嗜好の変化(食べ物編)

【2012/7/25】



歳とともに味覚が変化するとよく言います。

味覚が変化すると、当然嗜好も変わるわけで。


多聞に漏れず、私も10~20代のころと比べると、明らかに食べ物の思考が変化しました。

いや、変化というより180°転換したというくらい、劇的に変わりました。



酒量が増えたせいか、まず甘いものが大の苦手となりました。

仕事を終えたあと、帰宅時につまんで口に含むチョコレートが至福のひと時だったことが

信じられません。

カレーライスも好きではなくなった食べ物ですね。

カレーは子どもっぽい食べ物、なんて言いますが、今でも特に嫌いといわけではないものの、

昔は好物といえばカレーが筆頭に上がるくらい大好きだったのに、今では進んで食べよう

とは思わなくなりました。

“カレー屋”にも長らく足を運んでいません。



苦手だったものが大好物になった例もあります。

それはラーメン。

昔はトンカツとラーメンだけはどうにも苦手で、出されれば食べるけど自分から注文して

まで食べようとは決して思わない食べ物でした。


それが今では週一くらいで食べているくらいに。

ラーメンの中でも特に口に合うものを出す店があり、ほぼ常連化しています。



我が子もそうですが、子どもはだいたい辛いものや熱いものが苦手ですが、大人になると

それも無くなりますね。

それはもちろん味覚や痛覚が鈍感になっているからでしょう。

だから子どものときには苦手だった味が、大人になると感覚が鈍り、味に微妙に調整が

入ることで絶妙な味わいに変化するんでしょうか。

逆に子どものときに好物から感じていた旨味を感じなくなったのかもしれません。

キットカットなんて、 『なんておいしいんだ、発明者は天才!』 と思うほどおいしかったの

に、今あらためて食べてみると、昔に感じた味とは明らかに違っているんです。

たぶんこれはキットカットの味が変わったんじゃなくて、私の舌が変化(劣化)しているん

だと思います。


だいたい35歳くらいで急激に味覚が変化したので、今後の人生でも同じような転機

となる年齢があるのかどうか。

幼年・少年期~青年期への味覚の変化はよく耳にしますが、

青年期~老年期への味覚の変化ってあるんでしょうか?聞いたことがありません。

味覚が麻痺していくわけだから、より味の濃厚なもの、塩分の多いものを舌が求める

ようになるんだろうか・・・。

だとしたら、年齢と逆行して体に負担が大きくなりますね。


ただ、やはり若いころよりは腹に入らなくなりましたので、量的に調整できるのかもしれま

せんね。

私は小さいころから小食で、食べ放題の店では元が取れずに損するパターンなので、

付き合い以外で食べ放題を選ぶことがありません。

そんな小食な身ですから、これ以上は量的に減らせる余地がないと見ています。

つまりカロリー調整するにはカロリーの高いものを食べること自体を我慢するしか道はない

わけで・・・。


ラーメンの場合、麺は食べきっても、せめてスープは残すようにはしています。

さらに替え飯も控えていますよ。


ただ、特に太ってもいないし、体脂肪率、血糖値も正常なので、特に気にするレベルでは

ないと楽観視している自分もいます。







2012.07.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索