W爆烈インパクトが盛況していたそうです

【7/31】



夏休みたけなわ、


昨日、妻の買い物ついでに長男がゲームコーナーでドラゴンボールをプレイしようと

向かったところ、5台の筐体すべてに子供がゲームしていて、長男本人も並んで待った

とのこと。


子供はずっと休みなのは分かりますが、最近にない話で、私も声を裏返して聞き返し

ました。


『ホンマか!?』


大型SC自体の客の入りも相当なものだったらしいですが、それにしても夏休みとはいえ

ACG斜陽のこのご時世、平日の昼間から筐体に列を作るってのは少し驚きです。

長男は2クレキラなしだったそうです。


・・・W2弾はいまだにレアノーマルを5、6種類しか所持していません。

長男が遊んだ分のみ。

オクでセット買いを狙っているのですが、さすがにタマ数が少ないようで、なかなか価格が

落ちてきません。

3弾になるまで待とうか・・・。


W2弾をコンプした、というブロガーさんの記事をまったく見ませんが、実際のところは

どうなんでしょう?

私としては稼働率はかなり落ち込んでいると見ていたのですが、昨日の盛況ぶりを見ると、

底力を感じてしまうのです。


とはいえ、W爆烈インパクト以降、すべてを一旦リセットして、バーストリミットにROMを

変更する以外に生き残る道はありません。





2008.07.31 | | コメント(6) | トラックバック(0) | ドラゴンボールDCD

第3回ちいさなメダルキャンペーン、ようやく到着

【7/30】



purin080729-1.jpg

いつになったら届くんだろうかと不安に駆られていた、 『DQMB第3回ちいさなメダルキャン

ペーン交換品』
が、昨日ようやく届きました。


4章~6章はほとんどやりこんでいなかったため、メダル付きカード集めにも往生しました

が、発送期限ギリギリまで粘って、友人の協力もあり、なんとか魔王3枚分は間に合いました。


戦闘時のテーマソングがボス戦に変更になるだけというのが微妙すぎますが、

やはり絵柄がかっこいいものですからなんとか入手しておきたかったわけです。

応募された大多数の方はそういう考えではないかと推察します。

無論、一度試せばあとはコレクションと化すことは目に見えています。


でも、まさかのキラ加工には驚きました。

パッケージを開封したときにはそのきらびやかさに目を疑い、直後にニンマリしちゃいま

したよ。やるな、スクエニ。

もうひとついうと、直後にB社との格差を感じたわけですが・・・。


そういえばこのキャンペーン、応募分を最後の最後に発送したから届くのも遅かった

わけですね。納得。

スクエニのキャンペーンでこんなに遅れたことは初めてでしたけど、考えたら自分の

責任でした。スマソ、スクエニ。



錬金キャンペーンはボスキャラコンプしますが、ちいさなメダルキャンペーンは毎度

枚数が足りないので、前回、前々回とも1/800SPの1枚しか申し込めませんでした。

つまり30枚。

その私が90枚もよく集めたもんだ・・・。



さて、次のメダルキャンペーンにもボスキャラが交換品に含まれるかな?

Ⅱへ移行前に始まればゾーマだけか。。。


・・・光の玉やロトの紋章分もあるし、また90枚コースかあ!?





2008.07.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | DQMB

S.I.C42仮面ライダー電王&モモタロスイマジン

【7/29】



purin080728-1.jpg

旅行中に届いたようで、ポストに不在者票が入っていました。

早速次の日に配達してもらいました。


予約では瞬殺だったこのSICですが、限定品ではないため、一応店頭購入も可能です

ですが、当日の競争率は高かったんじゃないかと推察します。


購入者特典として、 『ダイキャスト製モモタロスォード』 が付属していました。

予約時にはそんな情報はなかったので、うれしい特典です。



SIC電王は一目見て気に入ったわけですが、その後いつもお世話になっているNさんに

お礼として差し上げようと考えました。

そして昨日、本人不在でしたが届けてきました。電話で驚いていましたが・・・。



B社の手にある商品は魅力のあるものが多いのですが、いつも尻切れトンボになって

しまうので、コレクション向きではありません。必ず裏切られます。

ガチャやDCDをはじめとしたヒット商品でさえも同じ扱いですから、もう辟易しています。

やはりコンプを目指すよりは好きな1品を押さえるほうが賢明でしょう。


私などまだまだ足元にも及ばないコレクターの方は本当にすごいと思いますが、

その一方で気の毒で仕方ありません。



ああ、来月はすでにコンプしているマスコレ1弾、9月はイマジンマスコレが届くんだった・・・。





2008.07.29 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 仮面ライダー

旅行帰り

【7/27】



purin080727-1.jpg

purin080726-1.jpg

島帰りのpurinです。

ううっ!!全身日焼けで痛てぇ~~!!!


明日くらいから皮がむけむけ、そしてシミにあんるんだろうな・・・。



まあ、なんといっても晴天、好天、ピーカンってやつですよ。

・・・古っ!寒けがした。


一番下の子は初の海でしたが、思ったよりもはしゃいでいたし、しまいには浮輪の上で寝る始末。

十分に堪能したんじゃないかと思います。


最近、子供の水泳補習の訓練のために近所のプールに私も通っていただけに、

あまり疲れも出ず、体調はすこぶる良好です。

ただ、やはり日焼けが・・・。日焼け止めを塗っても、やっぱりダメですねえ。






2008.07.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然

真夏にクリスマス

【7/26】



purinDRAGON BALL DS

先日購入したVジャンプに、DSソフト 『ドラゴンボールDS』 の発売日が

9月18日と正式に発表されていました。


それを見た長男、


『今年はサンタさんにこれもらうんや。』


と早くもクリスマスプレゼントに照準を合わせていました。

気も早いけど、このクソ暑いのにサンタさんなんていってもピンと来ませんよ。


そういえばここ3年、クリスマスはDSがらみです。


1年目はDS本体、


2年目は舞空烈戦、


3年目は遥かなる悟空伝説、


・・・そして今年の無印で4年連続ですか。




さらにいえば誕生日プレゼントは2年連続で稼動直後の悟空の爆レアでした。


本音はPS3とバーストリミットが欲しかったようです。



どこまでドラゴンボ-ル好きだよ一体。




※この記事は3日前に予約したものです。

今現在は旅行中です。







2008.07.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

ちょこっと旅行へ

【7/25】



明日から1泊2日で旅行に行ってきます。

フェリーで小豆島です。

激烈に暑いので、少しは避暑になれると思います・・・。


大学時代に小豆島の友人がいて、帰省のたびに 『もろみ』 を土産にもらったのを思い出し

ます。

当時は好物でもなんでもありませんでしたが、歳を取るにつれおいしく感じるのが不思議

ですね。


小豆島で醤油以外に思いつくのは、24の瞳、オリーブ・・・くらいかなあ。


名産品はともかく、まずは海水浴ですよ、海水浴!


旅館は食事が売りのようですから、それも楽しみで。


結構時間があるので、向こうでW爆烈2弾見つけたらやってみますよ。

旅行先はなかなか好成績なんで!

つい先日長男が初ゲームしてきたそうです。でもスキャナーの故障でスキャンできず、

結局5クレでキラなしで帰ってきました。


ではでは、また帰宅後にご報告致します。

・・・って、小豆島に筐体なんてあるの?

むしろ筐体を設置しているゲーセンや大型SCってあるの??が正しいか。





2008.07.25 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然

ドラクエ5はDS版でどう変わった?

【7/24】



DS版 『ドラゴンクエストV』 が発売されてから、1週間が経過したわけですが、

DSソフト売り上げ速報では 『IV』 を上回る42万本(初週62万本)だったということ、

ソフトメーカーでは初となるマジコン対策のプロテクトを施した、でもあっさり破られた、

など話題は多かったと思います。


さすがに3回目のリメイクともなるとコツを掴んでいますし、難なくクリアできました。


さてここでDS版の特徴といいますか、変更点を述べていこうと思います。

微妙なネタバレがありますので、今後まったく白紙の状態でゲームしたい方はスルー

してください。




例によって箇条書き+コメントで・・・。


1.新キャラ追加 『デボラ』

『V』 の目玉である結婚相手の選択が、ビアンカ、フローラの二択から、デボラを加えた

三択になったのが最大の売りです。

ドSに近いツンデレ系のデボラですが、普通にストーリー重視で進めるとまず選ぶ気に

なりません。リメイクでなければ間違いなく選ばなかったでしょう。

初めて 『V』 をプレイする方は、M属性でない限り避けた方が賢明です。

キャラの性格もさることながら、どうしても後付け感を否めません。

しかしながらパーティの一員としてはビアンカ、フロラよりも断然優れており、非常に

使えます。

特に特筆すべきはその攻撃力です。

やはやぶさの剣、まじんのかなづち、奇跡の剣、グリンガムの鞭など属性無視で最強

武器が装備できるほか、ちからの上がり方も戦士級で、MAXレベルのことには200を

超えてきます。

防具はプリンセスローブ、おうごんのティアラという耐性アップに加え、序盤に買える

フラワーパラソルがそのまま最強盾となります。

それ以外の専用武器も序盤では重宝し、さすがは新キャラ待遇、至れり尽くせりです。

すばやさもMAXでHP・MPもビアンカ、フローラ同様に500まで上がります。

なんだかんだいっても直接攻撃がものをいうドラクエにおいてデボラの能力はかなり

有効です。


2.新キャラ追加 『アークデーモン』

ストーリー後半、王者のマントが眠る封印の洞窟の再地階以外に出現し、仲間になる

モンスターです。

ただ、最終的な強さ、耐性は中途半端で、積極的にパーティに入れるのは二の足を

踏みます。

他に主だった仲間キャラがいないのなら入れておいてもいいとは思いますが、これなら

多くの武器を装備可能なスライムナイトを複数入れておいた方がまだマシです。

一応レベル99まで上がりますが、 『V』 では初登場という目新しさだけのものでしょう。

色合いが若干紫っぽくなり、ピンクよりも重厚な感じがしてグラフィックは○です。


3.新キャラ追加 『プリズニャン』

『VIII』 で登場したプリズニャンが 『V』 でも登場です。

魔物のくせに愛嬌を振りまく様が人気のこのモンスター。

レベル99まで上がるし、ちから・すばやさ200↑、HP500↑とステータスは申し分ない

のですが、残念ながら主だった特徴はなく、仲間になっても、序盤はともかく中盤以降は

主に馬車の中で待機組となり、レギュラー参戦させるには至りませんでした。

新モンスターはこの2種だけですから、さすがに物足りないですね。


4.ミニゲーム 『スライムタッチ』

サラボナの町のルドマン屋敷の3階、デボラの部屋に設置してあるミニゲームです。

もぐらたたきのスライム版で、強いスライムになるほど得点・減点が多くなります。

一定の得点を得るとアイテムを貰えます。

このミニゲーム時のミュージックが、すぎやまこういちの新曲だそうです。

スピード感のある曲ですが、あまり頭に残りません。

ゲーム自体も単なるもぐらたたきなので、たいして面白いものではありません。


5.中断セーブ機能の追加

このシステムは 『IV』 から継続ですが、あえて挙げました。

簡単にいえば教会でお祈りする必要なくゲームを中断できるシステムです。城・街・

村や一部を除くダンジョンでは中断できませんが、それ以外だったらいつでもやめる

ことができるので非常に便利です。

DSのフタを閉じれば本当に意味で中断できますが、中断セーブは電源OFFが可能

なのが美点です。

しかし中断セーブでやめたのに冒険のつづきからを選ぶとデータが消えるため注意が

必要です。
中断セーブと冒険のつづきはデータが別々保管ですので、間違えないよう

にしなければいけません。

ミスしないためにも中断セーブならそればかりで慣れておく方が賢明でしょう。

実は私、 『IV』 でこのシステムを使っていたのですが、ある日中断セーブデータが消えて

ひどい目に遭ったことがありますので、私は面倒でもいちいち教会でセーブするようにして

います。



大きいところでは以上でしょうか。

細かい小変更はたくさんありますが、基本はまったくといっていいほど変わっていません。

マップが全体的に小さくなったので、移動が非常に快適です。ですが逆にストーリーが

短くなった気がします。

テンポよく進んでいくので、経験者なら楽々クリアできることでしょう。



先日のレビューとあわせ、参考にしていただけたら幸いです。





2008.07.24 | | コメント(4) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

まだ見ぬ!?W爆烈2弾

【7/23】



W爆烈2弾が稼動したというのに、このところDSソフトの記事ばかりで自分でもどうなって

んだ!?とツッコミたくなります。

このブログの趣旨はカードじゃなかったっけ!?

気持ちの上では今でもカードがメインなのですが・・・。



そのW爆烈2弾ですが、・・・実は・・・現在のところコインの投入数はゼロ!ゼロ!


明日で稼動して1週間が経とうというのに、この状態は一体なんだ!?

ドラゴンボールデータカードをはじめてから、こんなことは初めてです。まさに異常事態。


理由は二つ。


1.初日のレンコができなかった。

これは言えてます。1弾のときと同様、パック頭にインパクトレアが潜んでいるという情報が

多い中、パック途中からのレンコなんて恐ろしくてできません。

キラ封入率も低いままの状態ですし、禁・爆以外は出てもうれしくないカードのオンパレード。

これだけでレンコの二の足を踏む理由としては十分ですが・・・。


2.DS 『ドラゴンクエストV』 の発売日とかぶった。

一度やりこんだら食事・寝る間も惜しんでのめり込む私ですから、先週末、自分の時間は

すべてDQVに費やしました。

おかげでクリアしましたが、だからといって、日数を経てさらに冷え込んだ筐体を前に

レンコする気になれません。


ちなみにオクでは、フルセットで15000円程度。

150K分レンコしても出てくるキラカードはせいぜい5~6枚。

どうせフルコンプは必須ですから、今度という今度はまとめてオク買いするかもしれません。

近々、ブログで買っちゃいました報告をするかも・・・。


でも、長男は自力排出を狙っているんですよね~。。。インパクトレア破壊王子の。


爆烈6弾、爆烈PE、W爆烈1弾と連続でシークレットの排出を目の当たりにしている

だけに仕方のないことかもしれませんが、・・・しかしここはガマンしてもらいましょう。


それより早くゲームレビューをしたいんですけどね。。。





2008.07.23 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ドラゴンボールDCD

DS 『こころに染みる毛筆で書く相田みつをDS』

【7/22】



こころに染みる毛筆で書く相田みつをDS

NINTENDO DSソフト 『こころに染みる毛筆で書く相田みつをDS』 について・・・、


ここのところ秀逸ぞろいだったDSソフトレビューですが、それも本日で費えます。


まあどんなソフトかと思いきや、相田みつをの作品を書写していくだけというもの。

しかも毛筆で書く、って書道の有段者が書いても絶対上手に書けないことうけあい。

さらにどんどん書いていかないことには新しい相田の作品が登場してくれません。


特に書写が上手になるわけでもなく、点数制度でもない、ちょっとした我慢比べに

似ています。

私がプレイした分は、まだまだ触り程度だったとは思いますが、少しのプレイでここまで

幻滅させるゲームも珍しい。二度とスイッチをオンしないでしょう。

こういう一風変わったタイトルは、DSでは秀作が多い中、このゲームは名ばかりの

見掛け倒しです。オススメできません。つーか、普通の人は買わないでしょうけど。


まだまだ人生の修行の足らない私には、このゲームのよさがまったく理解できませんでした。

なぜこのゲームを選んだか?そりゃあ、相田みつをはいいこと書きますもん。

相田みつをには共感できるのですが、肝心のゲームが・・・。

何しろ最初から作品を堪能することができないのですから、これではみつをも浮かばれ

ないのでは?と感じました。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・4
コンセプト・・・・3
ハマリ度・・・・・2
持続度・・・・・・2
総合面白さ・・・2
お買い得度・・・2






2008.07.22 | | コメント(2) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『わたしのリラックマ』

【7/21】



わたしのリラックマ

NINTENDO DSソフト 『わたしのリラックマ』 について・・・、


リラックマといえばサンエックスを代表するマスコットで、登場以来、人々の心を捉え続け

ているのはご存知のとおりで、私purinも常に動向に注目しています。

このソフトの発売自体は昨年ですが、さてこのヒーリングキャラをどうゲームの素材と

するのか?興味あるところです。



ゲームを開始するも、まず目的が不明確です。

一応、眺めて触って、ということですが、ある意味終わりがありません。

ある一定条件を満たせばスタッフロールが流れますが、それで終わりというものでも

ないようです。


部屋にリラックマがやってきた、という設定で、リラックマに構うことでポイントが加算され

ます。リラックマとのやりとりで減算されることは一切ありません。

ポイントごとにショップでアイテムを購入することができ、それを部屋に設置すると、

リラックマがアイテムで遊びだします。

コリラックマやキイロイトリもやってきて思わず噴出すズッコケ遊びをしたりしますから、

それがまたほほえましく、癒される気分になります。


時間軸は現在時刻と同様、季節もプレイ時期と合致させるシステムのようで、窓からの

景色やショップ販売アイテムも季節によって変化する懲りよう。

DS側で季節調整すれば瞬時に春夏秋冬を楽しめますが、このゲームでそれは野暮

というものでしょう。


キャッチフレーズにもあるように、確かに見ているだけで癒されます。

文字通りゴロゴロダラダラする様がなんともいえません。


こういうゲームは今までにない非常に斬新なもので、リラックマという素材の生かし方

としては絶妙すぎます。


リラックマに合うゲーム作りの結果なのか、構想の上にリラックマを載せたのかは分かり

ませんが、開発陣のGJな仕事ぶりに拍手を送りたいできばえです。


いろんなゲームが市場にあふれる中、難易度が高いゲームをプレイすることで達成感

よりも逆にストレスが溜まることも少なくないと思います。

そういうときに精神安定剤代わりにこのゲーム。すごく癒されて、気分が落ち着きます。


一日の終わりにはこのゲームで締めることを日課にすれば、毎日平和、メンタルケアに

いいかもしれません。


疲れた心と体にこの1本!オススメです。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・4
コンセプト・・・・5
ハマリ度・・・・・3
持続度・・・・・・3
総合面白さ・・・3
お買い得度・・・4

※長男も面白いと評価していました。





2008.07.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『君のためなら死ねる』

【7/20】



君のためなら死ねる

NINTENDO DSソフト 『君のためなら死ねる』 について・・・、


ジャケットからして不穏な空気が見て取れるこのゲーム。

電源をONすると、SEGAの文字とマスコットのソニックが登場。そのままタイトル画面へ。


もうジャケットそのままのタイトル画面ですよ。 『君のためなら死ねる』 。


素直にゲームを進めますと、どうもプレイヤー(男)が 『君』 に一目ぼれ、次々に迫り来る

ありえない障害をクリアしていくと好感度がアップしていくという・・・。

タイトルの画像そのままで、人物は影しかありません。それが逆に想像力をかきたて、

ついつい先にゲームを進めてしまうのかも知れません。


オプション設定で日本語と英語が選べるこのゲームは、日本のゲームの英語版という

よりは、むしろ世界戦略ゲームの日本語版という表現が正解でしょう。

アメリカ漫画に似たグラフィック、ファンキーなBGM、アメリカンユーモアのセンスどれを

取っても軽いノリで、日本的なそれとは明らかに一線を画しています。


しかしゲーム内容はとても世界戦略とは呼べないバカバカしさ。・・・でも面白い。


・飲み込んだ金魚の取り出し

・タッチペンによる牛退治

・テンキー入力によるパラシュート開放



・・・何を書いてんだ!って感じでしょ?

でも文字で表現すると、こんなわけの分からない内容になるんです。やってみれば

分かるのですが。

このゲームは・・・、ミニゲームは子供でも十分楽しめますが・・・、

まあタイトルから想像できる年齢層でしょうね。20歳前後の男性。

あまりゲームをやらない年代ですが、やってもPSPとか。DSでそこにぶつけるのは

多少無謀かも。


もう一度言います。バカバカしさが面白いゲームです。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・4
コンセプト・・・・3
ハマリ度・・・・・3
持続度・・・・・・3
総合面白さ・・・3
お買い得度・・・3

※うむむ、案外高評価。





2008.07.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『ぼくらのテレビゲーム検定』

【7/19】



ぼくらのテレビゲーム検定

NINTENDO DSソフト 『ぼくらのテレビゲーム検定』 について・・・、


ゲームのタイトルから推測されるのは、過去の名作ゲームに対する設問が500問用意

されており、それを順次解いていくのかな、ということ。

そんなくだらないゲームなんてネットのYahoo検定で十分だろう、と思ってゲームを開始

すると・・・、


やっぱり違いました。当然ですが。


『うでだめし』 という表現がかなり微妙だと感じていたのですが、

これはズバリ、発売元であるナムコの 『名作』 ゲームのさわりだけを集めたものでした。

これはこれで面白い!昔の雰囲気を思い出すにはこれが一番いい方法かも知れません。


連日、過去のゲームを中心にレビューしていますが、どうせ全クリ目指すわけではない

ため、ハッキリ言って宝の持ちぐされ。

それならいっそ、こういう部分的寄せ集めスタイルの方がお得ですよね。

なかなか斬新な視点で開発費を抑えたゲームを出してきたものです。


アクション、アドバンチャー、ロールプレイング等のゲームを、ランクによって難易度が

変化する条件をクリアしていくゲームです。

条件をパッと読んで、すぐに対応できたら、あなたは根っからのゲーマー。

『Aでジャンプ、Bでミサイル、十字キーで方向。敵を3体退治せよ。』

なんて、すぐに指が動きませんよ。

でも昔プレイしていたゲームなら問題なく対応できてしまうから面白いんですよね~。


もう完全に昔の子供向けゲームです。

新しいゲームの形でしょうが、通用するのはごく狭い範囲です。

メーカーとしても、売り上げ本数をさほど見込んでいるとはいえないゲームでしょう。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・2
コンセプト・・・・4
ハマリ度・・・・・3
持続度・・・・・・3
総合面白さ・・・3
お買い得度・・・3

※点数は普通だなあ。





2008.07.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『ドラゴンクエストV』

【7/18】



purindragonquestVDS.jpg

NINTENDO DSソフト 『ドラゴンクエストV』 について・・・、


いよいよ発売となった 『天空3部作』 の2作目です。

『IV』 からDSで順次リニューアルしていくという宣伝手法は期待感を向上させ、購買意欲

をそそりますね。その戦略はなかなかのものです。

さらに 『V』 から 『VI』 の間に新作の 『IX』 を挟むであろうということも興味深いです。

まあこれは発売が2007年から1年延期になった末の結果論ですが。


さて 『V』 はナンバリングタイトルがファミコンからスーパーファミコンへ移行した初めて

の作品で、その後PS2でリニューアル、今回のDSで3回目の登場となるわけですが、

PS2からの移植は異例といえるでしょう。

ビアンカか、フローラか、嫁選びの 『究極の決断』 が後のストーリーに影響するという

試みが新鮮で、家族愛的ストーリーにも共感するファンが多い作品ですね。


私個人的にはロトシリーズに代表される、とにかくラスボス退治優先の古風なストーリーが

好みなので、この 『V』 はさほど好きなタイトルでもありません。

とはいいながら、しっかりと先の2作はプレイしましたけどね。


いまさらゲーム性については言うに及ばず、完成度は初期SFCの時点で完璧でした。

PS2では巨大な隠しダンジョンや名産品博物館、仲間モンスターの追加等がありました。

DS版ではさらにフローラの姉設定の新(ツンデレ)キャラクター 『デボラ』 の登場で、

目玉の花嫁選びが2択から3択になったことや、ミニゲームにもシリーズ初となるタッチ

ペンを使用するスライムもぐらたたきゲームの登場などの追加要素があります。

スクエニのことですから、この他にもさらに隠し玉を持っていそうで、期待できます。


まんまとデボラとの結婚を選びましたが、システム自体はPS2版との大きな違いはありません。

操作性はほとんどDS版 『IV』 と同じですので、DS版 『IV』 経験者ならまったく違和感

なくプレイできると思います。

ドラクエは裏切らないという安心感が格の違いを感じさせますね。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・2
コンセプト・・・・4
ハマリ度・・・・・4
持続度・・・・・・5
総合面白さ・・・4
お買い得度・・・4

※でも、最も楽しめるのは 『V』 未経験者。





2008.07.18 | | コメント(0) | トラックバック(1) | PC、ゲーム

W爆烈2弾稼動

【7/17】



purin116-4.jpg
(画像は単なる景気づけです。手に入れたわけではありません。)



さて本日はいわずと知れたドラゴンボールZ W爆烈インパクト2弾稼働日です。


・・・いわずと知れた?

忘れてた?

興味ない?ああ、そうですか。


平日ということもあり、本日はまったく手出しできませんでした。

・・・が!


今回のラインナップで、 『これは欲しい!』 と強く希望するカードがありません。

あえていうなら、インパクトレアの破壊王子か、爆レア2種くらいでしょうか。

タッグレアの三星龍・四星龍なんて、むしろいりません。


あえて欲しいのがシクレ・爆レアではレンコするには厳しすぎますよね~。二の足を踏ま

ざるを得ません。


いつもだいたいレアノーマルくらいをコンプする程度のレンコはしますが、今回はそれ

すらも危ういかもしれません。


おそらく週末にはプチレンコするとは思いますが、私ですらここまでやる気が起こらない

とすればもういよいよ終焉でしょうか。

長男はインパクトレア破壊王子が欲しいらしいですが、かつて龍レアのゴジータを狙った

ときのような、本気で自力排出する気力はもうないようです。


パック頭がアツイ気がしますし、その機会すら逃してしまったので、おとなしくするほうが

賢明というものでしょう。

とはいえ、コンプすることは目標ですから、オクでなんとか買い集めたいと思います。



本日7/17は、DSドラゴンクエストVの発売日でもありますので、それに時間を取られ

ていますし、私ならずともW爆烈2弾から遠ざかる人は多いはず。


DCDドラゴンボールもいよいよ危機的局面を迎えるのか?

あと2週間もすれば体勢は判明するでしょう。




どうやら2弾の封入率も1弾と同じく、かなり低いようです。

1弾ではそれについて賛否両論ありましたが、2弾でも継続を選択したB社。

これが吉と出るか凶と出るか。


あ、もうそんな状況じゃない?


でも赤字にならない限り撤退はないでしょうけどね。





2008.07.17 | | コメント(3) | トラックバック(0) | ドラゴンボールDCD

DS 『Ridge Racer』

【7/16】



Ridge Racer

NINTENDO DSソフト 『Ridge Racer』 について・・・、


リッジレーサーといえば、いわずと知れたナムコのレーシングゲームの最高傑作です。

アーケード版では長らく 『ファイナルラップ』 がレーシングゲームの代名詞的存在だった

のですが、リッジレーサーが登場して一気にその座を奪い取りました。

実際、私も学生当時はこのリッジレーサーだけはトコトンやり込みました!

Ridge Racer → Ridge Racer2 → Rave Racer とゲームが進化する

間に、少なくとも100Kは突っ込んだと思います。

リッジレーサーはシートが多彩で、バケットシート固定のものもあれば前後にスライド調整

可能な分割シートもありました。

またシフトゲージも一様でなく、UP/DOWNのみのセミオートマ仕様と、ゲート式6速

シフトゲージ仕様もありました。

いずれもクラッチは付いてはいるものの機能はせず、単なる飾りでした。


そしてなんといっても特筆すべきはそのゲーム性です。鳥瞰タイプの2D仕様が長らく

続いたアーケードレーシングゲームを、3D仕様の採用で打破した 『ファイナルラップ』

に対して、 『リッジレーサー』 も同様に3Dを採用していますが、もはや異次元ともいえる

美しいグラフィックもさることながら、操作性の尋常でないスムーズさが驚異的で、最新鋭

ゲームの登場に新時代の幕開けを予感したものです。バケットシートの両側のスピーカー

から聞こえるDJ風音声やヘリコプターの音もその気にさせる演出でした。

ユニットごと購入を本気で考えた時期もありましたが、さすがに600Kはつらいものが

あり断念しました。



その 『リッジレーサー』 の快進撃はその後も続きます。

ご存知、ソニー 『プレイステーション(1)』 新発売時の目玉ソフトとして初の家庭用ゲーム

ソフト化を果たし、PS初期の販売戦略のきりもみ隊長の役を見事に果たしました。


さすがにアーケード版ほどのスケールはないものの、限られたTVサイズの中でよく

再現されていましたし、目玉ソフトにふさわしい1本だったと思います。



そこにきてDS版ですが、これは実は北米のみの販売で、現段階では日本仕様という

ものは存在しません。

もちろん文字がすべて英語なだけでゲーム性には影響ありません。もともと文字をあまり

必要としないゲームだし、カーレース自体が欧米発祥ですから、何の違和感もなくプレイ

できます。逆に雰囲気がよく出ているのが○かも知れませんね。


DS版はまんまPS版をさらにデチューンしたものです。

さすがに狭いDS画面内では見づらい部分も多く、マリオカートのようなアニメ基調なら

まだしもリッジレーサーは写実的なグラフィックが売りですから、少々厳しいものが

あります。

またハンドリング、というか十字キーのレスポンスが良すぎて、慣れるのに時間がかかり

ます。

アーケード版はPS版ではハンドルやデュアルショックに振動が加わって出ていた雰囲気

が、バイブレータ機能のないDS版では再現できていないところが最もネックでしょう。

ドリフト走行の気持ち良さは、バイブレータ機能があってこそ体感できるものですから。


しかしながらレーシングゲームの基礎がしっかりしたゲームであることは間違いなく、

レッジレーサーファンにとっては不満も残るでしょうが、レーシングゲームとすれば十分

合格レベルだと思います。DSでよくここまで作ったと評価できるでしょう。


海外向けソフトに手を出しにくい方も、これなら安心してプレイできると思います。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・1
コンセプト・・・・4
ハマリ度・・・・・3
持続度・・・・・・2
総合面白さ・・・4
お買い得度・・・4

※名作は色あせないものですね。





2008.07.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』

【7/15】



ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦

NINTENDO DSソフト 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 について・・・、


今日は久しぶりの新作ネタです。


この 『鬼太郎』 、一言でいうと、いかにもバンダイナムコゲームスの作らしいゲームです。

基本は2Dスクロールのアクションゲームで、障害物や敵をかわしながら進み、最後は

ボス戦というもの。

新しさは皆無ですが、こういう系のゲームが好きなら期待を裏切らないかもしれません。

私個人的にはアクション系は嫌いではないですが、どんなゲームもすべて同じように

感じるので、正直辟易しています。


『鬼太郎』 の特記事項は、そのマップクリアの難しさでしょう。

操作するキャラクターの技を駆使して先に進むのですが、行き詰る場面が多々あります。

2Dフィールドですが、縦横無尽にマップが使われているため巨大迷路に入り込んでいる

感覚です。しかも画面表示はプレイヤーにいるごく一部のみ。

『時間制限がないのがいい』 と長男も言うように、それだけが救いですが、フィールドの

敵もなかなか一筋縄ではいかない強敵もいるし、クリアはなかなか厳しいものがあります。


ただ、ボス戦だけは何度負けても再チャレンジができるところが美点ですが、一旦ゲーム

をやめようとおもうと、またそのフィールドの最初からというのが痛すぎます。


難易度の高いアクションゲーム好きにはもってこいの1本です。

声優の声も多くはないものの使われていますし、鬼太郎ファンなら買う価値があるかも

しれません。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・2
コンセプト・・・・2
ハマリ度・・・・・3
持続度・・・・・・3
総合面白さ・・・2
お買い得度・・・2






2008.07.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

ドラクエ7章打ち止め

【7/14】



ドラクエとは3章以降まったく相性の悪いpurinですが、7章でもやっぱり結果は同じ。

トータル10Kで、

・SPR SHT×2

・SPR ステテコダンス

・SPR ほしふるうでわ

・ロト どろにんぎょう

・ロト デンデン竜


以上の6枚だけでした。。。最悪でしょ?


稼動直後はレンコ師さんがいいカードを排出して止めていることなんて分かりきっている

のに、いつもこのザマです。


初日は狂ったバカ女がいましたよ。

夕方も遅く、誰も筐体にいなかったので、コレ幸いとレンコ開始しました。

キラ間隔が長いと聞いていたので、コニが次々と消えてゆく中、1.5K過ぎたくらいで

バカ女とその中学生くらいの息子が後ろに来ました。


『早く代わってよ!』


といきなりイキリたつんですよ。

まあ素人さんかと思いつつ、もうすぐ出るはずなので、


『すみません、もう少し待ってもらえますかね?』


と極力低姿勢で頼みました。


さらに3クレほどで


『いつまで待ったらいいのよ??』


とまた怒号ですよ。


『ごめんなさいね、もう少しだけ・・・。』


平謝り。触れ腐れた鬼ババ。そのうち、なんとか黒排出。ふうっ。


『いや~、長かったですよ。』


愛想笑いの私。


『今回はどこの親も同じ同じ。』


私はそのまま去りましたが、帰宅してからみるみると理不尽さが頭をもたげます。


・・・・待てよ待てよ?

てことはあの女もレンコ師じゃね~かっ!!

ハイエナするつもりだっかんかいっ!!


憤りが収まらず、今日になってブログに晒したわけです。


ありえないマナー違反ですよね。

まあ、私も並んだら交代というマナー違反なわけですが、それでもなんとか了解を得ようと

低姿勢でお願いしたわけですからね。

ムシキングやドラゴンボールが全盛のころは、筐体も少なくてすごい行列だったわけで、

そこでレンコなんてとんでもない話でしたが、時代はACG超斜陽ですよ。初日のドラクエ

といえど、レンコ師以外は閑古鳥がほとんど。

そんな状況なのに・・・。


ACGにはまだDQNがいるんだなあ・・・。


・・・てことは、まだACG(いや、ドラクエだけか)の息の根は止まっていない!?


・・・と前向きに捉えましょう。







2008.07.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | DQMB

『RH 仮面ライダーキバ エンペラーフォ-ム』

【7/14】



purinkivaempror.jpg

『RH 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム』


週末に満を持して購入したものです。

このソフビ以外は目のライン処理がないんですよね。。。


でも、うわさどおり、後ろ半分の塗装がありません。ついにここまで手を抜いたか・・・。


もう仮面ライダーも終わりかな、と感じました。


やっぱりB社、潰された方がいいよ。





2008.07.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 仮面ライダー

DS 『ロードランナー』

【7/13】



purinlordrunnner.jpg

NINTENDO DSソフト 『ロードランナー』 について・・・、


それにしても過去の名作といわれたゲームが次々にリニューアルするものです。

この 『ロードランナー』 はハドソンが一躍その名を世の中に浸透させたアクション&

パズルゲームです。

ファミコン版では 『ロードランナー』 と、その上位ゲームとして 『チャンピオンシップロード

ランナー』 が発売されましたが、DS版ではどちらも収録されています。


『ロードランナー』 のステージはよく覚えていないのですが、 『チャンピオンシップ~』

は1面からまったく同じで、苦しめられた記憶が蘇り、感動しました。

『チャンピオンシップ~』 はその名のとおり、1ミスも許されない悪魔のような難易度を誇る

ゲームで、当時中学生だった我々を苦しめてくれたものです。

とにかく友達と一緒に知恵を振り絞って意地で全面クリアした記憶があります。

この集中力を勉強に生かせばよかったと思いますよ。


一つのステージに何度も何度も挑戦してステージと金塊の取り方を頭に叩き込んで、

ようやくクリアできるこのゲームは、全面クリアに並々ならぬ努力が必要です。

特に昔はネット情報なんてもちろんない時代ですから、何でもかんでも独力と友人ネット

ワークでローカルに対処するしかありませんでした。

攻略本が発売されるころにはほぼ全クリ状態ではありましたが、読めば読むほど作者の

ステージ構築の巧妙さを感じたものです。


さてDS版ですが、ステージ構成は変更ないようですが、グラフィック、音楽、効果音とも

ファミコン版とは似ても似つかないものになっており、懐かしさを期待していたのに

少し裏切られた気分です。

もっともゲームが開始されるとすぐに敵が迫ってくるわけですから、音楽を 『楽しむ』

なんて余裕はなくなるので、別段構わないのかも知れませんけど。


ただ、こういう頭をフルに使うゲームというのは子供ながらに随分勉強になった気がします

し、悪くはないゲームだと思います。

じっくり考える余裕もないので、むしろゆとり教育が否定された現代社会にこそ適合して

いるのではないでしょうか。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・1
コンセプト・・・・4
ハマリ度・・・・・3
持続度・・・・・・2
総合面白さ・・・3
お買い得度・・・3






2008.07.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『99のなみだ』

【7/12】



purin99nonamida.jpg

NINTENDO DSソフト 『99のなみだ』 について・・・、


この類のゲームは落ち着いた場所・時間でゆっくりと読みたいものですね・・・、

と思っていたら、ゲーム冒頭から同じ内容のただし書きがありました。こりゃ、失礼しました。


その名のとおり、99編のお涙ちょうだいエピソードが用意されていて、入力した情報に

よって選択されるようです。

最初にプレイヤー(?)の情報を入力します。もちろん個人を特定する情報ではありません。

性別、生年月日、学生or社会人、既婚or未婚、等々。

そうやって生活環境を見出しておけば、あとは共感できそうな話を送り出すだけです。

何年か前に流行った 『20Q』 の応用ですね。


確かに一人でゆっくりできる環境でないとせっかくの美しい話も台無しです。

面白く感じるかどうかは人それぞれでしょうが、可能な限り生活環境に合わせてストーリー

が自動選択されるのは新しい試みですから、人によるバラツキは抑えられていると思います。


BGMが流れる中、唯一pauseボタンのみが有効で、それ以外のボタン操作は不要、

じっくり集中できるところが美点です。

評判次第では2弾、3弾と続いていきそうな気配もしますが、基本的に一度読んだエピ

ソードはもう不要ですよね・・・。メーカーも、ゲームの評判が良くてもそこまで売り上げを

見込んではいないでしょう。

ただ、開発費が抑えられるでしょうから、ヒットしなくても元は取れるのかも知れませんけどね。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・4
コンセプト・・・・4
ハマリ度・・・・・3
持続度・・・・・・3
総合面白さ・・・3
お買い得度・・・3






2008.07.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

ドラゴンクエストモンスターバトルロード7章稼動

【7/11】



あえて言うまでもありませんが、本日稼動ですね、DQMB7章。


で、私はというと、3K2キラのみです。それもステテコとSHT。

週末出かけついでにさらにキラ止めくらいはすると思いますが・・・。


まあでも、一応恒例のパック情報だけでも載せておきますかね。

公式も更新されています。




7章パック


『復活ロト』
・さまようよろい
・はぐれメタル
・あくましんかん
・アークデーモン


『新規ロト』
・どろにんぎょう
・シルバーデビル
・マミー
・デンデン竜
・キラーマシン3


『絵柄変更SP』
・ギガスラッシュ(1/200)
・スーパーハイテンション(1/200)
・みわくの眼差し(1/400)
・マジックバリア(1/200)
・大ぼうぎょ(1/200)
・ぱふぱふ(1/800)
・ステテコダンス(1/400)
・ほしふるうでわ(1/200)


『新規SP』
・ロトの紋章
・光の玉


『パック封入』
Aパターン
・ロトの紋章
・どろにんぎょう
・シルバーデビル
・みわくの眼差し
・ステテコダンス


Bパターン
・光の玉
・さまようよろい
・キラーマシン3
・どろにんぎょう
・ステテコダンス


Cパターン
・ぱふぱふ
・アークデーモン
・さまようよろい
・シルバーデビル
・ギガスラッシュ


Dパターン
・はぐれメタル
・あくましんかん
・キラーマシン3
・ギガスラッシュ
・みわくの眼差し


全パターンに封入
・スーパーハイテンション
・マジックバリア
・大ぼうぎょ
・ほしふるうでわ
・マミー
・デンデン竜


リーチ目
・どろにんぎょう
・ステテコダンス


死に札
・ギガスラッシュ



一言。

1/800ロトが軒並み再登場しています。スクエニ、ナイスな仕事♪



随時更新します。





ドラゴンクエスト モンスターズギャラリーミニ ~スライムと伝説の魔王編~
クリックで商品リンクへジャンプします。 



2008.07.11 | | コメント(4) | トラックバック(0) | DQMB

DS 『チンクルのバルーンファイト』

【7/10】



purinchinkuruno.jpg

NINTENDO DSソフト 『チンクルのバルーンファイト』 について・・・、


2006年のプラチナ会員への配布ソフトです。ポイント交換ではありません。

それがためこれ1作で1本のゲームとしています。


ファミコン版バルーンファイトと基本はまったく同じですが、操作キャラクターが 『ゼルダ

の伝説』 シリーズに登場するチンクルだというだけです。

ちなみにほとんどゼルダの経験のない私は、チンクルなんてキャラクターの存在自体知り

ませんでした。

自分がコントロールするキャラクターが変更されていることに違和感を覚えますが、

そこにさえ目を瞑ればあとはまったく当時のままで、問題ありません。


私、実はバルーファイトが大得意で、放っておけばどこまでもステージを進めてしまうの

ですが、DS版でもそれは同じで、昔の腕はまったく衰えていませんでした。

こういうゲームには必ずつきもののハイスコアも、ファミコンカセット時代はリセットボタン

を押下した時点で文字通りリセットされましたが、そこはセーブの可能なDS版、当然

履歴が残ります。だから1プレイ後のハイスコアがとんでもなく高得点になってしまったら

それ以降、ハイスコアを目標としてプレイするには時間がいくらあっても足りません。


ステージはだいたい同じ作りになっていますが、一部削除されたステージもありました。

特に、開始早々2秒でクリアできるという、私が最も好きだったステージが削除されていた

のは残念です。


ミュージックはオリジナルと当時もので選択可能です。当時ものなら、さらに懐かしさ

倍増。そうなってくると、やっぱりプレイヤーキャラもチンクルでなく普通のキャラで出して

欲しかったですね。


総じて昔のゲームは単純ですから、今の子供では一時的にのめり込んだとしても、

すぐに飽きてしまうでしょうね・・・。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・1
コンセプト・・・・3
ハマリ度・・・・・3
持続度・・・・・・3
総合面白さ・・・3
お買い得度・・・-






2008.07.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『GAME&WATCH COLLECTION』

【7/9】



purinGAMEWATCH COLLECTION

NINTENDO DSソフト 『GAME&WATCH COLLECTION』 について・・・、


もう2年も前のことですが、にクラブニンテンドーポイントの交換で手に入れることができ

ました。


・ドンキーコング
・オイルパニック
・グリーンハウス


以上、たった3作品のみの収録は市販品ではない所以。


このうちグリーンハウスは個人的にプレイしたことはありませんが、

他の2タイトルは友人や従兄弟に借りて遊びました。・・・記憶が蘇ります。


当時度肝を抜かれたのがドンキーコングで、それまでの常識を覆す上下2画面は、その

後登場するタイトルはおろか今日のDSにまでそのDNAが受け継がれるほど画期的な

発明でしたし、キャラクターの自由度の高い動きは後のファミコン→マリオへの布石とも

いえるでしょう。実際、それによってキャラクターを意のままに動かせる楽しさを肌で覚えた

ものです。


さてDS版では、さすがに画面への焼付けは無理ですが、コマをできるだけそれっぽく

見えるように全リセット画面も存在するところが本物追求へのこだわりを感じさせます。

さらに音声についても、単純に効果音があるのみで、ミュージックを追加する演出は

一切ありません。そこが潔く、昔のユーザーには堪らないでしょうね。


もちろんこれは100%昔を懐かしむゲームであって、それ以上を望むのは無謀という

ものです。ポイント交換とはいえ非売品なので、このゲームに関してはそれが許されます

よね。メーカーが冒険できる数少ないソフトです。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・1
コンセプト・・・・4
ハマリ度・・・・・2
持続度・・・・・・2
総合面白さ・・・2
お買い得度・・・-






2008.07.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『マリオ&ソニックAT北京オリンピック』

【7/8】



purinmariosonic.jpg

NINTENDO DSソフト 『マリオ&ソニックAT北京オリンピック』 について・・・、


オリンピックイヤーの今年、開催に先駆けて昨年末に発売された総合スポーツゲームです。


競技種目は以下のとおり。


・陸上 : 100m走
・陸上 : 110mハードル
・陸上 : 走幅跳
・陸上 : 棒高跳
・陸上 : ハンマー投げ
・水泳 : 4×100m
・体操 : トランポリン
・アーチェリー
・卓球 : シングルス
・ボート : シングルスカル
・クレー射撃 : スキート
・フェンシング : エペ
・ドリームレース
・ドリーム高飛込み



スポーツゲームの競技としては、ほとんどゲーム化されたことのない、またゲーム化

しにくい異例の競技ばかりというのが見逃せない点ですよね。


ほとんどの競技がタッチペンの取り回しのタイミングで点数や勝敗が決まるわけですが、

一部ハテナ??なところがあるものの、競技の流れは非常にスムーズといえるでしょう。

また選択キャラクターの性格でスコアに微妙に変化を持たせるのも任天堂お得意の手法

です。


一言でいって、面白い!

かなりハマります、これは!

最初からすべてのステージがプレイできるわけではなく、参加競技のスコアで徐々に

プレイ可能な競技が増えていきます。

当然、記録の概念やメダルもありますから、競技が一度きりで終わることもないし、

ドリームチームによる隠しステージが2つありますので、ついつい先に進んでいって

しまいます。

気づいたらすべての競技を網羅していたなんてことも珍しくありません。


でも・・・、ハンマー投げの 『オーーッ!!!』 の気合や、走幅跳びや高飛込みの拍手は

点数に関わるだけにやらざるを得ません・・・。

横で見ていたら、いい大人が何やっとんねん!という感じがして、かなり痛いです。


とはいいながら秀逸なこのゲーム、登場こそ2007年ですが、2008年上半期ベストバイかも。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・5
コンセプト・・・・4
ハマリ度・・・・・5
持続度・・・・・・3
総合面白さ・・・5
お買い得度・・・5






2008.07.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『ナムコミュージアムDS』

【7/7】



purinnamcomusium.jpg

NINTENDO DSソフト 『ナムコミュージアムDS』 について・・・、


ナムコといえば、コンピュータゲーム創成期から、出すタイトルすべてがヒットして人々に

受け入れられてきたメーカーです。

この 『ナムコミュージアムDS』 にも往年の名作がキラ星のごとく結集しました。


・ギャラクシアン
・パックマン
・ゼビウス
・マッピー
・ギャラガ
・ドルアーガの塔
・ディグダグⅡ


以上7作に加え、DS専用の 『パックマンVS.』 が収録されています。


もはや説明の必要もないくらい、私と同世代のほとんどの人がすべてのタイトルをプレイ

したことがあるのではないかと思います。


パックマンなんてよく駄菓子屋の店頭で白黒画面で20円プレイしていたものです。

立ちプレイで筐体には日よけが張ってあったりして、今では考えられない設置のしかた

でした。まあ当時でもビックリしましたが。

他にもドラゴンバスターも同じ設置方法でしたね。こちらはカラーで1プレイ50円でした。


ゼビウスはアーケード版の圧倒的なグラフィック(当時)は私に強烈な印象を残しました。

特にファミコン版では固定されているアンドア・ジェネシスがアーケード版では動き回って

いるのには驚愕したものです。

ちなみにDS版では固定されています。残念。ファミコン版が基本となっています。


その他のゲームもおおむねファミコン版が基本です。


今思えば、当時のゲームはミュージックがまた素晴らしかったんですね。

上記7作のメインミュージックと効果音は、私と同世代の人はほとんど口ずさむことが

できるんじゃないかと思います。

マッピーの曲なんて、作曲者に拍手を贈りたいですね。


プレイした感想ですが、ゲーム性が昔のままですから、とにかく難しい!

1面ごとに慣れていかないと、なかなか先に進めないのも昔のまま。

クリア目的でゲームをすると、かなり酷い目に遭います。

結局、こういう類のゲームは懐古趣味というか、昔に思いを馳せるためのものという

位置付けが一番正解かも知れません。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・1
コンセプト・・・・3
ハマリ度・・・・・3
持続度・・・・・・1
総合面白さ・・・3
お買い得度・・・2

※やはり絶対評価にすると正しい数値が出ますね。





2008.07.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『コナミアーケードコレクション』

【7/6】



purinkonamiAC.jpg

NINTENDO DSソフト 『コナミアーケードコレクション』 について・・・、


コナミ、ナムコ、ニンテンドーといえばコンピュータゲームソフトウェアの老舗メーカー。

そのうちコナミの原点ともいえるゲームが1本のソフトに集合しました。


80年代のゲームですから単純明快な構成です、今の子供たちでも楽しめるでしょうが、

やはりメーカーの最大の狙いは、当時をリアルで体験した我々大人の世代と捉えて

間違いないでしょう。


主なタイトルは以下のとおり。懐かしいものから見知らぬものまで。


purinkonamiACcolle.jpg
(クリックで拡大して下さい)

・Track And Field
・サーカスチャーリー
・イーアルカンフー
・プーヤン
・ロックンロープ
・魂斗羅
・ロードファイター
・スクランブル
・ツタンカーム
・ショーリンズロード
・スーパーバスケットボール
・グラディウス
・グリーンベレー
・タイムパイロット
・ツインビー



このうち、私が子供のころに特にやり込んだのが、以下の3タイトルです。

・イーアルカンフー
・グラディウス
・ツインビー


私と同世代の皆さんも同じかな?


音楽やグラフィック、操作性すべて当時のまま再現されています。すごい!

イーアルカンフーはファミコン版ともアーケード版とも違うようですが、あとの2タイトルは

まんまファミコン版そのものです。個人的にいうとツインビーはアーケード版が好みだった

のですが。


さらには難易度も昔のまま!

現代のゲームではシューティングでも対戦ものでも、初心者でもそこそこ戦えるもの

ばかりですが、この時代のゲームは違います。

基本操作に慣れないと、おいそれとは進めてもらえずあっさりと全滅、1面すらクリア

できません。

思えば当時はそんな鬼ゲームをよく根つめてプレイしていたものですよね。1ミスが

命取りなゲームばっかりでしたもんね~。


ある程度コントローラーさばきに慣れた子供たちの挑戦ゲームとしての位置づけでも

いいとは思いますが、このゲームも完全に昔の子供すなわち大人向けの1本となります。

まず今の子供たちが自ら進んで買うことはないでしょう。


今から比べれば、昔のゲームはもちろんメモリが微小で、しかも開発費はとっくの昔に

ペイできているわけですから、セットもので販売しやすいため、各社とも同じようなタイトル

を出してきています。

この 『コナミアーケードコレクション』 も、GBAに次いでDSで再登場しているわけで、

新しいハードが登場すればその都度乗り換えて再販できるというメーカーのおいしい

戦略が実現するわけです。で、それなりに売れる。

この先、こういう販売スタイルが廃れることはないでしょう。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・1
コンセプト・・・・3
ハマリ度・・・・・3
持続度・・・・・・2
総合面白さ・・・3
お買い得度・・・2






2008.07.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『ハメコミ』

【7/5】



purinhamekomi.jpg

NINTENDO DSソフト 『ハメコミ』 について・・・、


絵を見ただけでそれが何か認識できますよね。

よく旅館等にサンプルが置いてあって、購入は売店でどうぞ、という木製パズルです。


そのハメコミがDSで登場です。

こういうソフトこそ、ポータブルゲームにうってつけですよね。今までなかったのが

不思議なくらい。


主なゲーム内容は、指示されたシルエットどおりにパーツを組み合わせて完成させると

いうシンプルなもの。

もちろん次々にクリアするごとに難易度は上がっていきますが、ひらめきに依存される

部分が大きいこともありますので、てこずったステージの次は絶対にもっと難しいという

わけではなく、パッと見て何も考えずにクリアできることもよくあります。

当然ながらパーツの形、大きさ、数も様々で、いろんな組み合わせが考えられます。

しかしハメコミに限らず、こういう類のパズルゲームを考えた人はたいしたものです。


操作方法は至って簡単。ピースをタッチペンで回転、移動でハメコむというだけのシンプル

なものとなります。

時間制限もありますが、あまり肩に力が入れなくても、手軽にできるゲームだと思います。


長い時間プレイするタイプのゲームではありませんが、旅館の木製品と同様、少しの

時間つぶしにはもってこいの1本だと思います。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・2
コンセプト・・・・5
ハマリ度・・・・・4
持続度・・・・・・2
総合面白さ・・・3






2008.07.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

最近のDSソフトレビュー春秋

【7/4】



ここのところ滞っていたDSレビューを一気にまとめましたので、

鮮度の低下したタイトルもあって旬な内容ではなかったですね・・・。

ですが購入を考えておられる方に少しでも参考になれば幸いです。


というわけで、発売からかなり期間の経過しているゲームでも、いまさらながらレビュー

して記録していこうと思うに至りました。

時間の関係ですべてやり込んでいるわけではないですが、現在のようなACGの空白期

を利用して書いていこうと思います。

もちろん初期レビューですから極力ネタバレにならないように気をつけます。



明日の 『ハメコミ』 から再度レビューを始める予定です。





2008.07.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然

DS 『アルカノイドDS』

【7/3】



purinarkanoido.jpg

NINTENDO DSソフト 『アルカノイドDS』 について・・・、


往年の名作ゲーム、DSに復活です。

コンピューターゲームの始祖はブロック崩しにあるといえるわけで、アルカノイドはまさに

コンピューターゲームの王様といっても過言ではないでしょう。


思えばブロック崩しとインベーダゲームをやりこむことで、ゲームセンターのコントロール

スティック操作を覚え、その小型版、今日のコントローラーの基礎となったファミコンの

コントローラー操作を体に叩き込んだものです。



ゲーム性はもはや語る必要はないでしょう。

y1とy2軸の間の2D自由空間でブロックを崩していき、弾を後逸すればゲームオーバー

という誰にでも理解できる単純明快なゲームシステム、だからこそ奥も深いんでしょう。


一応、進め方を書いておきますと、

どんどんステージクリアしてゆき、全面クリアを目指すモード(クリアゲーム)と、

対COM対戦モード(VS COM)、フリーモード(クエストゲーム)に大きく分かれます。

特に目立って新しい要素はありません。


ブロックを崩していくと、たまにバーの強化カプセルが落ちてくるのも同じなのですが、

攻略wiki等を見ていないので何ともいえませんが、おそらく壁ブロック貫通弾は存在

しないと思います。そのためクリアがかなりやっかいなステージが存在し、ゲームの

難易度を跳ね上げています。


コンピューターゲームの王様と呼ぶくらいですから新しい要素を付属しても、むしろ蛇足。

そういう意味では新鮮さはまったくありませんがヒマがあればついついやりたくなるゲーム

の中ではナンバーワンであることは間違いありません。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・2
コンセプト・・・・5
ハマリ度・・・・・4
持続度・・・・・・2
総合面白さ・・・4
お買い得度・・・4






2008.07.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

DS 『ヤッターマン ビックリドッキリ大作戦だコロン』

【7/2】



purinyattabikkurikoron.jpg

NINTENDO DSソフト 『ヤッターマン ビックリドッキリ大作戦だコロン』 について・・・、


昨今のヤッターマンリバイバル戦略に沿って、DSソフトも登場です。

OPから、ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラーのうち一人ががランダムにしゃべります。

『タカラトミー、やっておしまい!』

『タカラトミー、ポチッとな。』

『タカラトミーでまんねん。』



遊び心くすぐる始まり方は、SW/ONするのが楽しみです。

その後のOPテーマは歌詞なしですが、昔のバージョンのテーマソングが懐かしさを

そそります。


ゲームはというと、ドロンジョ一味よりも先に5つのドクロリングを集めることを目的に、

完全なアクションゲームで成り立っています。

コントローラー操作によるアクションの数は少なく、アクションテクニックもほぼ不要です

から、幼年の子供でもプレイ可能です、というより完全に幼児向けのゲームですね、これは。

幅広い年齢層が楽しめるわけではありません。懐古趣味の大人が手にした場合、OPで

膨れ上がった期待はゲームを始めると一気に崩れ去ることでしょう。


とはいえ、最近の傾向として幼年の子供向けのタイトルが少ない中、そういうソフトを

探しておられる方にはピンポイントの1本でしょう。

我が家でも保育園児の二男にはもってこいのソフトだと思います。




purin個人の独断と偏見の評価表

新鮮度・・・・・・1
コンセプト・・・・2
ハマリ度・・・・・2
持続度・・・・・・2
総合面白さ・・・2
お買い得度・・・2
※ただし幼児の入門ゲームには最適だと思います。






2008.07.02 | | コメント(2) | トラックバック(0) | PC、ゲーム

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索