成長させるべきデジモンは?

【8/21】


先日の記事で、


スレイプモン コスト7(旧弾)

チィリンモン コスト6

ララモン コスト1(旧弾)

それでもへっちゃら コスト1



これを紹介しましたが、ぜ~んぜんダメでした。

勝率が悪い悪い。

思うようにチィリンモンのリザレクションとララモンのデジソウル+が機能しませんでした。


やはり最初に取り組んだドラコモンデッキが良すぎたかも知れませんね。

特にドラコモンとコアドラモンの相性はバツグンすぎます。


基本的に究極体を成長させるのはダメです。

通常進化ならレベルⅢでまかなえることがチラシでハッキリしましたからね~。

特殊進化や進化系統がないデジモンはそれなりに価値があるかと思いますが・・・。

今のところバイフーモンは育ててもいいかな、という1体ですが、まずはローコストデジモン

のD-PASSを揃えるのが先決でしょうね・・・。


それと、もう少しで戦力になるのにな~、というデジモンが対象に向いていると思います。

ウォーグレイモンやバンチョーレオモンなんて、成長させなくても最初から強力な戦力

ですから、育てる意味がないですね。それよりはロゼモン・ホーリーエンジェモン・ヴァン

デモンなどがいいでしょう。それでもインパクトに欠けますが・・・。


結論!

やはりローコストデジモンがベストです!

相性や進化形態も計算するとなると、

・・・ドラコモンかなあ・・・。

アグモン、パタモン、インプモン、ガブモン、どれも捨てがたいですけどね!

コスト1~2デジモンのSランクコンプを目指しましょうかね。





2007.08.21 | | コメント(4) | トラックバック(0) | デジタルモンスター

保存版 『初心者の方もどうぞ、デジモン02検証』

【8/17】


本日は「デジモンバトルターミナル02」のレビューを一気に書いてみますので、長い記事

になりますよ~。


先日も冒頭に書きました通り、この盆休み期間中、ACGには頻繁に出かけはしたものの、

もう一つ乗りが悪いというか、マンネリ感が漂っておりましたが、唯一の救いはDBT02

でした。

ドラゴンボールだけでは到底乗り切れなかったこの盆期間、DBT02で持ったといってもよい

でしょう。


さて、デジモンのゲーム内容ですが、前ROMとの大きな変更点は以下になります。

はじめての方にも分かるように説明したいと思います。


①コストが10から15へ拡大した。

これはいいことですね。コスト上限が10では大きなコストのカードが使用しにくい状況が

慢性化していました。端的に言えば、URやPRなど、苦労の末手に入れたカードが宝の

持ち腐れになる状態が顕著でした。

当然オプションカードについてもコストを振り分ける余裕はなく、はっきり言ってコスト5

以上のオプションカードなんて、絵に描いた餅で、使った試しがありません。

後で述べますが、デジモンを成長させるシステムが導入されたことで、実質コスト幅が

さらに拡大したともいえます。

実は『02』のオプションカードは、同様の効果でも前作よりコストは低めに抑えられており、

使い勝手は格段に上がっています。

ただ、1弾で登場したオプションカードは12種ですから、使えるものは限定されます。

必携なのは、『それでもへっちゃら コスト1』(ドラゴンボールで言う踏ん張り系)くらいです。


※ちなみに、「デジモンバトルターミナル=DBT」ではデジモンカードとオプションカードの

2種類のカードの組み合わせで15のコスト制限下でデッキ(DBTではデックといいます)

を組みます。スキャンできる枚数はデジモンカード、オプションカードそれぞれ3枚ずつ

となります。



②D-PASSによる成長

これは『02』の目玉のシステムです。

ひらがなと数字で7桁の文字の組み合わせでD-PASSというコードを使用できます。

ドラクエの『ふっかつのじゅもん』と同様です。

ただ、これはパートナーデジモン(最初にスキャンするデジモン1体)のステータスと

進んだステージだけを記録するものです。

パートナーデジモンは任意に選択でき、最初にスキャンしたデジモンが該当します。

ゲームを終えると、必ずD-PASSが画面に表示されるので、これを書き留めておいて

次にゲームを開始する際に入力すると前回のステータスで再開できるわけです。

ただその時の同じカードをスキャンする必要がありますので、D-PASSだけでは

何のデータか分からないため、対象のデジモンカードは必須です。

どんなデジモンでも最初はDランクから始まります。ゲームをするごとに経験値が溜まり、

経験値が一定まで溜まるとランクアップします。ランクはD→C→B→A→Sまで順番に

上がっていきます。

ランクが上がるとHP、攻撃力(A~Cまでのパワー)、スピードが上がります。

ドラコモンの場合、Dランク時のHPが380ですが、これがSランクになると920まで上昇

します。コストはずっと2のままですから、断然オトクですよね。

まだ検証不足で、今後別のデジモンで試してみようと考えています。

具体的にいうと、前回の記事で予告した、

DM-182 スレイプモン
コスト7
スピード5
HP1240


6弾で登場したこのデジモンです。

固有能力があるのかどうかは定かではありませんが、仮に無くても育ててみたい1体です。

その理由は以下の通りです。


・究極体であること。

これがSランクになった時にはHPが2000近くの強力なデジモンになるはずです。


・コストが低いこと。

究極体にしてはコストが低いデジモンです。最後まで効いてきますので、コストは低けれ

ば低いほどいいに決まっています。


・全体攻撃ができること。

これが最大の理由かも知れません。

ただでさえ究極体の全体攻撃は強力で、通常でもこの攻撃が決まれば、まずそのステージ

は勝利したも同然となります。それがさらにランクアップして攻撃力が上がっていった時

にはほとんどの敵は跡に残らないでしょう。

ただ、相手もそれを警戒して、なかなか別のボタンを押してくれません。そこが難点ですね。

とはいえ、攻撃Aが全体攻撃のバイフーモンよりは断然確率は高いと思いますけど・・・。

私の感覚では、COMは50%くらいの確率でAを押してくるのではないかと思います。


※ちなみに・・・、攻撃Aが赤ボタン、Bが緑ボタン、Cが青ボタンとなります。ドラゴンボールでは

A=グー、B=チョキ、C=パー、ということですね。


ただし、じゃんけんのように勝ち負けはなく、ドラゴンボールのドラゴンラッシュと同じシステムです。

こちらの攻撃時は、相手と別のボタンセレクトしていたら技が決まり、同じボタンを押されて

技をガードされ、ダメージはほとんど与えられません。全体攻撃がガードされるとダメージ

は必ず0になります。

こちらが守備の時はその逆で、相手と違うボタンを押すと攻撃を食らい、同じボタンを押す

とガードになります。

デジモンの攻撃力の強さは基本的にA→B→Cの順になります。前ROMではボタン

ごとに固有能力がある場合がありましたが、『02』ではなくなっています。

そういうことなので、COMでも当然Aを警戒してくるわけですね。結局、どのボタンを押す

かは戦略となります。


そういうわけで、二番目に攻撃力の強い攻撃Bに全体攻撃があるのは大きい要素だと

思います。スレイプモンはいい材料ですよ。

ウォーグレイモンも攻撃Bが全体攻撃のデジモンで、魅力的な素材ではありますが、

最低でもコストは8あります。今回ウィーグレイモンよりもスレイプモンを推すのはコスト

が1ポイント低いだけのことです。しかし同時にコスト1が最後に大きくモノを言うと思います。


ランクアップしたデジモンが進化すると、そのままランクも引き継ぐようです。例えば

ドラコモンがBランクになってコアドラモンに進化すると、通常400程度のHPが800を

超えています。


ついでに言うと、今回はチームの相性があり、同じ属性が集まるとチームコンボでHPが

それぞれ10%アップしたりします。この相性や他のチームコンボも今後見極めが必要と

考えています。


話を戻して、成長システムですが、これはコンティニューが可能です。

ステージの続きができるのはD-PASSでも同じですが、コンティニューではパートナー

デジモン以外のデジモンも状態そのままで続きができます。これが大きい!

つまり、進化した状態で続きができるわけです。ステージ後半になると複数回の進化で

3体とも究極体ですから、強力です。

裏を返せば、コンティニューができないと全ステージクリアは不可能に近いということです。

つまりD-PASSで最終ブロックから開始できても、パーティのデジモンが弱いため、

おそらくクリアはかなり困難だと思います。

ステージクリアを目指す時は、人の少ないシチュエーションでプレイしましょう。


このD-PASSですが、2Pモードの場合も適用されます。

ただしD-PASSを選択すると1Pのみならず2Pも強制的にD-PASSを使わなくては

なりません。時間切れを待つにも3分は長すぎます。

D-PASS同士で対戦した場合、勝った方が経験値を多くもらえます。これは通常の1P

バトルでも同じで、1ステージも取れずにLOSE(=ゲームオーバー)した場合の経験値

は非常に少ないものとなります。

なのでカードを買う際もD-PASSを使って対戦させるとランクアップもついでに可能

ですが、とてつもない時間が必要です。

ちなみに普通に遊んでSランクまで上げようとすると、約3~4時間を要します。

そして¥2000程度の金額も。


2Pついでに言っておくと、今回の対戦ではD-αが適用されます。前作ではスキャン

不可でしたが、これでますます戦略性が広がります。


※D-αというのは、全てのカード裏面に搭載されている、もう1種類のカード効果です。

といっても目で見えるものではありません。

赤外線のバーコードリーダーではなく、筐体のテーブルに載せることでスキャンできます。

下手なオプションカードよりも強力な効果を持つものもあり、戦略上欠かせない重要な

ものです。ただ、『02』ではまだカード固有のD-α効果が不明なので、早期公開を希望

します。



③アルティメットバースト状態

エボリューションゲージが溜まるとデジモンを進化させることが可能で、最終形態は

究極体ですが、前作ではエボリューションゲージが溜まった時に究極体をセレクトすると

ダメージ回復になり、HPまんたんの時は無意味となり、虚しさがありました。

今回もダメージを受けている場合は回復ですが、HPまんたんの場合はアルティメット

バースト状態になります。

まだ情報が少なく、はっきりした内容は不明ですが、判明していることと予想を立てると

以下のようになります。


・金色に光る

アルティメットバースト状態はステージの間続く。対象デジモンが金色に光っていること

で判別できます。


・攻撃の際はコアブラスト

ゲージが溜まるとコアブラストが発動し、通常のボタンセレクトが成功すると、大怪獣バトル

のように5回勝負が可能
です。当然1回も勝てないと攻撃失敗でダメージは0です。

5回勝つと、単純に攻撃5回分のダメージを与えることが可能です。普通に考えて、究極

体のコアブラストが成功すれば相手をほぼ確実にDELETEできるでしょう。

最終ステージのバイフーモンとの対戦でアルティメットバーストが発動、成功すれば

勝ったも同然。最もその効果の恩恵を受ける相手といえるでしょう。


なお、コアブラストでの全体攻撃はキャンセルされ、相手1体のみが攻撃対象となります。

これは残念な要素です。

また、通常のコアブラストはボタン押しで回避されるとゲージは元に戻ってしまいます。


・効果は1ステージ持続

アルティメットバーストでは、1ステージの間ずっと攻撃がコアブラストなのではないかと

思います。1度攻撃が終了してもまだ光ったままでしたからね。

とはいっても、よく回ってきても3回がせいぜいでしょう。


④カードデザイン

カードデザインは基本的に前作と変更なしです。混ぜてしまえばほとんど見分けがつき

ません。

もっとも大きな違いはデジモンカードの固有能力が記載してあることです。これはカード

表面の文字がキライな私も大賛成な点です。デッキを組む上で非常に参考になります。

D-αの効果の記載が無いのは前作と同じです。

裏面はまったく変更ありません。

主だった変更がないのはおおむね賛成です。旧弾カードがゴミ同然になるのが常でした

が、B社も今回はそれを回避してくれました。

レアリティ別のインプレッションは以下の通りです。


・ノーマルカード

SDAであったようなキラキラシートが貼付してあり、ド・ノーマルは無くなり、今回は

キラキラ仕様のみになりました。


・レアカード

これも前作と同様です。ド・ノーマルカードに金箔押しです。


・パーフェクトレア(PR)(激レアです)

ホイル仕様に逆戻りです。排出時に最もそれと判別しにくい、個人的に最もキライな

パターンのキラです。ドラゴンボールの烈レアと同じキラですよ。もう見るのも嫌!?


・アルティメットレア(UR)(爆レアです)

これはもうデジモンの伝統となった黄金のバック+型押し。非常に高級感があり、UR

の名にふさわしいキラです。バンチョーレオモンのキラはそれっぽくて面白いですね(笑)


・ゴッドレア(GR)(シークレットですね)

新登場のレアリティです。最近のB社の手法同様、封入率は1/2パックと思われます。

シルバー調のオーロラキラで、絵柄は色がありません。とにかくギラギラですが、今後

登場するであろう四聖獣残り3体も同様のキラだと見分けがつきにくいですね。

文字欄が他のカードよりも小さく、絵柄部分が大きくとってあるため、その点は評価でき

ます。

またこのカードはキラシートが2重なのか、他のカードよりも硬さがあります。たぶん

厚みと重量もあるのではないかと思います。


⑤「買う」スピード

めちゃくちゃ遅くなっています。

これはかなりキツイ改悪です!

前作のDBTは、ACGでは他の追随を許さないレンコスピードを誇っていましたが、『02』

では極端に遅くなりました。もはやドラゴンボールよりも遅いくらいです。

どうして流れに逆行するのかなあ?と疑問符を付けないわけにいきません。システム上、

仕方なかったんでしょうか?



長くなりましたが、だいたいこれくらいが大きな変更点です。

この盆休みは毎日のように通ってはランクアップに励み、そのままレンコに突入したもの

です。

しかしその成果は厳しい内容となりました。

投入 : 200クレ

GR : 1

UR : 1

PR : 10

URが揃いませんでしたし、普通のレアも1枚未排出でした。残念・・・。



これからは、ひとまず前述のスレイプモンのランクを上げていきたいと思っています。

デッキを組んでみると以下のようになりますかね。


スレイプモン コスト7(旧弾)

チィリンモン コスト6

ララモン コスト1(旧弾)

それでもへっちゃら コスト1



チィリンモンは1度の進化でスレイプモンになります。

ララモンは攻撃HITでエボリューションゲージアップです。前作同様、ララモンが1段階

進化したサンフラウモンがさらにアップ率が大きいかも知れませんので、そこに期待です。

それでもへっちゃらは修復プログラムですので、保険の1枚です。

もしサンフラウモンがGエボリューションの能力を持っているなら、まず進化させるのは

ララモンです。

レベルⅣ以上のデジモンにまともに攻撃を受けると一撃でDELETEでしょうが、そこは

修復プログラムとチィリンモンの固有能力があります。チィリンモンの固有能力は、

戦闘開始時にデジモン1体を復活させる、ですから最初の進化ではチィリンモンは見送り

たいところです。

万一スレイプモンがDELETEされてもそちらに適用できますので、やはり踏ん張り系は

必要ですね。

満を持してチィリンモンを進化させるとスレイプモン2体揃い踏みです。かなり大きなアド

バンテージとなります。

しかしララモンが究極体になってもライラモンですから、これといった特徴もなく、パートナー

のスレイプモンがいくら強力になってもパーティとしては少々力不足の感があります。

最終的には低コストデジモンをSランクまで育てた方がパーティとしての実力は上なの

かも知れませんね。

そういえば、ドラモンパーティで誰か1体を欠いたまま次ステージに進んだことがほとんど

ありませんでした。

お盆の間のパーティは以下の通りです。


ドラコモン コスト2

コアドラモン緑 コスト4

チィリンモン コスト6

それでもへっちゃら コスト1

残りは『進化の停滞(エボリューションゲージを+1する)』等、適当なOPカードで。



パートナーのドラコモンはランクが上がれば上がるほどHPが上がるので、必然的に

DELETEされなくなりました。

チィリンモンは最初の進化でスレイプモンにしてしまうので、固有能力のリザレクション

(=踏ん張り
)を生かせませんでした。でもそれを補って余りある全体攻撃は強烈です。

コアドラモンは進化するまでは使えないデジモンですが、ドラコモンと同属性のため

チームコンボが発生し、ステータスがそれぞれ10%アップします。

また最終的に究極体にまで進化させると、確実に1体は倒せるという、戦略上計算できる

1体になります。最もいいのがウォーグレイモンですが、シャイングレイモンやデュークモン

になることも多いです。

最も見劣りするデュークモンに進化するとガッカリきます。

なお、ドラコモンもコアドラモンの一段階前の形態なので、コンティニューを続けると最終的

にデュークモン2体になることもよくあります。

ハイパーエボリューションの経路がよく分からないため、これについても公表されること

を願います。


※ハイパーエボリューションとは、通常の進化経路ではなく、エボリューションに至るまで

に押したボタンや攻撃の仕方、攻撃成功回数などによって可能となる特殊進化のことです。

だいたいは通常よりも強力なデジモンに進化します。



全体攻撃を狙うならメガシードラモンがいいかも知れませんね。

これはBとCが全体攻撃です。最初のうちは決定的ダメージを与えられないかも知れ

ませんが、成長すると攻撃力がアップしますので、楽しみです。

ただ、進化するとそれもなくなってしまうため、究極体で全体攻撃が可能なデジモンが

いいんですよね。

とはいえ、コストはスレイプモンが7に対してメガシードラモンは全て6ですから、たいした

アドバンテージでもない気もします。


それ以外のデジモンとなると、固有能力が使えるとか、チームコンボが強力とか、そんな

理由もありえますが、デジモン単体での強さでは他に思いつきません。コストも重要

ですから基本ステータスが高ければいいというものでもないですしね。

もっと格好のデジモンを思いついたら、また記事にします。



本当に長くなりました。実地によるデッキ検証レビューはまた後日・・・。


何にしても、この『02』は、ゲームプレイに¥100を使うべきだと思います。

レンコするのはもったいない。

(お前が言うなっ!)






2007.08.17 | | コメント(12) | トラックバック(1) | デジタルモンスター

力技!

【8/14】


本日も午前中からデジモン02に繰り出してきました。

昨日Bランクまで上げたドラコモンのランクを今日はSにすることが目的でした。

Dランクから始めて、コーディアック遺跡の15ステージを4度クリアするとSに到達します。


パスワードは以下になります。



『公開は終了しました!』


最終HPは900ちょっとでした。

面白いキャラがいないか、ただいま物色中です。


さて、その店舗には2台の筐体がありまして、遊んでいた台と別の台に試しに¥100

投入すると、

SR パンダモン

でした。つい先日と全く同じパターンです。その時はあがともさまのコメを拝見する前

したが、今回はチャンス到来か!?

しかし、同一シリンダーからは約5K弱あり、遠いです・・・。

でも意を決してレンコ開始しました。

すると、5クレ目くらいで、






UR バンチョーレオモン
purinbantyo-.jpg




ようやく爆GETしました・・・。





それからは当然長いことは分かっていましたが、仕方ありません。

いつも敗れる賭けに出ました。

当たり前のように、10クレ、20クレ、30クレ・・・、何も出ません。


こりゃあ、次は40後半かな、と思っていた39クレ目!










GR バイフーモン
purinbaihu-mon.jpg





ついに来ました、この瞬間が。








そりゃあ、これくらい出てもらわないとやってられませんよ。


遊んでいた台ではお盆の小遣い最後の¥100で、

SR シャイングレイモン

でした・・・。

14日にして、お盆の小遣いが0になってしまいました・・・。

いよいよ、すっからかんです。


しかしコンプならず!

UR ビクトリーグレイモン

R ホーリーエンジェモン

以上を残しました。

なにげにレア1枚ですし、ホーリーも手に入れにくいですね・・・。







2007.08.14 | | コメント(8) | トラックバック(0) | デジタルモンスター

デジモン02のRPG性

【6/24】


昨日に引き続き、デジモンネタです。

公式HPで判明していることを整理してみました。そしてその過程で浮かんだ疑問なども

合わせて書いてみます。


まずはSDA弾のカードにも記入されている「D-PASS」について。

基本的にはRPGの「ふっかつのじゅもん」手法ですね。

経験値をためる→ランク(レベル)が上がってステータスアップ→次のプレイで有利になる。

ごくごく考えられるパターンですが、ここで疑問。

ステータスアップしてもコストがそのままなのか?ということです。コストまでアップする

のではまるで意味がないわけですから、よもやそれはないでしょう。


パスワードはひらがなと数字で7文字。これでどこまでデータが記録できる?と考えると、

ひらがな46文字、数字10文字、合計56文字の7乗。理論上、6588344通りのパス

ワードが考えられます。もちろん実際に使用されるのはその一部でしょう。

だけどこれでパーティをまかなえるのか、と一瞬考えましたが、実際はこういうことかと

思います。

ゲーム上、パスワードを使用できるのはおそらく1体のみでしょう。

残りのキャラやオプションはカードスキャンオンリーでパーティを組む。それならば納得。

ちなみにゲームを進めた地点も記録されるとのこと。

おそらくパーティの先頭(1体目)がパスワードキャラでしょうね。

パスワードを使わずにプレイした場合はゲーム終了後にもパスワードは出ないはずです。

せっかく強くしても試す機会がROM相手では物足りないですね。そうなると通信戦が

望まれますが、それについてはまったく謳っていないので残念ながら可能性はないでしょう。

とはいっても、記事を書いているうちにこのシステムが非常に楽しみになってきましたよ。


そのうち強いキャラのパスワードがオク出品されそうですね。できれば2ch等でカキコ

して欲しいですけど、デマも多いかも。

バグで最凶キャラ出現の可能性もありそうですね。


これからデジモンする時は、メモ帳を持参しないといけません(笑)

7文字も覚えられないですから(爆)





2007.06.24 | | コメント(3) | トラックバック(0) | デジタルモンスター

あらためて、祝!デジモンフルコンプ!

【6/23】


このブログの記事は、だいたいいつも数日前に下準備をしていたものを清書する形で

進めております。

ですので内容が古かったり、記事をボツにすることもあったりします。ちなみにこの記事の

元原稿は6月20日に下書きしました。


さて、遅ればせながらではありますが、オク購入したデジモンSDA弾のPRウォーグレ

イモンが6月18日に自宅に届きまして、これにてデジモンはフルコンプ達成(完結)です。

来月発売のユナイテッドブースター3に新規バーコードが封入されそうな気配ですから、

これを手に入れる必要がありますが、まあ簡単にオク落札で対応しようかな、と今は

考えています。

自分の中では新規番号コンプ(パラレルも不要)で満足ですので、絵柄違いや箔違いを

含む完全フルコンプというわけではありません。

その数、実に290枚、うち爆レア13種類、激レア36種類となり、なかなか壮観です。

デジモンコンプまでの道のりで、中盤は息切れしてしまい、なかなか筐体前にすら立て

ない時期もありましたが、揃えにくいレアやノーマルさえも揃ったのは、特にあがともさま

のご尽力に拠るところが大きいです。本当に感謝します。

DBT02への対応は考慮中ですが、まったく手出ししない、ということはないと思います。

カードはもちろん、「成長」がキーワードのゲームシステムがどれほどのものか、また

デジモンの種類がどれほど増えているのか、見極めていこうと思います。

基礎がしっかりしているため期待できると思っています。

DBZと違って情報が遅いのが悩ましいところではありますが、稼働がまたもや爆烈3弾と

重なるはずですので、こちらにも資金確保をしておかないといけません。

なにしろ新ROMですから稼働初日から「1・1」は決定的です。しかもACG最高ともいえる

レンコスピードは非常にストレスが少なくて、夏休みで子供にいつ並ばれるか分からない

状況にあっても、短時間でも激止めが可能なのは大きな安心材料です。

とにかく7月下旬はまれに見る忙しさになりそうですよ。





2007.06.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | デジタルモンスター

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索