スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

震災募金は日本赤十字社へ。ユニセフと名のつくところには厳禁

【2011/3/18】



【ユニセフと日本ユニセフの違い】

ユニセフ(UNICEF 国際連合児童基金)
黒柳徹子さんの方。
 UNICEFは発展途上国における子供の支援を目的として設けられた国連機関。
 先進国では直接的活動を行っていない。
 (ちなみに、日本にはユニセフ東京事務所がある)
 黒柳徹子さんはユニセフ親善大使。(UNICEFが正式に任命)
 1円残らずニューヨークのUNICEFに送るために自らが「窓口」となり、
 ピンハネする日本ユニセフ協会とは一線を画している。
 お礼の手紙は出さない。80円の切手代も募金として生かすため。
 代わりに自サイトで「この場を借りて、お礼を申し上げます」
 【黒柳徹子さんの口座に振り込めば、1円も無駄にせず募金ができます】

日本ユ偽フ(日本ユニセフ協会)
アグネス・チャンさんの方。
 UNICEFに協力するため、日本での窓口となっている単なる「民間団体」。
 UNICEFは先進国で直接的活動を行っていないため、
 UNICEFと協力協定を結び、民間の団体として存在している。
 アグネス・チャンさんは日本ユニセフ協会大使。
 本物のユニセフ親善大使ではない。あくまで民間団体の広告塔。
 UNICEFの名前を使い、自らの意思で勝手にお金を集めている。
 寄付金集めの窓口を日本ユニセフ協会に一本化しようと画策し、
 1円も無駄にしたくない黒柳徹子さんに拒絶される。
 集めた募金のうち、最大25%を経費として流用している。
  ( 例 25億円の自社ビルを港区高輪(一等地)に建設 )
 名簿業者から買取った個人情報によるDMでの募金集めなど、手法に問題がある。




多少、悪意のある書き方にも見えますが、本質はこのとおりのようです。


このたびの東北大震災で義援金を寄付する先として、

日本ユニセフは絶対にダメ!寄付のほとんどが被災者に届かないばかりか、使われた

としても、支援“活動”であって、支援そのものではないです。

百歩譲ってユニセフに寄付しても、日本国内には使われない可能性が高く、“東北大震

災”用の義援金にはなりません。

もちろん恵まれない子供たちへの募金にはユニセフは抜群です。


で、結局寄付先としてベターなのは、日本赤十字社へ“直接”渡すことです。

仲介してはダメです。ピンハネの恐れがあります。

寄付金を食い物にしようとたくらんでいる連中がたくさんいます。

寄付金を被災者にキチンと届くように確認するのも善意のうちです。

ぜひ、確実に被災者に届く支援の選択を!





2011.03.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。