スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

『ゲームミュージック』

【10/31】


『ゲームミュージック』


現代でこそ認められたカテゴリですが、

『ゲームのBGM』 としてのみの認識であった20年くらい前までは

それは今で言うオタの世界でした。


『BGM』 が 『ミュージック』 へと変遷していったきっかけが、

著名な作曲家であったすぎやまこういちを起用した

エニックスの 『ドラゴンクエスト』 であり、

独自の感性とプログラミング知識を持つ古代祐三・石川三恵子が担当した

日本ファルコムの 『イース』 であり 『ソーサリアン』 であったわけです。



個人的には、

『ドラゴンクエストⅡ~Ⅳ』

『イースⅡ』


この4タイトルが特に秀逸だと評価していました。


また同時に1980年台後半に登場したこれらの作品が、

『ゲームミュージック』 の独立性と芸術性を決定付けたと言っても過言ではないでしょう。


ドラクエはその高い知名度と繰り返されるリメイクのおかげで

一般にも耳慣れたものとなっていますが、

『イース』 については同様にリメイクはあるものの、

ドラクエほどの人気はなく、プレイ人口の少なさから

音楽はもちろんゲーム内容すら知らない人も多く、

『イースの楽曲は?』 と問われても、

ほとんどの人はピンと来ないことでしょう。


これは実にもったいないことです。

ゲーム自体はARPGの地位を確固たるものにした大功労者ではありますが、

あらためてプレイしてみるとどうでしょう?

ドラクエなみに現代風のアレンジが必要だとは思います。

ですが、この素晴らしい楽曲は一見の価値、

もとい一聞の価値があります。


実際にゲームをしながら聞くのが一番ですが、

『日本ファルコム全集』 というようなCDがまだあればレンタルするのも手です。


昔はその手のCDも所有していましたが、

ゲームをまったくやらなくなってからは

どこにあるかも分からなくなりました。


レンタルショップを覗きに行こ・・・。


いやいや、まだ家にはPC-8801が健在です。

ソフトも残っておりますので、リアルにゲームで聞けます。


久しぶりに起動してみるかな・・・。







2007.10.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。