【閲覧注意】マムシ酒50年もの

【2015/6/11】



またもや魔窟(実家の倉庫)で怪しいものを発見しました。
※閲覧注意












purin150607-1.jpg
マムシ酒!

怪しさ100%。

液体中だけあって立体感があり、ちょっとしたオブジェのようです。

50年ものらしいです。



この一升瓶は日本酒のものではなく醤油瓶です。

醤油瓶といえば紫外線による酸化防止のために茶色の有色瓶を使用するのが

普通ですが、これは珍しく無色透明。

というより、昔はそれが当たり前だったのかもしれません。



つまり、このマムシ酒の素性はこういうことになります。

本来は、日本酒の一升瓶にマムシを放り込むだけで完成なのに、

わざわざ醤油を空にして、中を洗って、日本酒を注ぎ込んで、マムシを入れる、

という面倒な工程をなぜ行ったのか。

半世紀が過ぎた今となっては、そもそも誰が作ったのかさえ不明です。


当時はマムシなんて珍しくもなかっただろうに、

なぜあえてマムシ酒を作ろうと思ったのか。



さて、このマムシ酒、50年以上経過した今でも飲むことが可能なんでしょうか。

お酒ということは、年数を経るごとに逆に旨味が増すはず。

冷暗所である倉庫の、普段ほぼ使われない流し台の扉の中にあったので、

保管状態は良好といえないまでも、決して悪くありません。

ワインやウィスキーに代表されるように、年代ものであることは確かです。



私個人的には、あまり日本酒が好きじゃないので、

試しに飲んでみようという気になれません。

これがビールだったら高確率で開封していたでしょうが。


結局、元の場所に戻しておきましたが、また数十年後、

誰かが同じような発見をするのでしょうね。


そして、ほとんど標本と化したマムシは今後何人の目に晒されるのだろうか。

しかし50年経っても、ここまで原型をとどめているとは、

せいぜい15%程度だろうに、アルコールの偉大さを改めて見せつけられました。





2015.06.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索