造形だけで採点すると、完全に100点満点です。5段階評価も、もちろん5。


この3体は、キバフォームよりも使用されている色が多い分、映えて見えますね。

それぞれの武器の色使いも、単色ではなく、一応使い分けられています。


ガルルをパッケージで見たときは、クラッシャーを開口してガルルセイバーをくわえている

のかと思いましたが、違ったようで、今まさにくわえんとしているところでした。


5段階では、4に近い3、かな。



このシリーズ、名称こそ変更(というよりバラバラなものを統一)されましたが、ハッキリ

言って、単なる値上げです。

そして、だからとってクォリティが向上しているわけでもありません。


昨年の電王ではvol.2が発売されましたが、おそらく今年も同じく続くものと思われます。

エンペラーフォーム、ライジングイクサ、サガ(、ドガバキ)。

現段階でこれだけのネタがありますからねえ。


それはそれで楽しみなんですが、一つ問題が・・・。





もう飾るスペースがありません・・・_| ̄|○




purin080920-3.jpg






2008.09.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 仮面ライダー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。