2季連続決勝は、大阪桐蔭vs光星学院

【2012/8/22】



夏の甲子園、今日は準決勝が行われ、春夏連覇を目指す大阪桐蔭と、初優勝を

狙う光星学院が決勝へ駒を進めました。


大阪桐蔭は春夏連覇がかかっており、夏は4年ぶりの制覇を目指します。

光星学院は夏春夏と3季連続の決勝進出で、過去2度は準優勝。

3度目の正直で悲願達成なるか。


大阪桐蔭vs光星学院の決勝は、今年の春選抜と同じ顔合わせ。

春夏連続で決勝戦を同じチームが戦うのは史上初のことです。

言ってみればそれだけ順当に勝ち上がってきたということですね。

マモノが棲む一発勝負の甲子園にあって、番狂わせなく決勝が同じカードというのは

奇跡的だと思います。

特に光星学院は超新星ドクターK松井を擁する桐光学園という難敵も攻略、

1番天久、3番田村、4番北條が絶好調で破壊力十分です。


一方の大阪桐蔭は比較的戦力の高くないチームとの対戦が多く、危なげない内容

で勝ち進んできました。

選抜の優勝投手197cmの本格派右腕藤浪も、大阪予選決勝で履正社に打ち

込まれたものの、甲子園では持ち味を如何なく発揮し、これまで安定したピッチング

を披露しています。


どちらも強打で鳴らすチームですから、明日はピッチャーの出来がいいほうが栄冠を

掴むことでしょう。

そういう点では大阪桐蔭が有利か。


まるで新聞記事のような見出しとなりましたが、明日の決勝は本当に楽しみです。

もう録画もバッチリですよ。





2012.08.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

ブログ内検索