スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

『ライダーマスクコレクションvol.9』 発売

【2010/12/29】



本日が正式な発売日とはいえ、もう5日も前から店頭では発売されていた、

『ライダーマスクコレクションvol.9』

通販分がようやく届きました。

といっても発売日どおりです。


今回もカートン情報とマスコレレビューをしてみます。




vol.9については、vol.8の発売より前に予約が開始され、過去にない早さでの発売

確定となりました。

14種のラインナップもハイホなどのホビー雑誌で明らかにされ、シクレも先日発表済み

です。



今回も友人Nさんと1カートンを共同購入しています。




今日から正月休みに入っていましたが、私を除く家族がウイルス性腸炎でダウンしており、

通販分が届くのが19時を過ぎたこともあり、開封は夜になりました。

今日はNさん宅におじゃまし、Nさんとともに開封を開始。






以下、カートン情報になります。

vol.7から、3列4段に変更されていますが、今回も同じです。

最下段手前からA~としています。


1段目




2段目




3段目




4段目




となります。



A.
アギト発光 オーガ ヘラクス コーカサス
ガオウWLT アクセル WCJX

B.
アギト 555 バジン発光 オーガ
サイガ ケタロス ヘラクス ゼロノス

C.
555発光 サイガ ヘラクス コーカサス
ゼロノス ガオウ WLT シークレット

D.
555発光 オーガ サイガ コーカサス
ゼロノス WLT WCJX バジン

E.
アギト サイガ ヘラクス ゼロノス
ガオウ WLT発光 アクセル WCJX

F.
アギト オーガ ケタロス ヘラクス
ゼロノス ガオウ アクセル WCJX発光

G.
コーカサス 555 サイガ ケタロス
ゼロノス ガオウ WLT発光 アクセル

H.
アギト発光 オーガ サイガ ヘラクス
コーカサス ガオウ WLT スカル

I.
アギト 555 ケタロス コーカサス
ゼロノス WLT WCJX発光 スカル

J.
アギト発光 555 バジン オーガ
サイガ ケタロス ヘラクス コーカサス

K.
アギト  ゼロノス ガオウ WLT
アクセル WCJX スカル バジン発光

L.
555発光 オーガ ケタロス コーカサス
ガオウ WLT アクセル スカル






カートン内訳(カッコ内は発光)は、


アギト(クロスホーン展開時) 8(3)
ファイズ(アクセルフォーム) 7(3)
オートバジン 4(2)
オーガ 7
サイガ 7
ゼロノス(ゼロフォーム) 8
ケタロス 6
ヘラクス 7
コーカサス 8
ガオウ 8
Wルナトリガー 9(2)
アクセル 6
Wサイクロンジョーカエクストリーム 6(2)
スカル 4
シークレット(ホースオルフェノク) 1



となりました。



シクレはまさかのカートン1!!

またやってくれましたよ、B社は。

カートン4個のときもあれば、こうやって1個のときもあり、本当に一貫性がないのには

あきれるばかりです。


友人Nさんと共同で開封していたのですが、上段2段を開封し終わって1個も出ないので、

メチャクチャ焦りました。

そして、最後の最後、私が開封した96個目にシクレが出るという劇的な幕切れ。

Nさんは非ライダーなのでギブアップしていましたが、どうにか探してもう1個入手しなく

てはいけなくなりました。









さて、個人的に気になるマスクをご紹介します。

今回はめぼしいものが少ないので、3種類だけ。





purin101229-2.jpg
まずは、 『スカル』



帽子付属というのがいい!

しかも脱着が可能で、帽子なしでも十分飾れます。

ただ、帽子が浅く、滑り落ちやすいのが璧にキズ。

被せたままにしておくと色移りがするというので、ビニールシート(単にビニールに切れ端)

を敷くわけですが、これが余計に滑るし、美的にもよくない。

もう少しマトモな“シート”にしてもらいたかったです。

しかしながら、映画を見たこともあり、そのカッコよさが際立ちますねえ。

最初はガイコツライダーで気持ち悪いと思っていたのですが、しぶい活躍のおかげで

徐々にカッコよくなるもんです。




purin101229-3.jpg
次に、 『ケタロス&ヘラクス』



マスク自体はたいしたことはないんですが、ギミックが素晴らしいです。

フロントのパーツの下側、カブトにもある顎の支点が開閉します。

組立て時も、これを開いてから前パーツを差し込み、その後に後ろパーツを組み入れる

という凝りよう。

マスクドフォームがないので、劇中にはないホーンの展開が可能となります。

これぞ組立式の醍醐味です。





purin101229-4.jpg
最後、シークレットの 『ホースオルフェノク』



造形はかなり立派なもので、とにかくデカイですね。

オルフェノクの特徴から、色合いはどうしても地味になりますが、造形がそれを十分

補っています。

プレバンのセットも割高ではありますが、買って損はないと思いましたよ。

さすがの造形です。

そして今回、このホースオルフェノクとオーガ、オーツバジンが最初から組立てのまま

箱に入っていました。

ちょうどウルトラマスクコレクションと同じで完成品が袋入りです。

そして台座にも差し込んであるので、台座の先にはビニールで養生がなされていました。

パーツにバラしたら箱に入らないとは思えないのですが。

この点は理由が分かりません。





さて、次の予約はWの3種セットでしょうか。

vol.10の情報も気になるところです。いつ聞こえてくるかなあ。





purin101229-1.jpg






スポンサーサイト

2010.12.29 | | コメント(27) | トラックバック(0) | マスクコレクション

仮面ライダーバースのなりきり玩具って・・・

【2010/12/28】



26日の放映が今年最後となった仮面ライダーオーズで、2号ライダーであるバースが

登場しましたね。

引き続き、なりきり玩具のDXバースドライバーとDXバースバスターのCMがありました。


機能的にかなり微妙・・・。

もともと、明日29日の発売日に購入する気でいたのですが、OAとCMの内容を見るにつけ、

これはちょっと考え直したほうがいいと思いました。


まずベルトは、パカッと開閉するカプセルギミックがいかにも破損しそうだし、銃は(危険性

のために仕方ないとはいえ)メダルが発射するわけではないし、思ったよりも面白みに

欠ける内容のような気がします。


実勢価格は、おそらく4000円程度でしょう。

2号ライダーのアイテムとしては高めの設定だし、これも購買意欲の抑制になります。

これは一般論ですが、せめて3500円前後に抑えないと、買う気をそがれますよね。





2010.12.28 | | コメント(10) | トラックバック(0) | ライダーなりきり

『マスコレプレミアム オルフェノクセット』 予約完了も・・・。

【2010/12/24】



今日はクリスマスイブですので、この記事を書き終わったら、子供たちの枕元に“サンタ

さん”からのプレゼントを置く予定です。

“クリスマスプレゼントをもらう”なんて、遠い過去になったなあ。



MHP3はソロでボチボチ進めて、ようやく集会所上位に入りました。

ここまでプレイ時間は80時間ちょっと。

クリスマスプレゼントによって、今後は長男とパーティプレイが中心になりそうです。

また、友人Nさんも長女と2台購入されたので、この年末年始は4台でのパーティが

可能かも。

どっちにしても、当分は下位の手伝いになるでしょうが。




さて、もうすぐマスコレvol.9が発売されますが、その前にプレバンから、

『マスコレプレミアム オルフェノクセット』 の販売予約が開始されました。


purin101222-1.jpg

・アークオルフェノク
・ウルフオルフェノク
・ホースオルフェノク(激情態)

予約開始はおととい12/22でした。私が予約したのは翌日の23日。

価格は3,360円+送料525円。

今回は1セットだけの注文としました。


しかしなんともいえない空虚感が漂います・・・。

オルフェノク、カッコいいんですが、・・・怪人マスクかあ・・・。

怪人ということは、もうすでにライダーマスクコレクションの範疇を超えてしまっている

わけで、でも本弾でも何体かはラインナップされているので買い続けないわけには

いかないし。

イマジンのように、怪人マスクコレクションとしてスピンオフで販売してくれれば、まだ

割り切れるのですが。

だいいち、3個セットで3,360円は、買う側からは割高感甚だしいですよ。


平成ライダーの怪人はデザインがカッコいいものも多いので、ラインナップされることは

単純にすごくうれしいんですが、でもなにか煮え切らない感じです。


発送は2011年6月とずいぶん先です。




さて、本弾のvol.9の発売日は、公式HPでは12月29日となっています。

すでに発光台座も明らかになりました。

・仮面ライダーアギト(クロスホーン展開時)
・仮面ライダーファイズ(アクセルフォーム)
・オートバジン
・仮面ライダーWルナトリガー
・仮面ライダーWサイクロンジョーカエクストリーム

合計5種類と非常に少ないです。カートン1個の設定がありませんように。


今回もカートン買いなので、それよりも先に店頭販売があったとしてもスルーしますが、

毎度のことですが、最大の問題はシクレの封入率ですね。

vol.7とvol.8では平和な数量でしたが、今回はどうなることやら。

噂では3個とななんとか。



また例によって、到着した日に配置情報を掲載します。





2010.12.24 | | コメント(20) | トラックバック(0) | マスクコレクション

劇場版オーズ&W、封切り

【2010/12/18】



『劇場版 仮面ライダー×仮面ライダーMOVIE対戦CORE OOO&W feat.スカル』

今日が封切りでしたね。

我が家では、12月29日に一家総出で見に行こうと思っています。


電王とディケイドのときは、番組と完全に時間軸を合わせてあったので、公開日に見る

必要がありました。

Wでも多少ストーリーと相関を取っていましたね。


しかし今回は深くストーリーと絡んでいるわけではなさそうなので、特に急いで見に行く

必要もなく安心しています。


オーズ新フォームと新ライダーが一足先にお披露目なので、それだけが気がかりですけどね。


29日といえば、新ライダーのなりきり玩具が発売されます。

午前中に買いに行ってから映画を見るかどうか迷っています。

2号ライダーのなりきり玩具は、イクサ、ディエンド、アクセルと3代続けて購入しており、

また三男がよく遊ぶもんですから、今回も真剣に検討している次第です。

ベルトと武器で1万円ほどするわけですが・・・。


お年玉をもらってからでは、一時的に品切れの可能性もありますね。


番組では、おそらく26日の放送で初登場となりそうです。

オーズドライバーは放映前日に購入したので、初日は使い方もピンと来なかったみたい

ですが、29日の発売だったらすでに使い方も分かっているので、最初からクライマックス

に遊べそうです。

ううむ、食指が動きそう・・・。





2010.12.18 | | コメント(22) | トラックバック(0) | 仮面ライダー

レーシック手術受けてきました!

【2010/12/16】



(今日の記事は今までに書きとめたドキュメントなので、相当長文になります。

レーシックに興味ある方以外はつまらないかも・・・。)




『レーシック』 ・・・

今でこそ当たり前に耳にする視力回復手術。



そもそもレーシックを受けたいと考え出したのは、15年以上前のこと。

学生時代から目の悪かった私は、視力矯正のため、

眼鏡、ソフトコンタクト、使い捨てコンタクト、ハードコンタクト

・・・いろいろ試しましたが、とにかく取扱いが面倒だし、入浴時、就寝時、旅行時、

スポーツ時、いちいち気にかけるのが精神的にも疲れます。

かといって、視力は0.02くらい。とても裸眼でいられません。

裸眼で生活することは、すでに犯罪といってもいいレベルです。



そこにきてレーシック。

15年以上前ですから、1990年台前半に、その存在を知りました。

角膜の矯正によってたった1日で視力を得られる、という嘘のような夢のような話で、

ずっと興味を持っていたんですが、なにしろその時点では日本で認可が下りておらず、

当然、実績がないため、じっと認可と普及を待ちました。


それから10年ほど経って、ゴルフのタイガー・ウッズがレーシックを受けたとの

情報を得ました。

その時点で、ゴルフ界のスーパースターの地位を確立しつつあったウッズの施術は、

私にレーシックの安心感を高めました。

しばらくしてから、日本でもレーシックの認可が下りましたが、まだまだ一般の施術報告が

少なく、価格も50万円超ということもあり、この段階でもまだ様子見を決め込んでいました。

やろうと思えば、いつでもできる、ということもありましたからね。


それから結婚し、子育て開始、家を建てたりと少しの間、レーシックどころではなくなりまして、

10年ほどが経過しました。


その間に、レーシックは劇的に普及していましたよ。

もう知らない人がいないのが常識ですよね。


身近にも施術者が現れ始め、レーシックはもう珍しくもなにもなくなりました。

実績は十分、良いところも悪いところも抽出された。

今まさにチャンス到来です。





その前に、私の目の悪さとレーシック施術意思決定までのエピソードを。



昔、コンタクトレンズを装用していたころ、その始まりはソフトレンズからでした。

違和感なく使えて非常に快適だったのですが、ある時期、大きな問題が発生しました。


私、実は花粉症持ちで、中学3年生のときに内科でアレルギー検査をしたところ、

スギ、オオバコ、イネ、ハウスダストのうち、スギとハウスダストに反応が出ました。

その検査どおり、毎年春先には必ず花粉症が発症し、大掃除をしたときには鼻水が

ズルズルになってくしゃみが連発して死にそうになります。


で、その時期にコンタクトをしていると、コンタクトそのものに異物感を感じ、

目をこする → 目やに(タンパク)がソフトンズに付着する → レンズが使い物にならなくなる

という最悪のパターンに陥ります。


眼科に相談したところ、ちょうど使い捨てコンタクトレンズなるものが登場したとのことで、

それを勧められました。

当時、ジョンソン&ジョンソンのアキュビュー、ボシュロムのシークエンスの2種類が

発売されたばかりでした。

価格は片目で700円。両目で1400円。

使用は2週間連続装用でした。

2年くらいしてからそれぞれ650円に値下がりしましたが、その間に、間違いなく春の

季節が2回訪れたわけで、そのたびにアレルギー症状と闘いました。

2週間装用のものでも、1回使用したらもうタンパクだらけで使い物にならなくなり、

1日でおしゃか。とても金が続きません。

その時点では、まだ1日使い捨てレンズが市場にありませんでした。

眼科によると、そうなったらもうハードレンズしか残された道はないということで、ここで

ハードに切り替えました。

ハードレンズは優れもので、アレルギー症状は出るには出ますが、そこはさすがガラス。

タンパクの汚れもキレイに洗い流せます。

アレルギー体質はどうにもなりませんが、コンタクトレンズの問題はここでクリアされ

ました。

それからずっとハードコンタクトを使っていたんですが、何年かに一度は買い替えが

必要ですよね。視力が合わなくなるし、紛失したりもするし。

もっといえば、目のサイズも変化するし。



あるとき、買い替えのために眼科へ出向きました。

地元からはるか遠くに離れていたときなので、まったく初診の眼科です。

そこで眼底検査をしたあと、眼の細胞の写真を見せられその画像に愕然としました。

見せられたのは、比較写真。


『左が正常な細胞、右があなたの細胞です。』


正常な細胞の写真は、積まれたレンガのように整然と並んだ細胞。

私の細胞の写真は、アメーバのようなつぶれた細胞でした。


『こうなったものを元に戻すことはできません。ですが、進行を緩めることはできます。

それはコンタクトレンズの使用をやめることです。

視力矯正に最も適しているのは、やはり眼鏡ですよ。』


すぐにはコンタクトは中止しなかったものの、仕事がデスクワークになってからは、

スポーツ時や観劇などを除いて眼鏡オンリーとなりました。



身辺が落ち着き、いよいよレーシックの施術へ向けて動き出します。



私がレーシック手術を受けるのは、 『A病院』 というところです。

『A病院』 をセレクトした理由としては、これは身近に施術者がいて、

具体的な体験談を教えてくれたからです。

ネットのHPだけの情報では、やや不安が拭いきれないところがありますが、実際に

施術した人の体験談を聞けると、すごく安心です。

これから施術したい方にも、この点は重要だと思います。


そういう意味も込めて、記事は詳細まで書くつもりです。

ただ、記事では限界もありますので、やはり一問一答で話ができたほうが分かりやすい

ですよね。

※ちなみに、この病院ではレーシックの紹介をしたら紹介者にキャッシュバック、という

ことは一切やっていないとのことでした。紹介者の人には申し訳ないです。




その 『A病院』 のHPを見ながら、施術までの進め方を熟読しました。


全体的な流れは、次のとおり。


予約

適応検査(レーシックが受けられるかどうかの判断)

術前検査(視力・角膜の状態を精査)

手術当日

術後定期検査(手術翌日)

術後定期検査(手術3日後)

術後定期検査(手術1週間後)

まとまった日程が必要なのはここまで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
術後定期検査(手術1ヵ月後)
術後定期検査(手術3ヵ月後)
術後定期検査(手術6ヵ月後)
術後定期検査(手術1年後)以後1年ごと


費用は保険適応外で、
片目 : 110,000円(税込)
両目 : 210,000円(税込)
追加手術 : 片眼50,000円(税込)

費用には術前検査・手術・術後3ヵ月までの検査・診察代が含まれます。
一部の点眼(人工涙液など)は実費払いとなります。
追加手術の場合、術後1ヵ月までの検査・診察代が含まれます。





●2010年7月20日(火) : 適応検査予約

週末、海の日を合わせて3連休明けのこの日、 『A病院』 にてレーシックを予約

しました。

正確には、適応検査の予約です。

保険診療(3,000円)になるので、保険証の持参が必要とのことです。

もっとも、そうでなくても病院に行くときは、たとえ保険が効かない動物病院でも、一応

保険証は持っていく私なので、その点は問題ありません。


病院側は、平日だったらいつでもOKということだったので、翌日21日の予約をしました。

翌日は仕事が休めるからその日に合わせて予約した、というほうが正しいですね。

電話での予約でしたが、適応検査の中には散眼検査があるので、自分で車の運転を

してこないように注意事項がありました。


 ■散眼検査(HP説明より)
  眼の中の病気の有無を調べる検査です。
  5~6時間ピントが合いにくい状態になるため、車などの運転は避けてください、とのこと。


ちなみに、コンタクトレンズを常用されている人は、検査2週間前から装用を中止する必要

があるようです。


私はここ数年は眼鏡の生活なので、ここは問題にならず、翌日予約ができました。



しかし、仕事の都合でキャンセルせざるを得なくなり、結局予約は次週7月28日(水)へ

持ち越しになりました。




●2010年7月28日(水)通院1回目 : 適応検査、・・・のはずが・・・。

診療は午後からです。

散眼検査があるので、帰宅は夜になりそうです。


検査内容は、よくあるパターンでした。

主に眼圧、視力、眼細胞を測定する検査を20分ほどかけて終えました。

検査結果を総合的にみて、レーシックが可能かどうかの判断がなされるわけですね。



名前を呼ばれて診察室に入ると、開口一番、医師は、



医 『今のままでは手術はできません。』



とのこと。

鳴海亜樹子よろしく、え?私聞いてない!と叫びたくなりました。



医 『網膜裂孔といって、右眼の網膜に孔が開いていて、進行すると眼球の水分が流れ

   出して、そのうちにいわゆる網膜剥離になる可能性があります。剥離した網膜には

   栄養分が届かないので、やがて壊死し、受光できなくなるわけです。受光できない

   ということは・・・。』


私 『失明ってことですか?』



医 『網膜剥離は、入院して手術になります。ただし手術してもまず元には戻りません。』

私 『今、自覚症状がないんですけど、このまま放っておいて、異常に気づいたときはもう遅い

   ということですか?』


医 『そういうことになります。』



私 『年1回の会社の視力検査や眼鏡を作るときの検査では、細かい検査をしないので、

   網膜裂孔が見つかることはないですよね?』


医 『ええ、まず見つかることはないですね。』



私 『ということは、レーシックを受けようとしたのはすごくラッキーだったってことですよね?

   そうでなければ見つけられなかった。』


医 『そうですね。でもレーシックを受けようとして、今回のように見つかるケースは結構

   ありますよ。』




私 『そもそも網膜裂孔になる原因は何なんですか?』

医 『近視だからでしょうね。近視の人は網膜の伸縮が大きいんです。でも眼球中の

   水の量は同じですから、網膜への負担が余計にかかります。そこで網膜が断裂

   しやすくなります。』




怖いことを淡々と話す(女性)医師です。



医 『今日、これからすぐにレーザー手術できますが、されますか?』

私 『あ、はい。お願いします・・・。』



医 『適応検査自体は問題なかったので、網膜裂孔が完治すればレーシックを受けられ

   ますからね。』


私 『そうですか。』



レーシックを受けることができるのは安心したけど、それ以上言葉が出てきませんでした。



ちなみに、眼圧が高い、角膜が薄いなど、何らかの理由でレーシックを受けることが

できない人も数パーセントいるそうです。





さて、そのまま網膜裂孔の手術へ移ります。


網膜裂孔の手術とは、レーザー光凝固術です。

激しい光を眼球に当てて、その光を熱に変換して患部(孔)を焼き付けてくっつけるという

治療法です。

この病院のレーザー治療器は、緑色のスペクトルを使用していて、通常の黄色のスペクトル

よりも波長が可視光の中でも短いため、それが患者への眼の痛みなどの負担を減らすとのこと。

なぜ波長が短くなると眼の痛みがないのかは分かりませんが。


専用レンズを右眼球に装着し、3回に分けてレーザーを当てます。

ビキビキビキッと衝撃はあるものの、痛みはなく、あっという間に終了しました。



医 『はい、終わりました。3回で何発レーザーを撃ったと思います?157発ですよ、

   すごいでしょう?』


私 『は、はあ。』



何がすごいんだかよく分かりません。



手術後も特に痛みは発生しません。

まぶしかったので、直後は視界が見えにくかったですが、それは明るい光を見た後と同じで、

徐々にまぶしさは元に戻りました。


散瞳点眼によって目の前はぼやけていますが、レーザーによる違和感はほとんどありません。

メンテナンスも特に不要で、日常生活も特に眼に気を遣う必要もないとのこと。

本当かよ、おい、と思いましたが、実際手術直後でも眼に痛みも何もないので、納得

しました。

さらには、目薬の処方すらなしで会計が終了しました。


しかしながら手術費用は6万円。あいたたた・・・!

眼に痛みはなくとも、思いもよらない大きな出費で懐のほうが痛かったわけですが、

でもまあ症状が拡大する前に未然に防げたんだし、仕方ありませんね。



1週間後に様子を見るとのことで、この日は予約して帰宅しました。


なお、散瞳検査後は視界がぼやけているので、それが元に戻るまで自動車の運転は

しないほうがいいです。

上にも書いたように病院からも注意事項として伝えられます。

散瞳検査(眼底検査)を受ける場合は、誰かに連れて行ってもらったほうがいいですね。


その昔、眼底検査を受けたことがありますが、そのときは自宅の近所だったので徒歩で

問題なく帰りましたが、今回は遠距離通院だったので、どうしても自動車で行かざるを

得ませんでした。



帰宅後、妻に急転直下で網膜裂孔の手術を受けた話をすると、



妻 『よくもまあ、すぐに決断するね、普通はセカンドオピニオンに相談しない?』

私 『冷静に考えたらそうかも・・・。でも昔、肝臓病になったときは一刻を争う中で入院、

   手術して助かった経験があるから、それが教訓として生かされたと思えば。』




次回は8月4日。実はその日、私を除く家族が里帰りをするので、空港まで送っていく

必要があり、そのついでに検査に行こうと思います。



そして、今回レーシックとは関係ない手術でしたが、そのために肝心のレーシック手術は

3ヶ月間、待たなくてはならなくなりました。

つまり10月末かあ。

予定が大きく狂ってしまったなあ・・・。

1ヵ月後には快適は裸眼生活に戻っていると思っていたのに。



※ちなみに、散眼検査又は散瞳検査は、いわゆる眼底検査のことのようです。

ここからはその表現を、実際に院内で使われていた“散瞳検査”で統一します。



この日の診察料金 : 57,370円
(うち、レーザー手術代 : 54,300円)




●2010年8月4日(水)通院2回目 : 右眼網膜裂孔レーザー光凝固術術後検査

先週の右眼網膜裂孔レーザー手術から1週間、術後検査の日です。

今回も手術した右眼だけ散瞳検査があります。予約は早めの時間が空いておらず、

前回に続いて帰宅は夜になりそうです。

家族の帰省のため、空港に送っていった帰りに病院へ立ち寄りました。

今日は片目だけだし、車の運転に支障はないでしょう。

予約は15:40から。



最初に散瞳検査で瞳孔が開いたのを確認後、診察に入りました。

暗室で右眼にライトを当てられ、上→右上→右→右下→下→左下→左→左上→正面と、

眼をぐるんと一周、観察されました。

今の段階では、経過には特に問題ないらしく、完全に癒着するまで1ヵ月ほどかかるとの

ことで、1ヵ月後の検査して癒着が確認できれば、それから2ヶ月後、都合3ヶ月で

レーシック手術に向けたスケジュールに入ります。

思わぬ網膜裂孔での寄り道になってしまいましたが、早くマイナスを取り返して手術に

こぎつけたいですね。


とりあえず、レーシックの適応検査は終了です。



この日の診察料金 : 800円
これまでの合計 : 58,170円




●2010年9月1日(水)通院3回目 : 右眼網膜裂孔レーザー光凝固術術後最終検査

この日は始めての午前診察。

朝から抜けるような青空が広がり、9月に入ったとはいえ、灼熱の暑さです。

病院は自宅から遠いので、朝のラッシュアワーにぶつかってしまいました。


前回と同じく、右眼の散瞳検査の後、拡大鏡での観察です。

結果、網膜は完全に癒着しており、網膜裂孔については完治となりました。



いよいよレーシックに向けて仕切りなおしです。

ここでようやくスタートラインに立つことができました。


ここから2ヶ月経過後に手術が可能となります。

術前検査を1ヵ月ほど前に行うことが示され、10月6日の予約をしたのですが、

レーシック手術は11月に入ってからのほうがいいとのことで、まだ医師の予定が未定

のため、一旦予約は破棄し、あらためて予約日の連絡をもらうことになりました。

9月中には連絡します、とのことなので、しばらくレーシックからは離れることになります。


いずれにしても、10月に術前検査、11月にレーシック手術は決定といってもいいでしょう。

なお、術前検査の日に、手術費用21万円のうち、前金1万円を現金で持参するよう

言われました。



この日の診察料金 : 800円
これまでの合計 : 58,970円




●2010年9月22日(水) : レーシック術前検査及びレーシック手術日決定

前日の9月21日に携帯電話に着信があったのですが、電話に出ることができなくて、

この日あらためてこちらから病院へ電話してみました。


そして、手術日が決定です。

11月5日の金曜日。


術前検査は10月13日の水曜日となりました。

術前検査には長時間を要するため、検査は13:00からになると言われました。

相変わらず散瞳検査があるので、車での来院はご法度とのことです。

術前検査では両目ともに散瞳検査をするので、さすがに危険ですよね。

ただ、利便性を考えて、私はやはり車で通院します。その代わり、検査後は時間を潰して

ゆっくりと帰ろうと思います。


この日もらった手術におけるパンフを見ると、手術費用が、片目100,000円(税別)、

両目200,000円(税別)となっていました。

HPとは金額が違うけど、どうなってるんだろ?また今度確認します。






ここで少しブレークタイムを。


手術には関係ないですが、重要なお金の話、レーシックを受けられる方は興味あるところ

だと推察できる、


“レーシックに保険が適用されるかどうか”についてです。



10月上旬に、保険の担当者へ連絡してみました。

レーシックの前に、まずは網膜裂孔の件。病気だし、保険の適用は当然問題ないだろうと、

私でも判断できるくらいでした。


私の医療保険契約内容では、1手術につき、一律7万円が至急されます。

なので、先のレーザー手術では、手術料金が6万円でしたが、至急は7万円なので、

1万円得した計算になります。



そして気になるレーシックへの保険適用の可否。

知人からは保険適用になったとか、適用されるはずとか聞いたりしますが、果たして自分

が契約している保険内容ではどうなのか?

もともと保険を当てにしていなかったので、適用されればラッキー、くらいのスタンスです。



網膜裂孔の手術が保険適用されるかどうかを保険担当者に尋ねたときのやりとりです。



私 『もしもし、purinと申しますが、お分かりですか?』

保 『ええ、分かりますよ~。purinさんですよね。今日はどうしました?』



私 『ええ、実は最近、目の手術を受けたんですけど、保険が適用されるかどうか確認

   したいんですよ。』


保 『ああ、レーシックですよね。それは保険に加入していt』

私 『いえ、違うんです。網膜裂孔という病気でのレーザー手術なんですよ。』



この返事には驚きました。あまりにレーシックが身近になりすぎて、保険屋さんにも問い

合わせや申請件数も多いんでしょうね。



保 『えっ?レーシックじゃないんですか?それはご愁傷様でした。手術の場合、7万円

   の保険料が下りますよ。入院したら1日7000円。手術で7万円出ることになります。

   日帰り手術ですか?』


私 『はい、日帰りです。』

保 『じゃあ、保険請求されましたら7万円が下ります。専用の用紙にご記入いただいて、

   病院から医師の診断書を貰って・・・、という普通の流れです。用紙はお送りしましょうか?』


私 『そうですね、郵送でもなんでもいいので送ってください。それと、レーシックも受ける

   つもりなんですよ。』




保 『あら?レーシックも受けられるんですか・・・。レーシックに保険が適用されるかどうかは、

   保険に加入しただいた時期によって変わるんですよ。purinさんにご加入いただいた

   のは・・・、平成15年ですね。大丈夫ですよ、保険料は下ります。一律7万円です。』


私 『そうですか、それはよかった。じゃあ、とりあえず13日に検診(事前検査)に行くので、

   そのときに診断書の申請をしてきますよ。』




現在ほどレーシックがメジャーになってくると、手術料目当てに一時的に保険に加入

しようとする人が出てくるからでしょうね。それくらいのことは素人の私でも思いつきます

から、保険業者も当然ガードするでしょうね。

私の場合、保険加入時期が7年前ということもあって、結果的にいくらかでも保険料が

下りることが分かってよかったです。

ということで、レーシックが保険適用されるかどうかについては、最終的にはご自身が

加入されている医療保険の確認が必要ですが、一つの目安として、加入時期がある程度

昔である必要があるようです。

なので、今から保険に入って、数年後にレーシックを・・・、という考えはNGということですね。

この点には十分お気をつけください。




保 『その他、最近はいかがですか?』

私 『う~ん、特にないといえばないけど・・・。他の保険屋さんから乗り換えの案内が

   目立つくらいですかね?最近、保険業界って活性してるんですか?』


保 『え、そうなんですか?特にそういう動きはないんですけどね。』



私 『それ以外にも、私の会社の人が辞めて保険業界に入ったりという例もあるし、

   動きが慌しいのかなと。』


保 『へえ~、そうなんですか。そういう点では、見直しの案内を差し上げたりはしますけどね。

   例えば、最近タバコの値段が上がりましたけど、purinさんはタバコお吸いになります?』


私 『いえ、私は5年前にやめましたね。』



保 『あ、やめられたんですか?それなら保険料が安くなるかもしれませんよ。』

私 『え、そうなんですか?契約時は平成15年だから吸っていたけど、そういうことを

   契約時に申告したかなあ?』



保 『いえね。最近なんですよ、細かく保険料が設定されたのは。他にも条件次第で

   安くなる可能性もありますし、保険の見直しの意味でも一度お宅にお伺いしましょう

   か?』


私 『そうですね。お願いします。』



保 『では都合のいい日は』 ・・・。



結局、その週の土曜日(10月9日)に訪問してもらうことになりました。

そのときにレーザー手術の保険料申請用紙も持参してもらいます。




そして土曜日・・・。

あいにくの大雨で、秋祭りも相次いで順延措置が取られたりしました。

そんな中を、保険の担当者さんに来ていただきました。


久しぶりの訪問なので、つもる話もたくさんあって、2時間くらい滞在されました。

いろいろ情報交換する中で、興味ある話も聞けました。

話題の中心は生命保険でしたが、それ以外にもガン治療の最先端の情報だとか、ハゲ

に効く薬の話だとか(私は白髪がかなり目だってきているものの、幸いハゲてはいませ

ん)、興味は尽きませんでした。


今回はレーシックの記事ですので、そのあたりは割愛するとして、保険屋さんから

レーシックについての新たなお得情報を得ましたので、ご紹介します。




先に書いたように、レーシックが保険適用されるかどうかは、保険の契約時期によります。

また、ある一定期間よりも前に入った保険でも、保険会社によっては適用されない場合

もあるそうです。

そして、最近はレーシックに対しては一切保険が適用されなくなっているそうです。

これはどこの保険会社でも同様のようです。

なので、ここ数年で保険に加入した方は、すでにレーシックが適用除外になっている

かもしれませんので、事前に必ず確認してくださいね。

特にレーシックの施術件数の多い、若い世代の方は加入時期も古くないと思うので

ご注意ください。

もし親御さんが加入されていたらラッキーですね。



ここまでメジャーになってきたレーシックだし、保険請求件数もかなり多いらしいですから

保険会社としては対象除外は当然の措置なんでしょうね。

実際に、最近こそ落ち着いてきましたが、顧客からレーシックについての保険適用相談

がすごく多いとのことでした。

さらに、もともとレーシックは病気でもなんでもないものなので、それに保険が適用される

ことが少し変な感じは私もしていました。



で、お得情報とは!

レーシックは、左右の視力差が激しく、その矯正のために受ける方を除いて、ほとんどの

場合は両目の施術を受けますよね。

私が契約している保険会社の場合、施術日が違う場合、保険が2回適用されるらしい

のです。

つまり、まず片目だけ手術して、次の日にもう片目を手術すると保険適用が2回という

ことです。


私が契約している保険は一律7万円の請求か可能なので、日を分けるだけで受け取れる

保険金が1回分=7万円さらに増えるわけですから、かなりおいしいですよね。


ちなみに私が契約している医療保険では、満期までトータルの支払い金額から計算して、

相当大きな病気を3回ほどしないと払い込んだ元が取れないらしいです。

万一のための保険なので、安心を買っているともいえますが、どうせならコストパフォー

マンスの高い保険のほうがいいですよね。

そんなこともあって、たいした労力もなしに保険が適用されるのなら、少しでも回収した

ほうが得というものです。


その保険の担当者がまたタヌキなのが、自分で2回保険適用できると紹介しながら、

1回で済む手術を2回に分けることは普通はしませんよね、とか、良識ある判断を、

というようなことを発言することで、私が保険を2回使えないように誘導しているのが

ありありと見えたんですよね。

そこがやはり保険屋だなあと感じましたよ。


保険屋さんはもともとできるだけコストパフォーマンスの高い保険を紹介するのが

仕事だと思うし、普通に考えれば多く保険金が還付されるほうがいいですよね。もちろん

合法的にですよ。

まずは病院に相談して、片目ずつそれぞれ別の日にレーシックを受けて弊害がないか

どうか確認するのが先決です。

それで特に問題がないと判断したら、片目ずつ受けようと考えています。

私が受ける手術費用は、両目で20万円(税別)ですが、片目では単に半額の10万円で、

片目だけの場合でも、得に割り高になるわけではないので、さらにお得度が高いです。

20万円のうち、自己負担するのが13万円か、6万円か。この差は大きいです。

このあたりは特に重要な情報だと思うので、ぜひ参考にしてください。







●2010年10月13日(水)通院4回目 : レーシック術前検査

医療保険の担当者からもらった診断書のフォームを持って出かけました。

13時からの検査だったので、昼食もゆっくりできるように11時に家を出ましたよ。

時間的に渋滞もないし、の~んびりドライブです。



普段、午後の診察は15時から再開されます。そのため、13時という時間帯には一般

診療はなく、術前検査の時間に割り当てられています。当然人は少なくて、検査も待た

されることなく粛々と進むことを期待したのですが・・・。



まず駐車場に入場するのに待ちがありました。

え??なんでこんなに混んでんの?

院内にも人が大勢いて、最初、理由が分からず混乱しました。

あれ?今日は特別な日なのか?

実はそんなわけもなく。

よく見れば、診療遅れの張り紙が掲示されています。

一人の医師の午前中の診療がかなり遅れていたせいで、午後にズレ込んでいたようです。


やがて徐々に人が減っていき、検査半ばには私一人になっていました。

術前検査では、適応検査と同じ内容で進みました。

瞳孔を開いたり、検査結果を待ったりと、やっぱり時間はかかります。



眼圧、眼細胞を測定し、視力検査に入ったのですが、検査の看護師がどうも首を

かしげます。

視力検査でよく目にするレンズをとっかえひっかえして視力を合わせていくのですが、

思ったような結果が得られないようです。



検 『う~ん、普通だったらレンズを換えるとガンガン見えてくるんですけどね~。』

私 『はあ、ダメですか?』

検 『目が疲れてきてますね。中断しましょう。少し歩いてきてください。』



なんてことを言われたりして、視力検査だけでずいぶん時間を取られました。


視力が確定すると、レンズをかけた状態で、



検 『これがレーシック手術後の実際に近い見え方になります。』

   見え方、大丈夫ですか?』


私 『違和感はありますけど、眼鏡やコンタクトを買い替えたときも変な見え方ですし、

   それと同じように慣れてくるんでしょうね。

   左右の見え方は同じなので大丈夫じゃないですかね?

   これで視力はどのくらいですか?』


検 『1.5ですね。』



確かに違和感はあったんですけど、見え方としては左右ほぼ同じだし、術後しばらく

すると慣れてくるのは間違いないでしょう。



そして、例のレーシック手術日を分けることについて尋ねてみました。



私 『レーシックの手術日を2回に分けることって可能ですか?

   最初に右だけ、日をあらためて左を手術するという・・・。』


検 『可能ですよ。保険の関係ですか?』



私 『そうなんですよ。保険屋さんから教えてもらって、もし弊害がなければ左右別々に

   しようかなと。』


検 『病院側には特に問題ありません。患者さん次第ですね~。』



私 『じゃあ、お願いしたいんですけど。

   あ、先生に言ったほうがいいんですかね?今ここでも大丈夫ですか?』


検 『はい、ここで結構ですよ。承ります。』



ということで、手術日を分けることはあっさりと決まりました。



先日の保険の担当者から耳にしていたネタがもう一つあります。

なんでも、角膜に触れる部分に凸加工を施してあるコンタクトレンズを夜寝るときに

装着して角膜に型をつけることで、1週間くらい高視力を維持できるというものです。



私 『・・・そんなことを聞いたのですが、存在するんですか?』

検 『ええ、ありますね。眼科医によって意見は分かれるみたいですけど・・・。』



私 『この病院では取扱いあるんですか?』

検 『いえ、うちではやってないんですよ~。

   視力を確実に安全に回復させるにはレーシックが一番だと思いますよ。

   それを使う人は、視力がそこまで悪くない人に限定されるでしょうね。』




見解がいろいろあるなら、この病院はレーシックで定評があるわけだし、当然レーシック

を推奨してくるでしょうね。

もともと私はレーシック以外は眼中にないので、このコンタクトには興味がないのですが、

もし視力矯正を包括的にお考えの方は、こちらについても調べてみる価値がありそうですね。



さて、視力検査関係に続いて、次は涙の量のチェックです。

目尻に検査紙を貼り付けて5分間でどのくらいの涙が出るかの検査ですが、これがまた

気持ち悪いこと甚だしい。

過去に一度何かの理由で受けたことがありますが、ここで再び検査することになろうとは。

検査終了の1分前に右眼に付けた検査紙がポロッと落下してしまったんですが、

涙の量は十分だということで、再検査しないで終了しました。

このときは本当にホッとしました。


続いて、血液検査のための採血です。

採血はごく一般的なものなので、特に言うべきことはありません。



その後、手術の説明。

ここでは、検査後から手術日まで、手術後のスケジュールと行動について説明を受けます。


主な内容は、

・レーシックとは何か

・レーシック手術のしかた

・レーシックのリスク

・手術前後の行動

といったものです。



その間、目の動きを固定する目薬を3回に渡って差されました。

散瞳検査に感じは似ていますが、瞳孔を開くのではなく目がピントを合わせたり明暗に

対応する能力を取り払う検査とのことでした。

感覚としては、眩しい感じは散瞳検査と同様ですが、近くのものが見えなくなったりして、

老眼に似ているといわれました。

効果が長続きするらしく、人によっては2日間残ることもあるとのことで、普段PC仕事の

私としては少々不安になりましたが、そんなケースはまれで、普通は夜寝て次の朝に

なったら元に戻っているみたいです。


が、しかし・・・。これはまた後ほど。



この目薬がまた目にしみるんですよ。久々にしみる目薬を差しました。

レーシックの予約票と、手術2日前から差す目薬を渡されました。

予約票には、まず右眼から、11月5日は確定していますが、まだ時間が未定で、決まり

次第、自宅に連絡が来ることになりました。

左眼は2週間後の11月19日です。手術日は決まりましたが、予約票を貰わなかったので、

右眼の手術日に渡されると思います。

目薬は、手術の2日前から朝・昼・晩の3回差すように言われました。

手術後も使い続けるとのことです。

何を目的とした目薬か、このときは尋ねるのを失念していました。



その他、気になることが1点あったので尋ねてみました。

洗顔・入浴は手術当日と翌日は中止、となっていたので、やはり加齢臭が気になる年齢

になってきた身としては、顔を洗えない、風呂に入れないのは耐えられません。

感染症がもっともリスクが高いため、いずれも不可とのことでした。

手術の翌日にも検査があるので、状態を見ながら医師が判断して段階的に解禁されて

いくようです。

あくまで目安として当日、翌日の洗顔・入浴は禁止としているようです。


手術費用ですが、結論からいうと、2回に分けることで、10,000円多く負担が発生します。

つまり両目同時の場合、合計210,000円。

左右別の場合、合計220,000円ということです。




そして、この日最後は診察です。

先の目薬が効きだしてくるのに45分待ってから、

いつものように、目の状態を暗室状態で確認されました。



医 『目の状態は問題ないですね。

   では予定どおり11月5日にレーシック手術しましょう。』


私 『はい、一応さっき検査の方には伝えたんですけど、左右の手術日を別々の日で

   お願いしたいんですよ。』


医 『あ~、はい、全然いいですよ。

   単に左右の視力が違うのが不都合あるだけで。手術的には問題ないです。』




そして、次に釣り糸のようなもので、角膜の表面をさらさらと撫でられました。

最初はチクチクしそうでビビリましたが、思ったほど痛くなくて、安心しました。

・・・が、



医 『結構ニブイですね。』

私 『ははは・・・、そうですか。』



医 『まあ・・・、これくらいだったら大丈夫かな。

   感覚が鈍すぎると手術が受けられないんですよ。』


(ゲッ!)そうなのか、感度がいいほうがよかったのか・・・。



医 『あと、purinさんの場合、角膜が薄いので、再手術は無理です。』



一度、手術をしたあと、まれに視力が元に戻る、まで行かなくても、悪くなるケースがある

ようです。

レーシックで1.5まで上がった視力が0.8~0.9まで戻るケースがあるとか。




医 『でも元どおりまで悪くなるわけではないので、0.8程度だったら生活するにも今ほど

   影響はないし、問題はないと思います。実際に再手術はほとんどありませんから。

   それよりも最も注意が必要なのが感染症ですから、そこだけは注意事項を守って

   くださいね。』




こうして、ようやく術前検査がすべて終了し、会計となりました。

術前検査には前金として10,000円持参してください、と言われていたので、通院途中で

引き出してきていました。

それと合わせて、先日の網膜裂孔の手術用の診断書用紙を受付に渡したんですが、

その金額が4,500円也。

いや~、診断書って結構な金額を取られるもんですね。

大きな総合病院の場合は、5,000円が相場ともいいますが、私が過去に書いてもらった

ときは2,000円程度だった記憶があります。


作成には2週間必要ということで、完成したら電話で連絡が来ることになりました。

もっとも、メインイベントであるレーシック手術で病院へ出向くことになるわけですから、

そのときに貰うことは確定的に明らかです。

また、手術の時間も後日連絡となっているので、連絡待ちは2件となりました。


すべてを終えて病院を出たのが18時前。結局、13時前に病院に入ってから、5時間近くも

検査していたことになります。

目も疲れましたが、体も疲れましたよ。



まあ、このあとまだまだ疲れが溜まるんですけどね・・・。


まず、時間的に、帰宅ラッシュにぶつかってしまい、渋滞の連続で本当に参りました。

そして、何といっても、目にしみたという先ほどの目薬。

病院を出たときは、辺りはすっかり夜になっていたのであまり分からなかったんですが、

強烈だったのは次の朝です。


いつも寝起きは目がモヤモヤするんですが、この日はそれがなかなか治まりません。

それどころか、外出した途端・・・、


まぶしっっ!!


空は曇天だったにも関わらず、眩しくて仕方ありません。

目を開けていられないといえば大げさですが、とにかくサングラスがほしかったです。

眼鏡で、コンタクトも禁止なので、度付きサングラスでもない限りどうしようもないのですが、

この眩しさは異常ですよ。

目薬の効果や恐ろし。

次の朝になっても元に戻っていないじゃないか~。

これが晴天だったらと思うとゾッとしました。

蛍光灯すらも直視できませんからね。


いくらなんでも明日になれば元に戻ってるんだろうなと期待したのですが・・・。

翌日は、前日ほどではないにしても、まだ眩しさが残っており、しかも視力が落ちている

のか、遠くが見えない、つまり近視が進んだ状態になっていました。

一時的なものだとは思うのですが、なんだか不安です。

結局、治まったのはさらに翌日。快晴でも眩しさはなく、ふと安心でしたが、まだ視力が

回復しきっていない感じもします。


そしてこの日、先日の保険担当者からレーシック分の保険請求用紙が届いていました。

手書きでメモがあり、

『レーシックを2回に分ける場合でも、申請書と診断書は1通のまとめてで構いません』

とのこと。

これはラッキーです。

診断書は4,500円もするので、金銭的に助かりました。

しかし、私が2回に分けることをほぼ予想していた感じですね。なんだか微妙な気分・・・。




さあ、いよいよ次はレーシック手術(1回目)です。

少し遠回りしましたが、ようやく手術にこぎつけました。

来月の今頃は、片目だけの視力が回復しているのかあ・・・。



この日の診察料金 : 14,500円
(レーシック費用のうち10,000円を先払い、網膜裂孔の手術診断書 : 4,500円)
これまでの合計 : 73,470円






●2010年11月2日(火) : レーシック手術時間確認

・・・、

・・・・・・、

・・・・・・・・・、


待てど暮らせど、病院から連絡がありません。

診断書の件は、用件を言わずにまた電話します、という内容だったそうです。

これは急がないので、手術日に確認してみますが・・・、

それよりも手術日の時間の連絡が全然来ないのはどういうわけだ?

まさか忘れ去られている・・・?

私にとって、限界まで待ってみたつもりの11月2日(火)。

ついにこちらから病院へ連絡してみました。


すると・・・、

いまだに手術時間が未定とのこと。

決定次第、間違いなく連絡を入れるとのことでした。

この日の夕方以降か、前日になるかもしれないとのこと。


そんなギリギリでいいのか??


・・・結局、その日の夕方に連絡があり、手術時間は12:30~となりました。

12:00ごろに到着すればいいかな・・・。


翌11月3日(水・祝)から、手術前の点眼開始です。

1日3回、朝・昼・夜と、忘れずにまず手術する右眼から点眼しましたよ。

例の、効用を確認し忘れていた目薬です。

一応、どんなものなのかネットで調べてみました。

点眼薬の主成分は、オフロキサシンというもので、感染症の治療に用いられる抗生物質、

とありました。

手術前後に差すと言っていましたから、文字どおり感染症の予防なんでしょうね。



手術前日は酒を控えるように説明書に書いてあったので、この日はひさしぶりの禁酒

デーとなりました。一体いつ以来なのか?

年単位なのは間違いありません。






●2010年11月5日(金) : レーシック手術(1回目:右眼)

さあ~、ついにこの日を迎えました。

いよいよレーシック本番(の1回目)です!



手術は12:30からということで、午前10:30に出発しました。

かなり早い出発時間となりましたが、手術前に早めの昼食をとっておかないと、長時間

何も食べられないませんからね。


11:30ごろに昼食をとり、12時前には病院へ到着していました。

受付をとおしたあと、先に手術代金の支払いです。

今日は片目分、100,000円也。

一応、現金も用意していましたが、今回はカードで支払いました。



眼科受付をして、診察待合へ。



手術に先だって、眼圧検査のあと、最終診察で眼の状態観察で細菌や炎症のない

ことを確認されました。



その後、いよいよ手術室へ移動です。

この日、同時にレーシックを受けるのは、私含め3名でした。

一人は女性、My Little Loverのakkoをもう一歩派手さをなくしたような雰囲気。

レーシック手術を受けるので、すっぴんだから派手さがなく見えたんでしょうね。

年齢は30台後半~40台前半という感じでした。


もう一人は男性。男っぽいアンガールズといった風情です。

こちらも30台後半といったところ。


全員、同年代というのが意外でした。

もっと若い人のほうがレーシックのメリットあるんですが、この日はたまたま同年代が

揃ったのかな?



まずは手術室前の待合で、看護師さんから手術の説明を受けます。

手術服と手術帽を装着し、目薬を2種類渡されました。

術前検査でもらった感染症防止目薬と合わせて、3種類を今後使用します。

さらに、安全メガネ。

これは術後、眼をこすったりホコリが眼に入るのを物理的に抑制するものです。

そして眼の回りの油分を落とすため、美容コットンでふきふき。



手術の順番は、アンボーイズ → 私 → あっこ。

アンボーイズと私、あっこは別々の医師が担当します。

私の外来時の医師は、今回はあっこのみ。

ということで、普段とは違う医師ではありますが、逆にその医師が当院ではナンバーワン

なので、それはそれで別段構わないというか、歓迎に近い気もしました。



3人の中で、片目だけの手術はさすがに私だけです。



まずはアンボーイズが呼ばれ、手術室へ入っていきました。

『まるで面接試験みたいですね。』 とあっこと話したりして、40分ほど経過してから、

ついに私が呼ばれました。



手術室へ入ると、看護師さんから名前の確認と眼の周りの消毒をされました。

そして、眼の触感の麻酔点眼薬を差されます。



やがてアンボーイズが興奮気味に手術室から出てきました。

大量の汗をかいたようで、医師も看護師も、こんなに大汗をかいた人は初めて、なんて

声が聞こえてきました。

おまけに、眼が痛くて開けられない、と訴えているし、実際、両目を瞑ったまま看護師に

手を引いて誘導されてきました。

おいおい、大丈夫かよ。いやなもん見ちゃったなあ。




そして、ついに私の番となりました。


う~ん、ついに来ましたよ、このときが!

長年の夢が、ついに叶うときが!

次に手術室から出たときには、うすぼんやり周りが見えているんですね~。

手術する前から感無量ですよ。


とはいっても、今日は片目だけなので、その感動も半分です、本当に。



手術室へ入ると、医師・看護師合わせて5名のスタッフがいました。

膝くらいの高さのベッドが設置してあり、頭の位置の上辺りに、可動式のレーザー装置が

あるようです。

時間が限られていたし、なにぶん裸眼でほとんど何も見えないので、今日はこれくらい

しか識別できませんでした。

次回、左目のときはいろいろと余裕もあるので、もっと観察できると思います。



手術台では、頭の位置にくぼみがあり、そこで頭を固定するようになっています。

実際にレーシック手術するときには、多少眼が動いてもレーザーは追尾するらしいです。

簡単にいうと、装置にホーミング機能があるということですね。

とにかく頭を動かすことが最もNGということを散々言われましたので、いやがうえにも

緊張が走ります。



膝下にクッションを入れられ下半身にひざ掛けを掛けられ、両手は軽く腹部に。これで

体勢が整いました。

頭上に執刀医がいるようです。


まず顔に目抜きマスクをかぶせられます。

これで頭とベッドを一体固定し、頭が動かないようにするようです。

各部をテープで固定され、次にまばたきしないように開眼器で眼を強引に開かされるのですが、

とにかくこれが痛いのなんの!


目頭が破れるような感覚で、思わず、 『いててて!!』 と声が出してしまいました。

『アア~!ゴメンね、痛いね~。』 と言いつつ、その手を一切緩めない医師。

これで完全に瞬きができなくなりましたが、次々に目薬を流しこまれるので、眼が乾く

ことはありません。



これで前準備はすべて終了、いよいよ装置が眼前に下りてきました。

まさにショッカーによって改造人間手術を受ける本郷猛の状況。

手順としては、カッターで眼の表面を削ってフラップをつくり、眼にレーザーを当て、

再度フラップを閉じる、という作業です。

意識がないとできない手術なので、全身麻酔で眠るわけにはいきません。つまりこれら

一連の作業が眼に見えてしまうのがつらいところです。

そういった恐怖感から、レーシックを敬遠する人も多いですね。



おそらくカッティングされたフラップを医師がめくったと思うのですが、フラップを取り外された

あとは、視界が真っ白になって何も見えなくなりました。

私にとって、この時間が一番の恐怖だったかもしれません。


そしてレーザーを当てるため、再度装置が眼前に迫ります。

緑色のポイントがあって、そこを凝視するように言われていましたので、レーザー処置を

しているであろう時間帯も、ひたすら緑の点を見つめていました。

ちなみに、レーザー照射窓の周りに、白色LEDが12個くらいずつ上下左右4箇所に

はめこんであり、眼を照らすようです。

レーザー処置中は、このLEDは消灯しています。



助手の人が、カウントを始めます。

助 『・・・30%・・・、


   ・・・60%・・・、


   ・・・90%・・・、


   終了です。』



エヴァンゲリオンのオペレータよろしく、シンジのシンクロ率がどんどん上がっているシーンが

イメージされましたよ。

レーザー照射時間は、20秒くらいだったでしょうか。



装置が離れたあと、医師がフラップを再取り付けしたら、いきなり視界がクリアになりました。

この瞬間、ああ、無事に終わったんだと認識できましたよ。


フラップのすわりが悪かったのか、二度三度取り付け直しをされました。


あと、よく言われるような、レーザー照射時にタンパク質の焼ける臭いというのはまったく

ありませんでした。


あっさりと終わった気もしましたが、終了後は、体がこわばっていたので、多少なりとも

緊張していたんですね。

かといって、アンボーイズのような汗はまったくかきませんでしたが。


手術室から出たあと、角膜には多少チクチクした痛みがありました。

視力は断然回復しているのははっきりとわかりましたが、まだ視界がクリアでなく、

きつめのモヤがかかったような見え方でした。


直後に執刀医による眼の診察、問題なしということで、あっという間に終了です。

当面のところは、眼をこするのが最大にNGなので、そこは慎重のうえにも慎重にならない

といけません。



その後、暗室で15分ほど安静にすれば帰宅OKということで、眼を閉じてじっとして

いました。

この間に、メガネの右側のレンズだけを取り外しました。



カーテンをはさんで隣にはアンボーイズがいたので、少し話しかけてみました。


私 『どうでした?よく見えてます?』

ア 『右眼が痛くて痛くて、開けられないですよ。』

私 『俺は痛みはないですね。まあ手術は片目だけでしたけど。』


ア 『それより眼を強引に開けられたときの器具がメチャクチャ痛かったですよ。』

私 『あ、それ同じですよ。マジで痛かったですよね。手術の何が痛いって、あれが最強でした。

  まだ痛みありますよ。』



ア 『車で来たのに、帰れるかなあ?』

私 『あ~・・・、まあ、場所にもよるんじゃないですか?』


かくいう私も車だったのですが、片目なので、そこは大丈夫です。


ただ、この見え方だと、両目手術の場合は車の運転は無謀に近いと思いました。

はっきりいって、かなり危険です。

普通は両目を同時に手術するでしょうから、手術の日は車で行くのは絶対にやめたほうが

いいですよ!




アンボーイズはもう一度診察するようで、帰宅は私のほうが早くなりました。


直後から眼のフラップ部の痛みはほとんど消えたのですが、例の開眼器の傷みが

少し残っています。

そしてなんといっても、涙がポロポロ出てきて、とどまるところを知りません。


とはいえ、基本的に視力は回復しているので、片目だけとはいえ、裸眼でも問題なく

行動できます。



帰宅後、鏡で眼を見てみると、黒目のフラップ痕は肉眼では確認できないものの、

目やにに移行する前の粘度の高い涙が白目の周りに付着しています。

しかしながら、手術前に渡された目薬を差すと、一瞬で消え去ります。さすがはステロイド。


白目が充血というか、内出血しているのですが、これは気にしなくてもいずれ消えるという

ことでした。


翌日は朝一から術後検査が入っています。


この日は洗顔、入浴、飲酒を一切控えて、体をゆっくり休めつつ就寝しました。



この日の診察料金 : 100,000円
(右眼レーシック手術代・術後検査代)
これまでの合計 : 173,470円






●2010年11月6日(土) : 術後検査(手術翌日:右眼)

朝起きると、存外に目やにがまったく出ておらず、驚きました。

目薬の効果なんでしょうね。

目やにで眼がくっついて開かないのを覚悟していたんですが、これは意外というか

うれしい誤算でした。


この日の診察は朝一の8:40からです。

病院まで50分かかるので、余裕を見て7:30に自宅を出ましたが、さすがに土曜日

ということで、道路はすいすいと進み、8時過ぎには到着してしまいました。


診察だけだったので、二男を連れていきましたよ。


診察前にまずは視力検査です。

どの程度視力が回復しているのかな・・・?




結果、1.5でした!

1.5狙いだったので、もちろん2.0までは見えなかったのですが、翌日でこの見え方

とは驚きです。

これで安定するのかな・・・?

1週間ほどで多少落ちるとも聞いていますが・・・。



診察でも、何も問題ありませんでした。

すこぶる順調です。

実際に痛みはないので痛み止めを使用していないし、涙ももう出ないし、密かに懸念して

いたドライアイもまったくないし、まったくもって順調そのもの。


そんなことで、あっという間に術後検査は終了し、帰宅となりました。


次回の検査は、2010年11月10日(水)です。

その日までは今までどおり目薬を差すようにということでした。




この検査の翌日、日曜日で休日ですが、昨日よりは視力が落ちている気がします。

ガクッと急落ではないのですが、カレンダーの文字とか、昨日ははっきりくっきり1.5

の視力どおりの見え方でしたが、今日はなんだかぼやけます。

感覚的には1.0くらいなのではないかと思います。

眼を凝らしたら徐々にくっきり見えてくるんですが、昨日はパッと見でくっきりしてました

から、多少弱くなっているんでしょう。


やはり安定するまで1週間ほどかかるのかな?





さらに次の日、術後初仕事ですが、視力は多少ぼやけたまま変化ありません。

どうやらこの視力で安定か?


仕事では時間内、ほとんどPCとなります。

モニターばかり見ていますが、景色を見るときよりも違和感があり、仕事がしにくいですね。

すでにメガネをほとんどかけていないので、手術をしていない眼は視力が超悪い状態です。

左右のバランスが悪すぎです。

といって、メガネをかけると、視力は矯正されますが、見たものの大きさが違うので、余計に

違和感があります。

つまり裸眼の状態では、視力回復したばかりの右眼だけを酷使していることになります。


そして、仕事では目薬を差すのを忘れがちになります。

差すのを忘れるし、持っていくもの忘れたりもしました。



そして、術後初めて、夜の運転です。

先日の医師の話では、ハロー・グレア現象が出る傾向が多いということでしたが、

その言葉どおり、電灯や車のヘッドライトなどの発光体、専門的にいうと光源を見ると、

光源周りがボヤ~っと霧状に光が広がる感じです。

周りが暗い夜に顕著に現れますが、よくよく観察すると、昼間の蛍光灯を凝視しても

同様にハロー・グレア現象が出ます。

昼間は特に問題ありませんが、夜の運転時には、対向車が数珠繋ぎになっていたりすると、

光の拡散によって対向車の車間が見えにくく、仮に車間からバイクなどが飛び出してきたら、

確認が遅れそうです。

夜間の車の運転については、明らかに危険度が増したといえるでしょう。





purin101122-1.jpg

ハロー現象 : 光を見た時に、周りにぼんやりと光の輪が見えてしまう症状

          光がにじんで広がって見えたり、夜に物が見えにくかったり、物の周辺

          がぼんやりと見えること


グレア現象 : 光を見たときに必要以上にまぶしく見える症状

          夜間に車を運転しているとき、自分の車のライトと対向車のライトで、

          道路の中央付近の歩行者や自転車の姿が見えにくくなったり、場合に

          よっては、完全に見えない状態になること







●2010年11月10日(水) : 術後検査(手術5日後:右眼)

この日も朝一8:40からの診察となります。

しかしながら平日ということで、通勤ラッシュにぶつかること必至。

とはいっても、早起きで出かけるのもつらいので、診察に遅れることを覚悟で、普段の

仕事の時間と同じように起きて、自宅を出発しましたよ。


途中、多少渋滞にハマりながらも、病院への到着は10分遅れで済みました。

医師の診察開始も遅れていたので、私が少々遅れても問題ありませんでした。

それもあって、待合には人、人、人。



視力検査では、予想外に1.5を維持!

見え方は明らかに悪くなっているような気がするので、手術翌日と同じ視力とは思いも

よりませんでした。

検査技師によると、見え方が悪いのはドライアイが原因とか。

まったく自覚症状がないのにドライアイ?と疑問に感じながら、医師の診断へ。



医師による眼の観察でも、ドライアイになっていると言われました。

ドライアイって他人の目で見て分かるんですねえ。観察鏡を使用しているとはいえ。

ただ単に眼の表面の潤いが足りないんでしょうけど。


とにかく、よく目薬を差してくださいね、とのことでした。


ものの見え方がうすぼんやりしたときはドライアイと認識して、点眼するようにしましょう。

今までだったら、ドライアイは目が乾いて痛くなったものですが、レーシック後だから

なのか、自覚症状のないドライアイとはビックリです。




もうひとつ、ハロー・グレア現象がすごく気になることについては、いずれ慣れる、との

ことでした。

慣れるといっても、個人差があるので、いつ慣れるのか、いつまでたっても慣れないのか

も分からないそうです。

ただし、治ることはないとはっきり言われました。




次回の検診は左目のレーシック手術の日=11月19日(金)となりました。

手術時間は相変わらず未定で、また直前に連絡が来るとのこと。

今回は予約票ももらわずに終わったので、前回と違う内容に多少もめてしまいました。




11月16日(火)に携帯電話に病院から着信があったのですが、出られずじまいでした。

前回と違って、自宅にも連絡は入っておらず、手術時間が決まっているのに判明するのは

翌日となりました。

11月19日(金)は朝から野暮用があるので、早く時間を知りたかったのですが仕方

ありません。


そして翌日11月17日(水)には、こちらから電話をしてみました。

担当が検査に入っていて折り返しになりましたが、手術時間が判明しました。

12時に来てください、とのこと。

前回よりも30分早い入りになります。



あと、この日に網膜裂孔の手術の保険代が入金されていました。

先週末に必要書類を投函したのに、もう入金とは、電光石火です。


次の左眼のレーシックのときに、もう1通の診断書を依頼するつもりなのですが、

これが2週間で完成したあと、間違いなく年内にはすべての保険料が入金されそうですよ。




もう一つ気づいたことが。

11月17日(水)は、左眼のレーシック手術2日前なので、この日から左眼にも点眼を

開始しました。


すると・・・、

意外に目薬が冷たく、そして眼にしみます。

同時に右眼も点眼しているので、その違いは明確です。明らかに左眼のほうが感覚が

敏感です。


いや、左眼が敏感なのではなく、右眼が鈍感になっているというのが正解でしょう。

手術によって神経が麻痺してしまったのか、術後毎日差している目薬の作用なのか。

眼をこするわけにいかなかったので、分かりにくかったですが、なんだか右眼の感覚が

ない気がしていたんですよ。

歩くときでも左眼は風が当たる感覚があるのに、右眼だけ何も感じなかったのは気の

せいじゃなかった。

次回、どういうことなのか、医師に確認してみます。






●2010年11月19日(金) : レーシック手術(2回目:左眼)

今日で左右の視力が戻ります。

裸眼で1.5以上の視力を保持していたのは、中学2年生まで。

およそ四半世紀ぶりの視力回復です。


現在は右眼だけ手術を終えた状態なので左右の視力のバランスが狂っていて、平衡

感覚も崩れています。

しかしそれも今日で終わり。


今後も検査のための通院はありますが、長かったレーシック手術体験も、今日でおしまい

です。

網膜裂孔という意図しない症状も出ましたが、結構楽しみながらの通院ライフだったので、

終焉を迎えるにあたって少々寂しい気もします。




この日は12時からの予約です。

前回よりも30分早いのですが、野暮用があったので9時に自宅を出発しました。

途中、早めの昼食をとってから、12時前に病院へ入りました。



前回と違って、事前の視力検査等はなし。

看護師に尋ねても、今日はなしですね~、というだけ。

いやいや、そんなにあっさり言われても。


今回は右眼の術後検査も兼ねているはずだったのですが、それも翌日へ持ち越しと

なりました。


ということで、直前の検査は今回はないまま、手術室へ案内されました。

もちろん待合室は前回と同じ。



今回も私以外に2人手術を受ける人がいました。

前回は3人同時に待合へ案内されましたが、今回は一人一人時間差で待合に入室です。

術前説明もわざわざ一人ずつで、手術は私がトップバッターでした。



この病院では、レーシック手術は1ヵ月に2回実施されます。

11月においては、ちょうど私が手術を受けた11月5日と11月19日。

手術を受ける人が、11月5日に2人、そして今日11月19日も2人。

私と合わせて、1ヵ月に5人です。

単純に12でかけると60人。1年で60人だけ?

レーシックの対象は20歳以上なので、夏休みとか冬休みは関係ないと思うので、

月によって手術件数の変動はさほど大きくないと思われます。

まあ、メジャーな病院ではないので、こんなものなのかな?



前回と同じ事前説明を看護師がら受けて、目薬等を受け取りました。


手術室へ通されたのは、13時過ぎ。

眼の周りを消毒され、いざ手術台へ。




流れはすべて右眼のときと同じです。

今回は右眼の視力が確保できているので、手術室の中もよく視認できますよ。

医師が4人、看護師が3人という陣容。

執刀医は前回と同じ。後で声で分かりましたが、助手も同じ。



手術台に横たわると、頭を固定され、目抜きマスクを被せられ、今回は右眼を隠されます。

左眼の眼前に装置がセットされ、開眼器で左眼を開かされます。

右眼のときは声を上げるほど痛かった開眼器ですが、今回はまったく痛みがありません

でした。

右眼のことがあったので、この開眼器装着のときは結構ドキドキでしたが、意外にも

痛みがなくホッとしましたよ。


そして眼球を固定する器具をあてがうのですが、今回はサイズが合わなくて、何度も

セットし直していました。

この間がイヤで、さっさと済ませて欲しかったですよ。



そしてこれからが最も恐怖の?時間。

フラップをめくる作業のときは視界がゼロになるので、精神的につらい時間です。

視線がどこにあるかよく分からず、レーザーの光すら今回は見えません。

そのとき、私の感覚ではおそらく視線が上を向いたと思われるんですが、


医 『あ~・・・、ダメダメ!』


ゲッ、やばかった??


見えない中でも視線を戻して再度照射開始です。


助 『・・・50%・・・、


   ・・・80%・・・、


   終了です。』




どうにか・・・、

無事に手術は済んだようです。良かった・・・。



手術中は、徳永英明のカバーアルバムが流れていて、 『夢の途中』 と 『誰より好きなのに』

の2曲分で手術が終了したので、手術時間はやはり10分程度です。



手術直後のチクチクした痛みは相変わらずで、長い時間、眼を開けていられません。

2人目の手術の間、安静時間をとりました。

右眼のときはひどく涙が出て、持参したタオルをずっと頬に当てていたのですが、今回

の左眼はほとんど涙が出ず、明らかに痛みや違和感が少なかったです。


そして術後診察です。

結果、眼の状態はまったく問題なし。


ついでに気になっていた右眼の鈍い触感のことを尋ねてみましたが、これは徐々に感覚

が戻るとのこと。

もちろん個人差があるみたいですが、どうやら感覚が鈍いままではないようです。


そして、右眼の視力回復後は、今まで見えていた手前のものが見えにくくなったことも

尋ねてみました。

これについても、徐々に慣れていくらしいです。

今までは近視だったので、手前のものにピントが合っていたわけで、いわば“見えていた”

状態でしたが、手術によってピントは遠くのものに合わせてあるので、これからは手前の

ものには見る力を養わなくてはなりません。

ただ、年齢的にも、そのまま老眼へ移行する可能性もあります。



左眼の手術直後の様子ですが、右眼と比較すると、左眼は痛みそのものが少ないために

涙の量が極めて少なく、また、涙の固さもありません。

右眼ではひどかった白目の内出血も左眼にはほとんど見られませんでした。

これはおそらく開眼器の調整によるものでしょう。


視力は、ボヤけているために明瞭ではないものの、右眼とのバランスはバッチリで、

メガネやコンタクトレンズを買い替えたときの違和感はまるでありません。

これはナイスです!



この日は余裕で車で通院できました。さすがに右眼が見えているので楽勝です。

むしろこの2週間でアンバランスだった感覚が正常に戻っているために、左眼手術前

よりも安心感が増しましたよ。



手術後の眼の痛みを分かりやすく例えると、ちょうど少ししみる目薬を差したときの

ジワ~ッとした痛みがずっと続く、という感じです。

その術後の痛みですが、右眼のときは手術当日は終日続きましたが、今回の左眼では、

手術から3時間が経過したくらいで、痛みは一切消え去りました。


痛みが消えたとはいえ、見え方は変わらず、もやがかかったような状態が続いています。


右眼のときは中止していた、手術日当日の入浴、洗顔は、この日は行いました。

要は水が眼に入ったらよくないわけで、まぶたを押さえないように気をつけながら顔を

洗って入浴しましたよ。

右眼はすでに安全なわけで、極力左眼を開けないようにすればまったく問題ありません

でした。


痛みや違和感がほとんどないので、右眼のときほど神経質になっていません。

逆に少々神経質くらいのほうが眼にはいいとは思いますが、左眼の術後はそれくらい

違和感がなかったということですね。



この日の診察料金 : 114,500円
(右眼レーシック手術代・術後検査代・診断書代)
これまでの合計 : 287,970円







●2010年11月20日(土) : 術後検査(手術翌日:左眼)

起床時の左眼は、右眼のときと同じく、目やにはまったく出ておらず、痛みもなく安心しました。

ただ、見え方が昨日から変化しておらず、やはりもやがかかったような状態です。

目薬を差しても変化なし。

これは今日の診察で要確認事項です。



検査の予約時間は10:20~10:40です。

この日は小学校の音楽会ということで、長男と二男は登校ですので、保育園児の三男を

連れていきました。

ちょっとしたドライブです。


土曜日の9時台でも、今日はそこそこ交通量が多く、一部渋滞にハマりながらも、予約

時間前には到着できました。



視力検査では、左眼1.0。

やはり右眼より悪い結果です。右眼の手術翌日検査では、1.5で、実際によく見えました。

この日の検査でも、右眼はやはり1.5。



そして診察。

眼の状態は非常にきれいだということでした。

見え方が悪いのはレーザーが一旦ストップをかけたせいか、とも考えていたので、

とりあえず一安心。

見え方は徐々に安定していくということでした。

右眼との違いについては、例えばカーブ一つとっても左右同じわけではないので、

仕上がりには違いが出るのは仕方がなく、また、左右で手術を分ける場合、最初に

片方の目が見えるようになると感激が大きいものですが、次にもう片方の目が見える

ようになったときは、まあ、こんなものか、と受ける感動も少ないことも原因と言われました。

いや、しかし視力検査の結果ではっきりと違いが出ていますからねえ。

そういっても、きれいに手術ができているので、視力が安定するまで、何日かはかかるとも

言われました。

左眼は右眼とは違うという解釈でしょう。



目薬のうち、最初にもらったオフロキサシンが主成分のオーハラキシンというのがなくなり

かけていましたが、この日に申請するのを忘れていて、また次回にもらおうと思います。

それまでもつだろうか。



次回の予約は11月24日(水)。


髪がずいぶん伸びてきたのですが、細かい髪の毛が眼に入るとまずいと思って、まだ

行けません。

2週間くらい様子を見るかなあ。







●2010年11月24日(水) : 術後検査(手術5日後:左眼、手術3週間:右眼)

この日の予約は10:40から。

到着時には駐車場待ちの列ができていました。

この日は妻と同行していたので、車を預けて私は受付を通しました。

案の定、人、人、人。

過去最大といってもいい混みようで、まだ9時台の予約診療でした。

この分だと長時間待たされる気がしますが・・・?



視力検査では、前回よりも若干見えやすい感じです。

1.5が見えたり見えなかったり。

ただ、右眼ほどはクリアに見えないのは間違いありません。



診察は思ったよりも早く呼ばれて、11時前だったので、ほとんど時間どおりでした。

思いのほか早くて助かりました。簡単な診察だし、優先的に通してくれたんだろうか。


診察では、眼の観察だけで、特に何もなし。

視力のことについても特にコメントはありません。

目薬が切れたかどうか尋ねられたので、ちょうど貰おうとおもっていたオーハラキシン

のことを報告しておきました。

右眼については、目薬は終了となりました。

今後は左眼だけの点眼となります。



次回は仕事と病院の都合で、12月11日(土)まで日数があきます。

左眼は一気に術後3週間強になります。

目薬は左眼だけになるので、次の診察までにはなくなることはないと思うので、期間が

あいても大丈夫のようでした。



この間、視力の様子を見るに、どうやら完全に安定したようです。

右眼は1.5そのまま、非常によく見えています。

しかしながら左眼はもやがかかった状態は相変わらずで、これは単に視力が右眼より

弱いということで結論付けられます。

最終的には、右眼1.5、左眼1.0になりました、ということでしょう。

次の検査で確認してみます。

それで落ち着いたのなら、それはそれで構いません。







●2010年12月7日(火) : 銀座クリニック院長逮捕

レーシック手術の集団感染、医師を“異例”の逮捕へ 背景に「悪質性」と「重大性」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101207/crm1012070700007-n1.htm

業過致傷容疑で元院長きょうにも逮捕 レーシック手術の集団感染 警視庁
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101207/crm1012070701008-n1.htm



レーシック手術:「銀座眼科」元院長逮捕へ 業過傷害容疑
 東京都中央区の「銀座眼科」(09年4月閉鎖)で視力回復のためのレーシック手術を
受けた患者が角膜炎に感染した事件で、警視庁捜査1課と築地署は近く、元院長(49)
を業務上過失傷害容疑で取り調べる方針を固めた。容疑が固まり次第逮捕する。
捜査1課は、元院長が医療器具を十分に滅菌しないまま手術するなどずさんな衛生管理
が被害を招いたとみている。レーシック手術を巡って医療関係者が逮捕されるのは全国初
という。

 捜査関係者によると元院長は08年9月~09年1月、20~40代の患者数人にレーシック
手術を行った際、手術器具の高圧蒸気滅菌器での滅菌処理を怠ったため、患者に角膜炎
を発症させた疑いが持たれている。数人は視力も回復しなかった。

 銀座眼科では一般的な費用の半額以下の約10万円で両目を手術していた。元院長は
普段から、手術時にも帽子やマスク、手袋をしないことがあり、使い回しが禁止されている
手術器具を再使用することもあったという。

 銀座眼科を巡っては中央区保健所が09年2月、手術を受けた患者67人が角膜炎や
結膜炎を発症していたと発表。保健所に連絡した被害者はその後75人に増えた。
患者ら50人は同7月、元院長らに計1億3300万円の賠償を求めて東京地裁に提訴
するとともに、一部は傷害容疑で築地署に告訴していた。10年2月にはさらに5人が提訴
しており、請求額の合計は1億4800万円。弁護団は「被害者は100人を超える」と話して
いる。

 捜査1課は09年8月、元院長の自宅など数カ所を家宅捜索し、感染した経緯や衛生
管理体制などを調べていた。

 ◇「視力回復せず」 相談多く
 レーシック手術は目の表面にレーザーを照射して角膜の形を変え、近視を矯正する手術。
日本では80年代後半に海外から導入され、00年に厚生省(現厚生労働省)が認可した。
短時間の手術で視力が回復するとして急速に広がったが、保険は適用されず、トラブルも
報告されている。

 厚労省は保険を適用しない理由を「医療行為かどうかの議論があり、技術的な安全性
が確立されていない」と説明する。

 費用は医院によってまちまちだ。約10年前から計20万例以上の手術を手がけてきた
都内のあるクリニックでは、開院当初は両目で約60万円だった手術費が、現在は20万
~30万円程度だという。クリニックの診療部長は「患者が増え、1人あたりの手術費用が
下がった」と話す。

 国民生活センターによると、レーシック手術に関する相談は04年度は4件だったが、
08年度は19件に上り、09年度も13件あった。「目に痛みや違和感がある」「視力が
回復せず、ものがダブッてみえる」などの相談が多いという。

毎日新聞 2010年12月7日 5時00分
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101207k0000m040131000c.html




この事件は、レーシック云々よりも銀座眼科のずさんな衛生管理状態が問題である

わけで、被害者はかわいそうで仕方ありません。

安かろう悪かろうというわけにはいかないわけですが、10万円で即日手術とは、信じら

れないくらい適当ですね。

被害者も、当日手術なんてありえないことを認識不足であった部分もありますね。

眼の手術なんだし、重要性から考えて、事前の調査をするなり、慎重になるべきでしたね。

なにしろレーシックは緊急性があるものではないし、下調べする準備はあるはずなんですが・・・。

結果論だから何を言っても後の祭りではありますが。


このブログ記事を読んでいただいた方だったら大丈夫ですよね。







●2010年12月11日(土) : 術後検査(手術3週間:左眼、手術1ヶ月:右眼)

予約は遅めの11:40~。

時間的に、診察が終了してから昼食をとって帰ることになりそうです。


今日までの時点で、右眼・左眼ともに手術直後から視力に何の変化もないままです。

どうやらこのまま安定しそうですよ。


視力検査では、両目とも1.5見えているとのことでした。

ただ、実感としては、ずっと書いているとおり左眼が若干みえづらいのは間違いありません。

しかし検査技師によると、 『利き目』 があるそうで・・・。

『利き手』 と同じように、眼にも 『利き目』 があるんですってよ。

なんでもレーシックを受けた人は、どうしても右眼と左眼を見比べてしまうんですが、

普段はそういうこをしないから、かえって視力の違いが際立つのだそうです。

いやいや・・・、なんか言いくるめられてません??

眼にも個体差があるので、左右で視力が違うのはよく分かるんですが、今回はレーシック

で左右の視力をあわせていますからねえ。


医師によると、最初に右眼の手術を受けて、劇的に視力が回復して、 『うわ~い!』 と

感激がありますが、次に左眼を受けると、最初ほどの感動がなくて、 『ああ、こんなもんか』

と見え方にも満足感を得られないのだそうです。

・・・ほんとかなあ・・・。


とはいえ、私も視力はこれで確定です。

この日は両目とも1.5でしたが、実際のところは、

右眼 : 1・5
左眼 : 1.0(ただい微妙にうすぼんやり)

・ハログレアは気になるほどではない。
・手前のものが見えなくなった(老眼に近い現象)。


といったところでしょうね。


でも総じて、手術してよかったです。


次回の検査は、術後3ヶ月歩検診ということで、2011年2月19日(土)となりました。

一気に間隔が空きますねえ。





この日は、レーシック手術2回分の診断書も受け取り、保険会社へ発送しました。







●2011年2月26日(土) : 術後検査(手術3ヶ月:左眼、右眼)

今日は3ヶ月検診です。


前回の予約時には、2月19日(土)のはずだったんですが、保育園の生活発表会と

重なっていたことを失念していて、今日26日に変更しました。


朝から別の用件で二男と出かけていたので、それを済ませてそのまま病院へ移動。

早めの昼食(というより朝昼兼用)をとってから、予約時間の11時40分ちょうどくらいに

病院へ入りました。


毎度のごとく診察に遅れが出ていて、到着時にもまだ10時台の診察で、長期戦を覚悟

していたんですが、案外早めに案内されました。


視力検査では、1.5程度見えているのですが、最近の状態は、明瞭に見えても、細かい

文字は判別できないといった感覚です。


診察でそのことを訴えたところ、目が乾燥して表面に細かい傷が入っていると言われました。

ドライアイについては自覚症状がないんですが、眼がみえにくいと思ったときは乾燥

しているので、やはり目薬をこまめに差すことが必要なようです。


乾燥云々はともかく、小傷が入るのはいただけないので、仕事中にも目薬を差すように

もう1本目薬を買い足しました。


あとは特に問題ないとのことで、この3ヶ月検診をもって、レーシックの一連の診察は

終了です。


結構な回数通いましたが、それも今日で一旦区切りがつきました。




実体験で感じた“レーシック”を簡単にまとめると・・・、

風邪をひいて高熱が出たときに、薬を飲んで解熱すると、確かに熱は引くものの、違和感

がありますよね。

そういった、“薬で熱を抑え込んでいる感じ”がレーシックに近いと思います。

“レンズの屈折率を変化させた”ということは、“視力を回復する”とは根本的に違いますからね。

それこそがレーシックの本質であると、実際に手術して感じました。ご参考になれば。

ただし、それを考慮に入れても、快適であることに変わりありません。

失敗例もネット上で目にしますが、あくまで一例でしょう。手術すれば普通に快適です。

迷っている方は、まず検査。角膜が薄いと手術そのものができない場合もありますからね。

そしてできれば複数の病院で検査するのがおすすめ。私は1件だけでしたが、セカンド

オピニオンを持つことで、偏った考え方の妄信を回避できます。




これで一旦記事は終了しますが、また何か動きがあれば、その都度更新します。






purin101104-1.jpg

ありがとう、そしてさようなら。記念にとっておきます。




2010.12.16 | | コメント(2) | トラックバック(1) | 徒然

ガチャ版ライダーメダル

【2010/12/7】



『ガチャ版オーメダル2』 は、サゴーゾコンボ対応メダルの先行販売ということもあり、

極めて入手困難で、はっきり言って、私も店頭でPOP台紙すら見かけたことがありません。


そのうちサゴーゾ対応メダルは、 『オーメダルセット02』 で補完できます、というより

セットが本家なので、亜種のガチャ版はもう求心力を意味を失いました。


ライダーメダルは、一部を除いてガチャでしか入手できないものが多いです。

ガチャ1で、龍騎・ファイズ・キバ・Wが登場し、ガチャ2ではアギト・響鬼・カブト・電王が

続き、残す平成ライダーメダルは、クウガ・ブレイド・ディケイドの3体となっています。

まだラインナップが未確定であるガチャ3で出揃うことになりそうです。



さて、そのライダーメダルですが、ガチャ1は自分で回して一揃い所持しているものの、

これは本編で登場するものではない上に、ガンバライドでも使用価値が低く、ごくたまに

オーズドライバーで音声を聞く程度です。

ガチャ2についてはもちろん持ち合わせおらず、オーメダルセット02でサイ・ゴリラ・ゾウ

が手に入ったので、ずっと無視していました。


最近、計らずもガンバライドでSRがダブリまくったので、久しぶりに交換掲示板を覗くと、

オーメダルの交換レスも多く立っていました。

ガンバライドで使用できるオーメダルなので、希少性もあいまって、カードとの異種交換

が盛んに行われているようです。

もちろんオーメダル同士の交換スレもあり、ガチャ2提供ガチャ1希望もスレも目立ちました。

ガチャ1がダブッている私としては、ただ手元に余らせているよりは交換でガチャ2を

手に入れてオースキャナーで音声を聞くほうがまだマシと思い、交換することにしました。



で、揃ったガチャ2のライダーメダルが、これら。



purin101207-1.jpg

アギト・響鬼・カブト・電王

あ、ダークライダーは無視です。あくまでオースキャナーでライダー名が聞けるものだけ。

つまり平成ライダーの歴代主役ライダーですね。




ちなみに、かなり使用感があるガチャ1と合わせた状態。




purin101207-2.jpg

アギト・龍騎・ファイズ・響鬼・カブト・電王・キバ・W


この透明のトレイはオーメダルセットのものです。

そのうちオーメダルホルダーが発売されますが、今のところ、このトレイで代用してます。

廃品利用ですが、重宝してますよ。




まあ、結局は劇中に登場しない、もちろんコンボ音もないライダーメダルは、ほとんど

使うことがないんですよね。





2010.12.07 | | コメント(21) | トラックバック(0) | ライダーなりきり

MHP3初週で200万本達成、年内に300万本も見えた

【2010/12/6】



皆さん、モンハンの進行状況はいかがですか?

私はゆっくりまったりとやっておりますので、まだまだ序盤です。

なんだか、休憩なしで討伐クエを連続でこなせないんですよね。疲労感が激しいというか。

寝る間も惜しんで、というのも無理無理。

トータルのプレイ時間は24時間。それでもちょうど丸一日分には到達しています。

そして極力ネットでの情報収集をせずに進めています。

だから先々、どんなモンスターがいて、どんなクエがあるか知らないんですよ。



さて、そのMHP3は初週で200万本の販売本数を達成したそうです。

初週といっても、12月1日~5日の5日間で、今後購入予定の人も目立つようなので、

まだまだ伸びそうな感じですね。

この調子なら年内に300万本も十分あり得ますね。供給さえ追いつけば。

しかしそれでも初週255万本のポケモンBWには及びません。さすがに女子ゲーマー

も多いポケモンは別格ですねえ。



そして・・・、

『トライとは何だったのか?』

おそらくトライをプレイされた方なら必ず思われたのではないでしょうか。

水中こそないものの、ラギアやチャナに相当する新モンスターも3rdにはいるわけで、

今となっては、トライ=P3のためのベータ版だったのか、という印象です。

しかもイビルジョーとアルバトリオンはオンラインでしか出てきませんからね。

言うなれば、トライは3rdの有料体験版ですね。

もちろん、そのときは楽しかったので全然構いませんけども。

昨日、息子がポロッともらしていましたが、今現在、カプコンでトライGは開発されて

いるんだろうか?



そういえばMHP3の翌日にクライマックスヒーローズオーズが発売されたはずですが、

こちらはどうなんでしょうか。

Wii版の初期型だけは買いましたが、操作性もグラフィックもいまひとつの出来だった

んですが、その後、クラヒWを経てのクラヒオーズ、完成度は上がっているのか?

ドラゴンボールのスパーキングシリーズは、初期型、NEO、METEORすべて買いました

が、それほど明確な違いはなく、単に焼き直しの印象が強かったですが、DBもクラヒも

手がけるのはB社なので期待薄ですかね。

それでなくても今はMHP3があるし、新品を買うことはまずないと思いますが、そのうち

投売りされるようなことがあればPSP版を買ってもいいかなと思っています。





2010.12.06 | | コメント(6) | トラックバック(0) | モンスターハンター

『ちびくろサンボ』

【2010/12/3】



『ちびくろサンボ』 、皆さんもちろんご存知ですよね。


20代より上の世代の方だったら、幼少期に読まれたのではないかと思います。


しかし、推薦図書にまでなったこの 『ちびくろさんぼ』 が、一転、人種差別に当たるとして、

一斉に店頭から消えてしまったのが80年代半ば。


私も幼少期に買ってもらいました。

派生種がかなりあるみたいで、私が持っていたのは、岩波の、表紙に推薦図書の

金色の丸いシールが貼ってある本でした。


ストーリーもいろいろあるらしいいのですが、私の覚えているストーリーは1つだけ。

サンボが傘と服、長靴を買ってもらって、それらを身に着けてジャングルを進むと、

トラと遭遇。次々と現れては襲い掛かろうとするトラに、さんぼは傘、服、長靴を手放し

ます。最後に何もなくなって、トラたちがケンカを始め、互いの尻尾を追いかけ、椰子の

木の周りをぐるぐると走り回り、やがて溶けてバターになってしま、お父さんのジャンボが

バターを持ち帰り、お母さんのマンボがホットケーキを作り、さんぼが169皿も食べるという話。




数年前に復刊したと聞いていたところ、1~2年前に、孫のために、と妻の実家から

『ちびくろさんぼ』 が送られてきました。




purin101203-1.jpg


少しネットで調べてみたところ、

復刊した中にも、何種類かのパターンがあるみたいで、トラバターの話以外にもいろんな

話が掲載されている本もあるみたいです。

それどころか、アメリカで販売された原版に近いものまで発売されていて、日本版で

未発表の絵が掲載されているというのです。


それを早速ネットで注文。

届いたのがこちら。





purin101203-2.jpg

しかし大雨の中、夜遅くに配達されたようで、朝一で新聞を取りに行ったところ、

梱包材がズブ濡れで綻びていました。本はビニール包装なしです。

少しよれていますが、でもなんとか大丈夫だったみたい。

養生不足で発送するアマゾン、雨で濡れる状態で投函した佐川、テメーラ最悪だ!




それはそれとして・・・、

表紙のデザインからして、全然違いますね。

サンボの絵こそ見覚えがあるものの、バックの色遣いはまったく別物です。

さらに言えば、本の形状からして違っています。





purin101203-3.jpg

ブックカバーを外した状態。

まさしく原版という感じですが、アルファベットの文字が日本語よりもシュールですね。



内容は、基本的に瑞雲舎(岩波版)と同じ。

原版に近いものなので、見開きが日本版とは逆で、左からとなります。

そして文字列も日本版が縦書きに対して、原版は横書き。当たり前ですね。

サンボの名前がひらがなとカタカナの違いもあります。


絵そのものも、色合いがクリアで、他の日本版が焼き直しされていたことがよく分かります。

色のズレも修正せずにあえてそのまま掲載したとのことです。

絵の種類も増えていて、絵も大きくてより絵本の印象が強くなっています。


価格は、瑞雲舎版が1,050円に対して、径書房版は840円。

これはオトクです。



『ちびくろサンボ』 については前述どおり、トラバターが強烈に記憶に残っているくらいで、

人種差別を連想することなんてまったくなかったわけで、今更ながら、一時の絶版扱い

は理解できません。

これはぜひ子供に渡したい1冊です。





2010.12.03 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 徒然

MHP3、初期インスピ

【2010/12/2】



昨日から始めたMHP3、寝る間も惜しんでやりこんでいる、というわけではないので、

まだプレイ時間は3時間程度なんですが、この初期段階で気がついたことを徒然で

書いてみました。





ドスジャギィとか、トライ組のモンスターは異様に小さく感じます。

やはりTV画面とは歴然とした違いがあるんですねえ。


Pシリーズ出身モンスターや、P3で新規で登場したアオアシラなんかは全然大きさに

違和感を感じませんから。


アオアシラといえば、当初からドスランポス的な位置づけのモンスターと予想していました。

まあ、予想どおりではあったわけですが、それにしても弱すぎですね。

トライで戦い慣れているドスジャギィのほうが強く感じたくらいです。


もしかして、P2Gよりも難易度が下がっているのか・・・?


オトモアイルーが2匹に増えたので、てっきりモンスターの強さが増しているのかと

思いましたが、まだ序盤も序盤とはいうものの、そんな気配は感じられません。




画像はP2Gよりも向上していますね。よくぞここまでやった、という印象です。




キャラの動きはP2Gよりもトライに近づきました。かなりスムーズです。

壁際のカメラも改良されているし、コントローラ操作に反応する確度は向上されている

と思われます。




息子の 『ぽかぽかアイルー村』 のセーブデータを借りて特典を受け取ったところ、

レベル4のオトモアイルーでした。

初期にねこばあからスカウトできるオトモアイルーは最大レベル3ですが、特典の

オトモアイルーはレベル4です。

まあ、だからといって、序盤のクエストが有利に進むなんてことはないわけで、当初の

噂どおり、たいした特典ではありませんでしたね。




ダウンロードクエストも多そうだし、これから長い間楽しめそうです。

でも何百時間、何千時間も費やすことを考えると、あらためて恐ろしいですね。

学生時代はゲームに熱中しすぎて時間の浪費を後悔したものですが、この年齢になると

そういった感覚は薄れてしまいますね。

仕事に行って帰って寝て、日々同じことの繰り返しだからだろうなあ。


歳をとるほど時間の流れが速いといいますが、例えば同じ1年でも40歳の1年は人生の

1/40ですが、4歳の幼児の1年は人生の1/4であり、40歳に当てはめると1/4

すなわち16年分の体感時間に相当する、という話を過去に聞いて、妙に納得した記憶

があります。


やはり中高生時代にゲームに費やした時間と、30代のそれとでは全然違うんですよね。





2010.12.02 | | コメント(2) | トラックバック(0) | モンスターハンター

『モンスターハンターポータブル3rd』 発売

【2010/12/1】



purin101201-1.jpg

いよいよ、満を持しての発売です、 『モンスターハンターポータブル3rd』

発表から半年、ついに発売日を迎えました。



2ヶ月前にはどこも予約終了で、プレ値が付いていたりしましたが、ちょうど1週間前に

再放流されてその現象も落ち着きました。


はっきりいやあ、転売屋に大打撃ですよ。まったくもって痛快のこの上なし。

一般人で多めに予約を取った人は、キャンセルできなきゃ大変なことになりますね。

それよりもプレ値が崩れたこと、直前の予約ができた人がいてよかったと思いますよ。


会社の後輩が出遅れていて困っていましたが、最近の情報を教えたら喜んでいました。


まさにカプコン、GJと言わざるをえません。


こういう風に、消費者のためになるやり方をすれば実名で記事に載せるのですが、

いつも頭文字だけのB社も少しは見習えよといいたいです。

B社の実名で記事にしたのなんて、ほんの数えるほどもないと思います。


前から消費者のことを第一にする社風が感じさせられるカプコンは、やっぱり裏切り

ません。好きな会社だなあ。


この調子なら、今日の発売日に手に入れられなくても、1週間以内には確実に入手でき

ますよ。つい先ごろのポケモンブラック&ホワイトがまさにそうでした。

今日手に入れられなかった方も、焦ってオークションで定価以上に買われませんように。




さて、そのモンハン。

私のモンハン歴は極めて浅く、WiiのMHGから始めて、トライ、そしてP2Gへ回帰して、

今に至るという、まだ1年半ほどの新人ハンターでございます。



MHP3については、6月のTGSからリアルタイムに情報を追いかけていただけに、

ついに発売日を迎えて感無量ですよ。



9月15日に、私と長男の分2本を大手家電販売店で店頭予約をして、その時点で予約

番号31番目、32番目でした。最終的に何本まで伸びたんでしょうかね。

予約時には不明だった価格は、割引含め、2本で9,460円でした。

長男の分は、クリスマスプレゼント用なので、しばらくお預けです。

購入しました。

先のポケモンBWのときは、昼過ぎまで予約引き換えの行列ができていましたが、

それは土曜日だったという要素も大きいでしょう。

今日は水曜日ですので仕事帰りに買いに行ったので、さすがに長蛇の行列はありませんでしたが、

同じように夕方以降の引き換えの人も目立ったし、それ以外にもPSP本体を購入する中学生、

PS3本体を購入するサラリーマン、DSソフトを購入する主婦、などなど。

平日の夜とは思えない賑わいでしたね。

ちなみに店舗が通勤とはまったくの反対方向なので面倒でした。


とはいえ、予約なしの当日購入は、発売日の今日が平日なので最初から無理なのは

分かっていました。

通販購入も考えましたが、到着時間が読めないこともまるし、万一当日に届かない可能性

や、当日配送が多くて遅れる可能性、最悪の場合キャンセル扱いも考えなくてはいけない

リスクがあるので、最も安全と思われるのは、店頭予約だろうという判断です。

店舗へ出向くのは面倒ですが、確実に当日入手が可能な点が最大のメリットですね。




帰宅後、早速プレイ開始です。

私のPSPに、MHP2G以外のUMDが装填されるのは初めてですよ。


段階的に公開されてきたプロモムービーで、おおまかには登場モンスターは分かって

いるんですけど、新参モンスターの動きは非常に気になるところですね。

また、初見殺しモンスがいるのかな・・・?



開始直後なので、さすがに今日のところは具体的なレビューは全然書けないんですが、

もちろん皆さんのほうが先輩ハンターなので、今後ぜひ小ネタや攻略ポイントなど、

ご教授くださいませ。


今日からまた長い狩猟生活が始まります。

正月休みは無駄な金を遣わなくていいですよ。

その代わり正月太りするかも・・・。




昨日から、イーカプコンとプレミアムバンダイで、モンスターハナー花札 『狩札』 が予約

販売開始されています。

価格は2,625円。

おまけの札が1枚付属しており、イーカプとプレバンでデザインが違います。

魅力的な商品ですが、我が家では以前に買った、 『鬼太郎花札』 のデザインが秀逸で

気に入ってますので、それで十分ということで今回は買いません。





2010.12.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | モンスターハンター

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。