スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

『ちびくろサンボ』

【2010/12/3】



『ちびくろサンボ』 、皆さんもちろんご存知ですよね。


20代より上の世代の方だったら、幼少期に読まれたのではないかと思います。


しかし、推薦図書にまでなったこの 『ちびくろさんぼ』 が、一転、人種差別に当たるとして、

一斉に店頭から消えてしまったのが80年代半ば。


私も幼少期に買ってもらいました。

派生種がかなりあるみたいで、私が持っていたのは、岩波の、表紙に推薦図書の

金色の丸いシールが貼ってある本でした。


ストーリーもいろいろあるらしいいのですが、私の覚えているストーリーは1つだけ。

サンボが傘と服、長靴を買ってもらって、それらを身に着けてジャングルを進むと、

トラと遭遇。次々と現れては襲い掛かろうとするトラに、さんぼは傘、服、長靴を手放し

ます。最後に何もなくなって、トラたちがケンカを始め、互いの尻尾を追いかけ、椰子の

木の周りをぐるぐると走り回り、やがて溶けてバターになってしま、お父さんのジャンボが

バターを持ち帰り、お母さんのマンボがホットケーキを作り、さんぼが169皿も食べるという話。




数年前に復刊したと聞いていたところ、1~2年前に、孫のために、と妻の実家から

『ちびくろさんぼ』 が送られてきました。




purin101203-1.jpg


少しネットで調べてみたところ、

復刊した中にも、何種類かのパターンがあるみたいで、トラバターの話以外にもいろんな

話が掲載されている本もあるみたいです。

それどころか、アメリカで販売された原版に近いものまで発売されていて、日本版で

未発表の絵が掲載されているというのです。


それを早速ネットで注文。

届いたのがこちら。





purin101203-2.jpg

しかし大雨の中、夜遅くに配達されたようで、朝一で新聞を取りに行ったところ、

梱包材がズブ濡れで綻びていました。本はビニール包装なしです。

少しよれていますが、でもなんとか大丈夫だったみたい。

養生不足で発送するアマゾン、雨で濡れる状態で投函した佐川、テメーラ最悪だ!




それはそれとして・・・、

表紙のデザインからして、全然違いますね。

サンボの絵こそ見覚えがあるものの、バックの色遣いはまったく別物です。

さらに言えば、本の形状からして違っています。





purin101203-3.jpg

ブックカバーを外した状態。

まさしく原版という感じですが、アルファベットの文字が日本語よりもシュールですね。



内容は、基本的に瑞雲舎(岩波版)と同じ。

原版に近いものなので、見開きが日本版とは逆で、左からとなります。

そして文字列も日本版が縦書きに対して、原版は横書き。当たり前ですね。

サンボの名前がひらがなとカタカナの違いもあります。


絵そのものも、色合いがクリアで、他の日本版が焼き直しされていたことがよく分かります。

色のズレも修正せずにあえてそのまま掲載したとのことです。

絵の種類も増えていて、絵も大きくてより絵本の印象が強くなっています。


価格は、瑞雲舎版が1,050円に対して、径書房版は840円。

これはオトクです。



『ちびくろサンボ』 については前述どおり、トラバターが強烈に記憶に残っているくらいで、

人種差別を連想することなんてまったくなかったわけで、今更ながら、一時の絶版扱い

は理解できません。

これはぜひ子供に渡したい1冊です。





2010.12.03 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 徒然

コメント

サンボは

差別に一番引っかかるのはタイトルって聞いた覚えがあります
LITTLE BLACKこれではないでしょうか
あと黒人=裕福ではない(後進国の民族)って言う方程式みたいなもの
そのせいで手塚治虫の作品、ジャングル大帝や不二子不二雄先生の
ジャングル黒べぇも廃刊になっていました。
変に差別化のレッテルを張るからそんな偏見の目で見てしまうって
わからないんでしょうかね。
サンボも童話としてわたしも大好きです。

2010/12/03 (金) 22:36:21 | URL | BOW-TM #- [ 編集 ]

BOW-TMさま

こんばんは。
カバーを外したらシュールというのは、まさにLITTIE BLACKの文字列のことなんですよ。
日本語よりもすごくドライな感じがしました。
日本でも逆差別なんてたくさんありますけど、差別と既得権益は表裏一体ですからねえ。
ただ、子供のころは純粋に童話として楽しめたので、それを子供にも伝えたいです。
絵が本当に美しいんですよね。

2010/12/03 (金) 23:13:10 | URL | purin #XwX1ip.I [ 編集 ]

10年近く前・・・

 10年近く前、息子に買ってあげようとオークションで探していた時期もありましたが、
ことごとく「高値更新」で連敗(涙)
1年後くらいに再販を知って購入しました。
「虎バター」以外の結末って知りませんでした。
この本を読むと「ホットケーキ」が食べたくなりますね~~~
廃刊の裏には『某巨大ハンバーガーショップ』等の政治的な背景があったりして(笑)

2010/12/04 (土) 00:28:36 | URL | ミカシュー #vXeIqmFk [ 編集 ]

ミカシューさま

こんばんは。
瑞雲舎が最初に復刊したのが2005年なので、今の小学生高学年以上の子供たちは幼少期にちびくろサンボを読んでいないことになりますね。
廃刊は各社の自主規制ということだったみたいですが、実際のところはどうだったんでしょうねえ。
ホットケーキといえば、ぐりとぐらのケーキも子供心に美味しそうだった記憶があります。

2010/12/04 (土) 17:09:23 | URL | purin #XwX1ip.I [ 編集 ]

『障害者』を『障がい者』と表記させようとしたり、周りが騒ぐことでよりそういった方々を「際立たせて」いるのはどうなんだろうなぁ、と感じます。腫れ物扱い?しかし配慮は必要ですから難しいです。
ちびくろサンボは私もトラバターの話だけ知ってます^^

2010/12/04 (土) 22:28:19 | URL | トイ #mQQEfdr. [ 編集 ]

トイさま

こんばんは。
逆差別には既得権益があって、本来無関係の人たちが儲けようと裏で動いているといわれていますね。
障害者問題のその一つ。
タブー視されるものは裏で手を引きやすいんだと思います。
ちびくろサンボの他のお話は、妹だとがトラにさわらわれるというものがあるようですね。
私も一度も読んだことがありません。

2010/12/04 (土) 23:09:12 | URL | purin #XwX1ip.I [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。