スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

いよいよ開幕、F1 2012シーズン

【2012/3/15】



今週末からいよいよF1の2012年シーズンが開幕します。

昨年から、トップチーム3チームを含む5チームでドライバー変更がないという、静かな

オフでした。

一方で、キミ・ライコネンが3シーズンぶりにF1に復帰したことで、今年はワールドチャン

ピオン経験者が6人もグリッドにひしめき合うという異例の状態となります。


群雄割拠とはいいながら、ここ2年はレッドブルの一人勝ち状態であり、他チームがその

ギャップを縮めてこない限り、実力伯仲の攻防にはならないでしょう。

2010年はベッテルとウエバーが真っ向からぶつかっていたので、ポイントもばらけて

ドライバーチャンピオン争いはレース毎にトップが入れ替わるという白熱したシーズンで

したが、2011年はうってかわって開幕からベッテルが破竹の連勝で、結果的にシーズン

最多勝記録を更新し、文字通りの一人勝ちとなってしまい、興味をそがれるシーズンでした。


そこにきて2012年シーズン。

開幕前の下馬評では、フェラーリの評価が自他ともに低く、メルセデスのポテンシャルが

高いといわれています。

2011年には開幕2戦連続でルノー勢が表彰台に上がりましたが、結局はその後

トップ3チームが開発力の差を見せつけ元の勢力図に戻ってしまいました。

今年も開幕直後はオフシーズンの開発に成功したチームが一時的に上位に食い込む

としても、数戦で元に戻るのではないかと考えています。


3年目を迎える日本人ドライバー小林可夢偉にも期待がかかるところですが、本人の

コメントでは、 『優勝や表彰台は無理だが、ポイントを着実に狙っていく。』 と明言しており

ファンには物足りないとは思いますが、しっかりとマシンの実力を見極めてるともいえ、

安定した成績に期待が持たれます。


レギュレーション変更によって、マシン先端の高さ制限が入ったことで、今年のマシンには

“段差ノーズ”といわれるものが現われたのが特徴的です。

なんといっても外観の影響が大きく、過去にない“美しくないマシン”に仕上がっています。

マクラーレンなど数チームはその影響を受けていませんが、今年のトレンド(?)は段差

ノーズといえるでしょう。


日本でのテレビ放映は、フジで25年間続いた地上波からBSへ移行することで門戸が

狭まります。

私も半ばあきらめていましたが、思いがけないプロバイダ変更によって今年からBSを

見られるようになりました。


開幕戦オーストラリアGP(メルボルン)は、日本との時差が少なく、有料のCSでなくても

リアルタイムに近い時間に観戦することができます。


BSでは土曜日の予選は17:00~18:00、

日曜日の決勝は17:00~18:50となります。


いつもは夜中の観戦なので、酒盛りしながらでしたが、今年は夕食前ということで戸惑い

ます。





2012.03.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。