スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

通勤(通学)時間について

【2015/6/5】



通勤(通学)時間について


皆さん、通勤もしくは通学にどれだけ時間を費やしていますか?



一般的には、学生のうちは学区が小さいほど近所で、

上位に上がるごとに学区が広くなる=遠くなるものだと思います。


大学~社会人では、フィールドが全国的になるので、

自宅からの通学自体が不可能で下宿したりしますね。




さて、私は今現在、仕事場まで自動車で片道15分程度なので、

割合近いほうじゃないかと思っています。


小・中・高も数分~十数分というところで、

特に通学に関して苦痛を味わったことは皆無でした。


なんなら、忘れ物をしても休み時間に取りに行って戻ってこられるくらい

近かったものです。

ここまでは。



しかし唯一、大学だけは自宅からはるか遠く、

通学に片道2時間半もかけて通っていました。


正しくは、1年生時のみ下宿で、

2年生から通学に切り替えたということです。



2時間半の内訳は、

自宅~バスで駅まで30分、

JRで1時間、

乗り換えて30分、

さらに私鉄に乗り換えて20分、

最寄駅から徒歩で10分。

都合2時間半でした。



ま~片道で2時間半もあると時間が余って仕方ないですよ。

たいていは、音楽を聞いたり本を読んだり寝たりして過ごしましたが、

あまりに暇なもので、ある日あることを考えるに至りました。

いや、考えたというより計算したというほうが・・・。


通学に費やす総時間です。

頭の中でボ~っと計算してみた結果がこちら。

今でもよく覚えています。



片道2時間半=往復5時間。

週5通学で、各祝日および春季・夏季・冬季の長期休暇など、

とにかく休みは多めに差し引いて、

年間出席日数150日。

150日×5時間=750時間≒1ヶ月。



1ヶ月!



12か月のうち、1ヶ月間電車で過ごすことになるのです!



正確には電車だけじゃありませんが、

これは当時非常にインパクトのある数字でした。


年間1ヶ月て。



その結果を知るに至ってからは、

できるだけ通学時間を無駄に過ごさないよう

いかにすべきか考えに考えましたよ、ええ。



導き出した結論が、


できるだけ学校に行かない、


という学生にあるまじき考えでした。

今風に言うと、極めて意識低い学生ですね。


通勤(通学)時間はできるだけ短いほうが良いもの。

近すぎるのもプライベート的に何かとやっかいですが、

遠い=通勤(通学)時間が長いのは、

本当に人生における時間の無駄だと思います。

満員電車でなくとも、移動する行為自体が体力的にもきついですしね。


若かったからこそできた長時間通学。

今となっては、ましてや通勤ではまず無理だろうなあ。





2015.06.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。