スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ACG3強に見る人気持続の秘訣

【2015/8/7】



先日の記事で、実地調査で最近のACG動向を探ってみました。


3強というべきか、設置台数・人気ともに、

アイカツ、妖怪ウォッチ、ドラゴンボールヒーローズが圧倒しているのが分かりました。



これら3タイトルの共通点、および他との相違は・・・?





まずなんといってもアニメとのタイアップが思いつきますね。

アイカツ、妖怪は、ブームそのまま突っ走っている感があります。

しかし過去のタイトルを見ると、アニメが終わったらACGも終わった、

という例もあるので、一気に凋落する可能性もあります。



他にアニメと並行しているのは、プリキュア、ワンピース、仮面ライダーです。

いずれもACGとして息の長いタイトルになっているので、

ここらで文字通り息切れしているといったところでしょうか。

いや、息は息でも、虫の息がいる気もしますが・・・。



そう考えると、ドラゴンボールの安定感は異常です。

アニメだって、今でこそ 『超』 が始まっていますが、それまでは20年以上も前の映像を

放映していたわけですから、現在の小学生以上日本人にほぼ知れ渡っているといっても

過言ではなく、もう供給過多といいますか、新たな需要はほとんどないはずです。


仮面ライダーなどは、子ども向け番組を親世代も巻き込んで久しいですが、

これにはまだブランク世代がいます。

だいたい小学生中学年にもなれば自然と離れていきますからね。プリキュアしかり。


ドラゴンボールの場合、一旦離れたとしても、原作はすでに完結しているから

誰もがストーリーを知っている状態なので、復帰してもブランクがないといえるのも

強みとなります。



ということは、ドラゴンボールには 『卒業』 という概念が薄いのかも。

中高生に支持されているのは大きいですよね。

この手のゲームで最もプレイヤーが少ないであろう中高生を取り込むんだから、

そりゃあ活性するというものですよ。


かつて私もそうでしたが、10年前に旧筐体でドラゴンボール稼働したときは、

大人がその主役で筐体を回しまくってましたから。


ムシキングが開いた扉は、初物ご祝儀で大繁盛しましたが、

一旦需要が落ち着くと、結局は強力コンテンツが生き残るという業界の掟を、

このほど新生したムシキングが身を挺して示す結果となったといえます。


妖怪ウォッチの、(一時的かもしれない)大盛況と、

パイオニアであるムシキングのリニューアル失敗(たぶん)。


そして上述のドラゴンボールの存在。


ACGのヒットと生き残りのルールが少し明らかになった気がします。





スポンサーサイト

2015.08.07 | | コメント(6) | トラックバック(0) | ACG

ACG現況 2015/8

【2015/8/4】



メッチャ久しぶりに、ゲームコーナーへ出かけてきました。


ゲームプレイ目的ではなく、カードゲーム全体の様子見です。



ドラゴンボール超が始まったことだし、

最近のACGの勢力図に変化はあるかな・・・?







この日訪れた店舗には、2軒のゲームコーナーがあるので、それぞれを見て回りました。

以前の状況をはっきりと覚えていないので、増減は不明ですが、全部写真に収めてきました。




1店舗目。



purin150801-1.jpg
アイカツ × 2





purin150801-11.jpg
同じ島。
アイカツ × 2
プリキュア × 2
(写真に入り込んでいるのは三男:手前)





purin150801-2.jpg
ポケモントレッタ × 1
プリキュア × 1





purin150801-3.jpg
妖怪ウォッチ × 3





purin150801-4.jpg
裏側も妖怪ウォッチ × 1
ガンバライジング × 2





purin150801-5.jpg
大怪獣ラッシュ × 1






purin150801-6.jpg
モンスターハンタースピリッツ × 1
グレートアニマルカイザー × 1
パズドラZ × 1
(写真に入り込んでいるのは三男)





purin150801-7.jpg
新生ムシキング × 1





purin150801-8.jpg
オレカバトル × 1
オレカドール × 2





purin150801-9.jpg
ガンダムトライエイジ × 1
ドラゴンボールヒーローズ × 2
(ちなみにプレイしているのはたまたま現地で会った知人)





2店舗目。




purin150801-10.jpg
ブットバース × 1
(写真に入り込んで(ry





purin150801-12.jpg
ガンダムトライエイジ × 1
ドラゴンボールヒーローズ × 2
(写真に(ry





purin150801-14.jpg
その裏側。
ガンダムトライエイジ × 1
ドラゴンボールヒーローズ × 2





purin150801-13.jpg
グレートアニマルカイザー × 1
ポケモントレッタ × 1





purin150801-15.jpg
妖怪ウォッチ × 2
ワンピース × 1
ガンバライジング × 1





purin150801-16.jpg
表裏で、写真1枚。
アイカツ × 2
プリキュア × 2
(写(ry







以上です。結構種類が多くなっていたという印象。








さて、2店舗の筐体数を合算してみると・・・、







多い順に、


【1位】 : 6台

ドラゴンボールヒーローズ

妖怪ウォッチ

アイカツ




【4位】 : 5台

プリキュア




【5位】 : 3台

ガンダムトライエイジ

ガンバライジング




【7位】 : 2台

ポケモントレッタ

グレートアニマルカイザー

オレドール




【10位】 : 1台

大怪獣ラッシュ

モンスターハンタースピリッツ

パズドラZ

新生ムシキング

オレバトル

ブットバース

ワンピース




このような結果となりました。


見ての通り、

妖怪ウォッチ

ドラゴンボールヒーローズ

アイカツ

この3機種は、常に人がプレイしている状態。

さすが設置台数1位を分け合っている3タイトルです。


ポケモンは1台ずつの設置ではありますが、このときは両方塞がっていました。



それ以外のタイトルはパッとしないどころか、存続の危機さえ感じます。




個人的には、妖怪ウォッチが長続きしているのが意外でした。

ちょっと失礼でしたね。


この日は午前中にプールで遊んできて、その帰りだったんですが、

開園前に並んでいると、後ろの列の親子連れの小学生高学年くらいの男の子が、


『オレ、USAピョンに変わってから妖怪ウォッチ見るの止めた~。』


と話していました。


周りの子どもたちも賛同する傾向だったので、人気自体は衰えが見えてきているのは

間違いないと思われます。


筐体の台数と人の列を見れば、もう少し行けそうな気配もしますが、

もうそんなに長くなさそうな気がしますよ・・・。



逆に、ドラゴンボールヒーローズとアイカツはまだまだ人気が高めキープしそうです。


ちょっとだけ期待していたムシキングは、やっぱりダメでそうですね・・・。




ちなみに、この日の投入コインは0円也。





2015.08.04 | | コメント(6) | トラックバック(0) | ACG

GWのカードゲーム

【2015/5/7】



ゴールデンウィークが終了しました。

6連休でしたが、無駄にすることなく、有意義に使えたと思います。



一言でいえば、大掃除のGWでした。

以前から、この連休に合わせて家中の片づけをするつもりでおりましたので、予定通りに

事は進みました。



生活用品などの購入と、外食関係で、GWはかなりの金額を遣いこんでしまいました。

ちょっとした旅行ができるほどの金額だと思います。


まあでも10年単位での大掃除と生活用品入れ替えもあったので、決して無駄遣いでは

なかったですし、やらなきゃいけないことをやり終えて、気分がスッキリしました。


あとは一部屋の半分を占めている不用品を粗大ゴミとして出すだけです。







purin150429-3.jpg
この期間中、一度だけプレイしてきました。



排出はノーマルカート゛だったので写真は割愛。


ND4弾になって、プレイ時間がやや長引いていたような気がしましたが、戦略性という点

では相変わらず超お子様向けのままです。



三男を連れてのゲームで、まだ早い時間だったので人はまばらな状況の中、

我々以外、小学生が一人プレイしていて少しホッとしました。


誰かひとりでもプレイしていると安心するって、昔からは考えられない状態です。


この日、一番人気だったのはなぜかポケモントレッタでした。




いろんな新筐体が出て来ていますが、そのうちどれだけが生き残れるのか。

開発費をペイできるとはとても思えない新機種の攻勢です。


頻繁にゲーセンに赴くことがなくなった今、ライジングの新弾ごとに繰り出す程度なので

2ヶ月に1度ほどでしょうか、そのたびに新しいゲーム機が増えているので、業界に

元気があるといえるのか、単にカードが儲かるだけなのか、いつも不思議に思います。




私と息子たちが本格的にカードゲームを始めたのが2004年なので、11年が経過します。

仮に今の環境が11年前に揃っていたら、数あるカードゲームの中でどれを選ぶので

しょうか。


当時はカードゲームの走りだったこともあって、ムシキングとドラゴンボールくらいしか

選ぶ余地がなかったのですが、今の時代、飽和状態で選び放題ですから、これから

カードゲームデビューを果たすとなると目移りしますよね。


入れ替わりが激しい市場ですから、いざやり始めてすぐに撤退となるとカード集めが

空しくなるし、なかなか本気で突っ込むのは勇気が必要ですよね。


となると、長らく続いているものや安定した人気のコンテンツということになります。

やっぱり無難にドラゴンボール、ポケモンあたりをセレクトすることになるんですかねえ。


多大な出費は本当に痛かったですが、カードゲームに夢中だったころは楽しかったなあ。

興味が継続している人や小さなお子様がおられる人には、今でもカードゲームは

オススメしたいですよ。





2015.05.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ACG

最近のゲームコーナーの変貌

【2014/5/21】



久しぶりにガンバライジングをプレイしてきました。

ICカードもいっぱいになって、新品にデータ移行も済ませました。



今回は戦闘員ZXさんからいただいたLRギルスを試すのが主目的。


ギルスはアクションが入るごとに 『ウォアオオーーーゥ!!』 と叫ぶので、

ワンパターンな気もしましたが、逆に本人ボイスといっても違和感ないのがGOOD。

ギルスヒールクロウがカッコよすぎてシビレちゃいました。

エクシードもいいんですが、やっぱりギル素がスマートな野生さがあって好きだなあ。



やっぱりライジングになってからグラの質が大幅に向上していて、ゲームするのが

本当に楽しいですね。


ただ、ドラゴンバトラーズのときにも同じく感じたことで、ゲージ勝負でいちいち

技が中断するのがいただけない。


ゲーム性を高めるためには必要なのは理解できるんですけど、これは改善希望。



ゲーム性といえば、飽きが来ずに長く遊べるために、ストーリーを幅広く持たせて

コンプ欲をそそっているのもうまいやり方だと思いました。


メーカーにとってもたくさん遊んでもらえたほうがいいし、消費者にとっても

やり込める要素があったほうがせっかく集めたカードが活きますもんね。




作りこみがなされてきた感のあるガンバライジングも、休日の昼間、ゲームコーナーは

かなり混み合っている状況で、3台の筐体が列こそないものの誰かがプレイ

しているといった状態でした。



B社系の筐体では、ドラゴンボールヒーローズが相変わらずの盛況ぶり。

4台に常に2~3人が待っている状態。


逆にガンダムトライエイジは2台で私がいる間、稼働はゼロ。

最近はいつもこの状態ですし、打ち切りを予感させます。



他社系で目を引いたのは、妖怪ウォッチでした。


とにかく人で埋め尽くされている状態で、子どもがプレイする周囲で大人が注目

している様は、かつてのドラゴンボールやDQMBを彷彿とさせると同時に、

転売が頭をよぎるのです。


もうACGでは小遣い稼ぎはできないと思っているのですが、純粋にゲームが

面白くて人だかりができていたのか、不明です。


妖怪ウォッチについては、まったく知識がないので判断のしようがありません。

どなたか、ご存知ありませんか?




女の子向けACGの種類も豊富で、全体的に子どもも筐体に付いているものの、

特に人の多さで目を引いたものはなく、アイカツにおいてもかつての勢いはなく、

人もまばら。




新型筐体といえば、メダルゲームが大幅にリニューアルされていました。


基本形態は、ボタンとジョイスティックで、画面も液晶で非常に美しく、

グラフィックもそれに合わせて美麗なものが多く導入されており、メダルゲームの

開発にもかなり力が入っているのが感じられました。


ここ10年くらい、メダルゲームは特に進歩はなかったのですが、今になって

大幅なリニューアル。


衰退の一途をたどるゲーセンも、昼間の老人に目を向けてサービス向上に努めて

いると言われて久しいですが、子ども向けの筐体のリニューアルには、もっと

裾野を広げようという戦略が感じられます。


ACGはこの10年で飛躍的な進歩を遂げましたが、今では頭打ち状態となって

いる感がしますので、新しいゲームと旧来のゲームで今後バランスをとっていく

中で、自分としては、どんな試みが見られるか楽しみです。


といってもたまに様子を見に行くだけで、実際にゲームはほとんどしないんですけども。





2014.05.21 | | コメント(23) | トラックバック(0) | ACG

最近のACG

【2012/1/20】



ゲームセンターやスーパーのゲームコーナーに足を延ばさなくなって久しいです。

たま~に近寄ってみると、見知らぬACGが増殖しているものの、子どもがプレイしている

姿を見るのがは限られた筐体だけで、万遍なく稼働してるわけではないのは相変わらず

のようです。


一時はキャラクターもののACGが増えていましたが、ネタ切れになっているのか、最近は

各メーカーオリジナルの筐体が目立ちます。特に女児向けに顕著です。


あまり出向いていないものの、私からみると、それでもドラゴンボールやワンピースなどの

キャラクターものが盛況しているようです。


ゲームシステムも、バーコードはもう過去のもので、内蔵チップを読み取るタイプがほとんど

ですね。

形もいろいろ。カードにこだわる時代はもう終わっていますね。


ただ、ACGが全体としてどこに向かっているのか見えません。

上で述べたような変化があったとはいえ、今までの延長線上に過ぎないのは間違いなく、

あくまで現状維持の状態であるといえるでしょう。


一時期、ゲームコーナーにACGが占める割合が減ったと思いましたが、最近はまた増え

つつあるんでしょうか。

私が見る限り、最近はガチャガチャとの連動でACG筐体のすぐ側にガチャ筐体が設置し

てあるケースが多いように思います。

ACGとガチャの連動が進んでいるということですよね。これがどこまで効果を発揮している

のか。

ガチャ=クルクルといえばガンバライドのファイリングシートも、もう9弾まで進んでいて、

細々かどうかもう知る由もありませんが、まだ続いていたことに驚きです。

私も2弾か3弾まで買いましたが、今なお売れているのかなあ?


2010年末のガンバライド10弾を最後に爆レンコもしていませんが、いまだに封入率が

変わっていないんですかね?

ガンバライドはかなり息の長いゲームになってきましたが、コンプを継続されている方は、

2ヶ月ごとに30K~40K飛んでいるんですよね。

私は2004年のラウズカードから始めましたので、まる6年カードと付き合いました。

その間の投資金額は、想像するだけで恐ろしいです。

はっきり言って、費用対効果は大幅にマイナスでした。


でもそのおかげで毎日こうしてグタグタ書いていられるし、一期一会という意味でも、

たくさんの方とコミュニケーションを取れたのでよかったです。


今は主にライダー玩具で、マスコレは自分のこだわりとしても、なりきり系は子どもが

散々遊ぶので、カードと比べると余程元が取れる気分になるので、投資のしがいがあり

ますよ。



カード関連でいうと、4月発送のプレバン限定のラウズカードが楽しみです。





2012.01.20 | | コメント(8) | トラックバック(0) | ACG

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。