仮面之世界マスカーワールド②

【2017/2/10】



本日2月10日は私の祖母の誕生日で、95歳になります。

100歳まであと5年を切ると、現実味が湧いてきます。この調子で長生きしてほしい。






purin170210-2.jpg

さて、マスカーワールドの2弾を通販で予約していたものが届きました。

1弾と同じく、1ボールですべて揃う優しい仕様。

2弾も5種+シークレット1種の6種類となり、1ボールで買うと純粋なダブりは4個になります。



今回もアマゾンで購入したのですが、今回から封のセロテープの上にこのようなシールが・・・。

purin170210-1.jpg



シャッフル防止のためでしょうか。

私は今までに一度もシャッフルされたことがないので本当のところは分かりませんが、

過去にそういうことがあったという話は耳にしていました。

今回の措置はそれはそれで安心ですね。





さて、BOX内。

purin170210-3.jpg

見た目からしてバランスが悪い。

№8は端から少ないにしても、№9にシクレが入っていることは明白。

ということは、ダブりは№6,7,9,10ということですね。




purin170210-6.jpg

今回のBOXは背が高いです。写真の鎧武極のせいでしょう。







purin170210-4.jpg

開封品の6体。





どれも造形が良いのはうれしいことですが、その中でもこの1個をピックアップ。

purin170210-5.jpg

鎧武極は、最大の特徴が複眼にあるわけですが、その処理は抜群であり、劇中再現度は

非常に高い一品であるといえましょう。

ただ、何か物足りない。

いえ、特に明確に不足なパーツや塗装があるというわけではなく、あまりにシンプルすぎる

印象なんです。


例えばブレイドキングフォームのように、極もどうやら全身揃って輝きを放つマスクらしく、

マスク単品だとやや控えめになるようです。


これはプレバンの発光台座PB03を待って、発光状態を確認してからの評価が待たれます。

3月にあらためてチェックですね。



さて、今回少しいい意味で気になったのがパーツの取り付け時の勘合状態でした。

鎧武極の三日月、龍玄のちょんまげ、スペクターの2本のツノ、アマゾンズの触覚すべてが

非常に勘合が良かったです。

これは個体差というレベルではなく、商品の品質が上がった事実だと思います。

つい1弾までは、一例を挙げると鎧武オレンジや武神鎧武の三日月などははめ込みに指の力では

不可能だったり、逆にバロンの耳はクリアランスが大きく差し込みが甘くなったりしていました。

過去のマスコレでもしょっちゅうありえたことです。

それが2弾では気持ちいいくらいはめ込み具合がよかったので、この改善は素晴らしいです。

というよりやっとここまできたかという印象。遅すぎたというほうが正しいもかも。


しかしこれで次弾になると元に戻るのがB社なので、油断はできませんね。

この品質を安定でお願いしますよ、B社さん。



2弾ではアマゾンズのラインナップが多く、無視できない存在となっています。

ネット配信専用ムービーとなっていて、それだけにニチアサの感覚で見てしまうと思わず目を背けて

しまう内容ですが、逆にネット配信限定だからこそやりたいことをやれた、と石田監督が言われていた、

というのが、ご本人と直接話された江戸川ライドさんの情報です。

私も劇場版ブレイドのオープニングのブレイドVSジョーカーの戦いにしびれて石田監督のファンに

なった経緯があるのでうらやましい限りです。

ただしアマゾンズについては確かに造形は素晴らしいんだけども、『子どもとともに』をモットーとしている

私にはそれができないのが残念なところです。




さて、久しぶり長くなってしまいました。

本当はもっとレニューしたいし、書きたいよもやま話もあるのですが、とりあえず今日はこのへんで。

では次はPB03でお会いしましょう。









2017.02.10 | | コメント(9) | トラックバック(0) | マスクコレクション

コメント

自分の購入したボールもPurinさんと全く同じ内容、配置でした。
極かオメガ(ノーマル)が3個入っていて、龍玄とスペクターが1つずつしかないボール箱もあるそうなので、そちらじゃなくて良かったですね。

石田監督がアマゾンズで地上波のような規制が無くて、やりたいことをやれたと話したのはイベントで、自分はその観客としてでした。
イベント終了後に出入口の椅子に座っていた石田監督と話すことが出来たので「また高寺成紀さん、荒川稔久さん、石田監督のチームの作品がぜひ見たい」と話したところ、嬉しそうな笑顔になりながらも「もうクウガのようなものは作れないから」と言っておられました。
クウガの頃は、規制はありましたが、勿論今ほどでは無かった訳で、そういう意味もあったと思いますが、あの頃は「怖いもの知らずだった」とのことで、自分はそちらの意味の方が強いのだろうと取りました。

2017/02/11 (土) 17:44:41 | URL | 江戸川ライド #xN7Za8Hk [ 編集 ]

江戸川ライドさま


こんばんは。
なるほど、詳細ありがとうございます。納得です。
高寺さんとオダギリジョーのエピソードもクウガに込めた熱い思いが感じられますよね。
クウガだけは本当に好きだったのでDVD全巻揃えています。
今日、スーパーで3ボールほど陳列してあったんですが、どう見てもスペクターの数が多いのでおかしいと思っていたんですよ。
しかも手つかずと思われるBOXなのに配置が私のと違うなど、別パターンがあったのか。
どちらにしても1ボールでコンプできるんだから簡単になったものです。
3弾以降もこの流れを続けてほしいです。
プレバンのPB03の斬月も楽しみですね。


2017/02/11 (土) 17:53:48 | URL | purin #XwX1ip.I [ 編集 ]

スペクターが多いパターンもあるのですね!
昨日、上野駅前の大きな玩具店で見ましたが、アマゾンアルファだけ2個しかなく、他は5~6個ずつという状況でした。
これは、大きいお友だちにはアルファが人気なのかな?

劇場版ブレイドのオープニングもそうですが、雨に関しては石田監督は並々ならぬリアルを追及しているようで、クウガで五代雄介が色んな人へ別れを告げるために訪ねて行きましたが、あの雨、例えばポレポレの外の雨などは白く飛ばして省略することは可能であったけど、それはやりたく無かったそうです。
誤魔化すことをすると、それに慣れてしまっていい加減な仕事をするようになる。
だから、そういうことはしたくなかったそうです。
加えて濡れるのは自分じゃない。自分はテントの中にいたから。と笑いを誘っていました。

2017/02/11 (土) 18:27:04 | URL | 江戸川ライド #xN7Za8Hk [ 編集 ]

クウガはBlu-rayもぜひご覧になって頂けたらと思います。
自分もDVDは持っていますが、Blu-rayを買って本当に良かったと思いました。
SDからのアップコンバートとのことですが、ワイド画面で切れることもなく、本当に綺麗な画像です。

2017/02/11 (土) 18:34:52 | URL | 江戸川ライド #xN7Za8Hk [ 編集 ]

江戸川ライドさま

こんばんは。
雨に濡れるのは自分じゃないからというのは笑えますね。自分勝手すぎるwww
忘れてましたが、実は中国でブレイドのDVDセットも買ってまして、国内正規版のBDは最初のブレイドを買いたいと思っているんです。
ブレイドもクウガ以上に思い入れの深い作品でして、退屈な前半からの後半の熱い展開が本当に面白かった。
例の劇場版も件の雨の対決シーンとキングフォームの初登場まで、震えましたよ。
アギト~カブトまでは劇場版で最強形態のお披露目がデフォでしたね。
最近、UHDBD対応のBDレコーダーを購入したので、できればそれまで待ちたい気持ちもあります。
ライダーネタはいつまでも尽きません。


2017/02/11 (土) 20:56:57 | URL | purin #XwX1ip.I [ 編集 ]

雨に濡れるのは自分じゃないは、勿論石田監督なりの冗談ですね。
高寺さんは照れ屋の石田監督がイベントによく来てくれたと言ってましたし、増して饒舌さには来場者も高寺さんも驚いていました。
石田監督はそれに対して「ファンとの交流をぜひしたかった」と言っていました。
プレス用写真撮影では、高寺さん、荒川さんは笑顔とサムズアップだったのですが、石田監督は笑顔もサムズアップも無し。
ところが出入口で私が一緒に写真をお願いしたら、笑顔とサムズアップを自らしてくれて、自分は驚いて石田監督の手を見詰めてしまい、そのまま写真に収まってしまいました。笑
ちょっと夢のような経験でした。

2017/02/12 (日) 00:06:39 | URL | 江戸川ライド #xN7Za8Hk [ 編集 ]

江戸川ライドさま

こんばんは。
サムズアップでは、あちこちで要望があるんでしょうか。
それを公的にはせずに一息ついたところでやるのは味がありますね。
ファンのために、という姿勢は特撮では本当に大事ですよね。
関西にもそういう機会があればいいんですけど、
あま今の流れでは無理ですね。
久しく上京してないなあ。

2017/02/12 (日) 01:36:01 | URL | purin #XwX1ip.I [ 編集 ]

サムズアップはクウガのイベントでしたからお約束ですね。

昨年の初夏に大阪でも高寺成紀さんと荒川稔久さんの対談イベントがありました。
高寺さんは徹夜明けの新幹線の中で、小説仮面ライダークウガを読んで臨んだとのことです。
小説仮面ライダークウガの出版が予定より7カ月も遅れたのは高寺さんがダメ出しをしたからと思っていたのですが、それは違って高寺さんは全く小説には関わらなかったそうです。
自分が行った夏のイベントでもお二人が話していましたが、荒川さんは夏目実加視点に思い入れがあって、「現実」でも荒川さゆが実加視点、高寺さんが一条視点に重きを置いたので噛み合わず制作が難航したそうでした。

今日は青空で良い天気です。
青空を見るとやはりクウガを思い出します。

2017/02/13 (月) 12:11:02 | URL | 江戸川ライド #xN7Za8Hk [ 編集 ]

江戸川ライドさま

こんばんは。
関西でもイベントやってることがあるんですね。
ちっとも知らなかった。そういうのは東京限定だと思い込んでいました。
しかし開催を知らないと意味ないし、もっと情報を仕入れないとダメだなあ。
クウガ〜ファイズあたりまでを見た後に、BLACK以前の番組を見ると、とても連続で見るのはキツかったです。
やっぱり平成仮面ライダー初期は大人向けだというのが再認識させられます。

2017/02/13 (月) 21:21:36 | URL | purin #XwX1ip.I [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

ブログ内検索