スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

蟹網でのカニ釣り

【2015/10/26】



先日の記事で宣言したように、三度カニ釣りに挑んできました。

今度は通販でちゃんとした蟹網を購入しましたよ。

準備段階では決戦を前に余念がありません。




purin151021-1.jpg
まずは通販で購入したこちらの蟹網。

前回は即興で作った太めの紐で網が組んであったわけですが、今度は極めて細い紐で、

言うなればワイヤー的な頑丈な糸といった印象。実際は釣り糸を編んだだけような

簡単なものですけど。

こいつにワタリガニ改めイシガニが引っかかれば、もがけばもがくほど絡まる蟻地獄の

ような様が容易に想像できます。

ネット情報では、むしろ絡まったカニを解くのに苦心するそうで、この蟹網を見ていると

それも納得の構造です。





purin151021-2.jpg
前回は庭に転がっていた石を適当に錘替わりにしてましたが、こちらはちゃんとした

専用の錘となり、固く結ばれています。

ミカンネットはごく普通のもの。

この蟹網を竿替わりに使用しているつっかえ棒に巻き付けて完成です。



潮位を見計らって、この日は早めに家を出て午前中から釣りを開始。

の予定だったんですが、予想以上に寒いことで急遽ジャケット類など防寒用に購入

するためユニクロの立ち寄ったり、早めの昼食をとるためスーパーに向かうも駐車場

がいっぱいであきらめたて結局弁当屋でテイクアウトしたりと、存外に時間を食ってしまい、

結局現地で腹ごしらえして釣りを開始したのは昼時でした。


ちなみに前回食いつきのよかったサンマを、今回も道中のスーパーで購入していきました。





purin151025-7.jpg
網を落として待つこと十数秒で、いきなり大物ゲットだぜ!

ヒャッハー!この瞬間に脳汁ドバー!ってやつですよ。


妻の分と合わせて2セット持ち込んだのですが、都合3時間半で大物が6匹獲れました。

小さいのを合わせると数え切れないくらい。

恐るべし蟹網の威力!



purin151025-4.jpg

purin151025-3.jpg

purin151025-1.jpg

purin151025-2.jpg
(最終的にこの2倍くらい獲れました)

ただ、家に持ち帰るのは味噌汁用の大物6匹にとどめ、残りはリリースしました。


最後に網を海水で洗おうとした妻が海に膝下まで落ちるというアクシデントがありました

が、カニ釣りは十分堪能できました。

今年はこれで終了ですが、来年以降も楽しみな趣味となりそうです。


夜は地元で豪勢にしゃぶしゃぶと洒落込んだのですが、海に落ちた妻は濡れたまま

とはいかないので、またもやユニクロやABCマートで新品を購入したのでした。


カニ釣り自体は安上がりだけど、それに付随してアクシデントもあって総額では結構な

出費となった一日でした。



purin151025-6.jpg





スポンサーサイト

2015.10.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

2015/11/9更新買い物リスト

2014/12


2015/1/4


2015/1


2015/4/15


2015/4


2015/5


2015/5


2015/6


2015/6/26



2015/8/5


2015/8/25



2015/9/25


2015/10/13


2015/11/9







2016/3
【上履き】教育パワーシューズ

【上履き】教育パワーシューズ
価格:2,052円(税込、送料込)



上履き IFME イフミー スクールシューズ SC-0002

上履き IFME イフミー スクールシューズ SC-0002
価格:2,370円(税込、送料込)












2017/1/13







2015.10.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

定番ネタ話を目撃した

【2015/10/20】



とある平日、会社の研修のため、電車で会場まで出かけておりました。

最近はつくづく便利になったもので、電車の運行時間や会場の場所などもスマホで

リアルタイムに確認できるため、現在地からの行き方は簡単に分かるし、道に迷うことは

もちろんないし、遅刻すまいと事前に念入りに調べ上げることもなくなりました。

この日も問題なく会場入り。無事研修を終えたのでした。






purin151016-2.jpg purin151016-1.jpg
昼食だって、このとおり。土地勘なくてもスマホで簡単に探すことが可能です。

神戸では有名なラーメンチェーンの、もっこすのラーメンです。

中華そば780円、チャーハンセットで1,000円です。

近場に大倉山というところがあってそこが総本店なんですけど、より会場に近い花隈店

を選びました。

昼直前で残り1席という盛況ぶりでした。

しかし店員は感じ悪いし、肝心の味もイマイチ。

まずセットのチャーハンは玉ねぎ入りで、個人的に邪道と思っているチャーハンにガッカリ。

昔大阪で食べた、大阪王将のチャーハン以来の玉ねぎ入りに落胆を隠せません。

ラーメンはニンニクの効いた薄い醤油味で、麺は極細麺。

薄いスープに細麺は合うのですが、スープの味自体がもう一つです。

もっともそれは自分には合わないというだけで、まずいということではないのだと思います。

実際、常連と思われる人が入れ替わり立ち代わり食べてましたから。

とりあえず私は今回が最初で最後になりそうです。





兵庫県には鉄道準大手の山陽電車というのがあり、瀬戸内海・播磨灘の海沿いをJRと

文字通り競い合うように並走しております。


この日、その山陽電車に乗っていたときのこと。

時間帯にもよるでしょうけど、JR西日本ご自慢の新快速はほぼ満員状態が常なのに対し、

山陽電車は特急といえども乗車率100%を超えることはほぼないです。

この日も2列×2のシートに窓際の席だけが埋まっているといった状況で、乗車率で

いえば50%でした。


二人掛けだしどこかに座らないといけない、でもどこに座ろうか。

タバコ臭いおっさんの隣は息苦しいし、太った人の隣は狭いし暑苦しい、できれば女性の

隣がいいといってもこんなに席が空いてるのにわざわざ私の隣に座って気持ち悪い!

なんて思われても嫌、そんなこんなで男子学生の隣に座ることにしました。

学生ならそう遠くまで通わないだろうからすぐに席が空くかも、という望みも持ちつつ。


まあ、結局終点手前の駅まで付き合わされたのですが、今日はそんな座席選びのミスを

きれいさっぱり忘れ去れるくらいの出来事がありました。



そのような空席状況で、窓側の男子学生の隣、通路側に着席した私。

その後も同じような乗車率で電車は進んでいきました。

ほどなく、オリックスの野球帽をかぶった男性が乗り込んできました。

年のころ、20歳そこそこでしょうか。

オリックスのキャップとは珍しいなと男性を見ながら思ったんですが、

この帽子はなかなかセンスがあるデザインで、ネイビーとゴールド色合いといい、

B’sの文字といい、大リーグキャップと比べても遜色ありません。ちょっとしたオシャレさを

感じます。

これが阪神や巨人のキャップなら近寄っちゃダメな人に早変わりです。

やるなオリックス。


で、このオリックス君。なんとなく観察していると、その帽子を脱いだり被ったりを繰り返し、

ドア付近に立っていたんですが反対側のドア前に移動したり戻ったり、

なんだか挙動不審で、やっぱり近寄っちゃダメな人でした。

やがて2列シートが空いたので座ったようでした。


次に現れたのは、40代中ごろでしょうか、170cm-90kgくらいの眼鏡をかけて

黄色のチェック柄のシャツを召した、はい、平たく言えばオタクっぽい男性が乗車

してきました。

ここでも同様に空席は2列シートの通路側だけ。

さあどこに座るのかなと注目していると、左右の座席を見渡しながら車両中ほどまで

進み、おもむろに一つの空席に腰をかけました。

ええ、女性の隣に。

隣の女性は、シートの上から少し見える頭から黒髪ロングっぽいもちろん若い感じで、

下手すりゃ女子高生じゃないか。

このオタクめ、めざとい奴だ、などと思うや否や、男性が座ってから3秒後に、女性が

席を立つじゃありませんか。

無論電車は走り出したところ、次の駅はまだ先です。

女性が振り返ったのでご尊顔を拝見できたのですが、まあー・・・、スマートブレイン社の

村上睨児的に言うと、 『中の下』 といったところでしょうか。思ったよりも中肉中背だったし。

そして通路を数歩移動したかと思うと、2つ後ろの席に着席したのです。


こ、これは・・・。

あまりに露骨すぎる避難の光景を目の当たりにし、その男性ならずとも目に涙を浮かべずには

いられませんでした。まさに全米が泣いた。いや、泣いたのは嘘ですけど。むしろ笑った。

ネタでは聞くものの、こんな状況を実際に目撃するなんて。

一人残された男性に同情を禁じ得ません。凹みっぷりが容易に想像できます。


そんな哀愁漂う男性の後ろの席を見ると、先ほどのオリックス君が座っていました。

なるほど、女性が“2つ後ろ”の席に移った理由はこれか。


オリックス君の出現からここまでが10分の出来事ですよ。


正直言って、あまりに濃い10分間に、この日の研修内容ももっこすラーメンも吹っ飛ん

じゃいました。

今日はこの10分間の出来事がすべてだったのだと。


人づてにネタ話はよく耳にしますが、自分で体験となるとそうそうないわけで、

この日は実に貴重な体験でした。

次なるネタの遭遇に期待して、今日はこれにてさようなら。





2015.10.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

カニ釣り再び

【2015/10/13】



体育の日を含めた3連休中の出来事をまとめました。


こちらの地方では体育の日には秋祭りが開催される関係で、運動会は9月中

もしくは初夏の5月に行われます。


昨年まで6年間は秋祭りに当事者として参加していましたが、今年からは

お役御免。

晴れて自由の身となったわけですが、下手に近所をウロウロすると強制参加

間違いなしですので、スルスルっと車で家を抜け出してきました。


しかしなんだか車の調子がおかしい。

ハンドルを切るたびにキュルキュルともゴロゴロとも聞こえる異音が。

なんだなんだ??

ただ、直進する分には特に問題ないので、あーこの分ならまたリコールで

ディーラー行きかよと面倒だななんて思いが頭をよぎりながらも少し様子を

見ながら走っておりました。


ひっさしぶりにラーメンを食べたり家電屋を見て回ったり中古DVDを買ったり

ひとしきりドライブしたあと帰宅してみると、

なんと右リアタイヤがパンク!

これが異音の原因かよ~!

交換しようにも最近の車にはスペアタイヤが標準装備されておらず、このまま

修理できるところまで運転して行かなくてはいけません。

取り急ぎ近所のガソリンスタンドから順に電話で修理代を聞いてみることに。

ガソリンスタンド : 3,200円(税別)

相変わらずのボッタクリで草も生えません。

イエローハット : 1,500円(税別)

少々高い。

オートバックス : 1,080円(税込)

これくらいが適正価格でしょう。ちなみに税込税別の使い分けは、単に口頭で説明された

そのままです。


帰宅して5分も経たないうちに、再びドライビン!

原因が分かればゴロゴロも不安感ないです。できるだけ急ハンドルを切ることなく

走行。

それでも到着時には、タイヤはショルダーまで逝っており、メーカー名やブランド名も

消失しておりました。

この時点でパンク修理はあきらめていましたが、やはりタイヤ内側のワイヤも

切れており粉だらけになっていました。

背に腹は代えられず、新品タイヤと交換。

現在装着しているものと同等のタイヤに嵌め替えて、コミコミ13,200円(税込)

という無駄な出費。

手持ちがないのでカード払いとなりましたが、給料前に実にもったいなかった

です。

これまで走行が12,000kmで、タイヤにはまだまだ山もあったのに。

ちなみに小さな金属片が刺さっておりそこから空気が抜けたようです。

本来ならパンク修理で済むはずが、タイヤ1本まるまる交換とは。

タイヤ担当の人もメーカーがスペアタイヤを無くしたことに疑問を抱いていました。


さて、そんなトラブルに見舞われたのが初日と2日目。

最終日はプチ遠出です。

カニ獲り再び、ということで、2週間ぶりに港まで車を走らせてきました。



前回、ミカン袋で大物を狙ったものの、獲れたのはイソガニという小さな

カニが50匹。

その後情報収集に励み、どうやら蟹網なるものがあるらしく、エサを入れた

ミカン袋と一緒に水中に沈めるとカニが網に絡まって逃げられなくする優れもの

ということです。

ネットで調べると500円ほどで売られていました。釣り具屋で手に入るという

体験談がありましたので、この日は道中2軒の釣り具屋をハシゴするも、

いずれも蟹網は置いていないとのこと。

それどころか、あ~そんなのあるみたいっすね、なんて記憶の片隅にある程度で

どうやらかなりレアアイテムっぽい位置付け。いやむしろ眼中にないといったほうが正しいか。

でも今更引き返せないし、仕方ないのでホームセンターで園芸用の防護ネットで

代用することにしました。


デカイ網をハサミでチョキチョキ。ネットを束にしてぶら下げるんですが、

やはりネットの紐自体が太いため、とてもカニが絡まるとは思えない出来。

ないよりはマシという程度でしょうけど、とりあえず使ってみました。


さらに、重要なのがエサみたいです。

いつもはさきいかやあたりめを針に引っかけてザリガニ釣りの要領で吊り上げ

ますが、そもそもエサにはサバやイワシなどの頭やアラがいいらいい。

てことで、これまた道中の食品スーパーに立ち寄りました。

サバなどのアラだとタダで手に入るのですが、水産担当の人いわくさっき回収に

来ちゃったみたいですとのことで、嘘も方便と思いながら同じ青物であるサンマを2匹

購入しました。



現地に到着したはいいけど、この日は風が強く波も荒れ気味。

潮位は見計らっていたものの、とても岩場に降りて釣るのは難しい状況です。

ふと見上げると、凧揚げをしている家族連れの姿が。なるほど風を生かしたか。

凧揚げにはこれ以上ないコンディションではあります。

なにはともあれ、先ほど調達したサンマをぶつ切りにしてミカン袋に投入、

防護ネットを切って縫って自作蟹網を作りいざ水中へ放り込む。

防波堤から網を落としてしばらく待つと、イソガニが馬鹿みたいに掛かる掛かる。

食いつきが半端ないです。

これは紛れもなくサンマの効果であることに疑いの余地はありません。


そしてついに大物が掛かりましたよ。



purin151012-1.jpg
こいつがワタリガニ。

若干小ぶり。成体になると赤いハサミが白くなり、肉が詰まって膨らみます。

ちなみに指を挟まれて少し出血したので、海で洗おうと岩場に降りた途端、盛大に

ずっこけ、もっと酷い怪我を負ってしまうという体たらく。

滑りにくいだろうと選択した靴流通センターで2,980円くらいじゃ買えない

ような上等のシューズを履いていったにも関わらず、そのシューズがツルッツル

滑るという自分の見る目の無さに情けなくなりました。

この記事を書いている今も、腫れた指を駆使というより酷使しながらキーボードを

叩いております。


さてその後はワタリガニの引きはあるものの、掛かっても落としてしまったり、

一度落とすと二度と食いついてくれないので、最終的にもっと小さなのが2匹だけに

終わりました。



波が大きいとカニ自体の動きが活発になるらしく、蟹網だけでなくあたりめでの

カニ釣りでも入れ食い状態でした。

強風に加えて小雨も降り出したので、撤収と相成りましたが、手ごたえを感じた

1日となりました。




purin151012-2.jpg
この日の釣果はこのとおり。

イソガニはリリース。


ワタリガニは味噌汁でおいしくいただきました。





purin151012-3.jpg
帰宅時に立ち寄ったトライアルというスーパー。

ディスカウント方式で安いと聞いていましたが、全然そんなことはなく、


ちょっと大きめの普通のスーパーという印象でした。




さあ、次は通販でちゃんとした蟹網を購入して、三度トライアルだ!





2015.10.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

たつのへのプチお出かけ

【2015/10/8】



たつの市という街があります。

10年前までは漢字で 『龍野市』 だったのが、いわゆる平成の大合併により

なぜか平仮名の市名に変更されました。意味わかんねー。


ヒガシマル醤油やそうめんの揖保の糸など名産品の知名度は全国区。

ヒガシマルが全国は言い過ぎた気がしますが、ここの醤油はもとより、

『うどんスープ』 と 『ちょっとどんぶり』 は天下一品。

家に必ず在庫している極めてスグレモノの商品です。


さて、名産品は有名どころですが、こと観光となるとあまり見どころがないと

いうのがたつの市。少なくとも私にとってはそういう位置づけです。

事実、近隣なのにほとんど行ったことがなく、いまだに道中は地図かナビが

必須です。




先日、秋めいた気候に誘われてそのたつの市に出かけてきました。

見どころが少ないとは言いましたが、この日は公園動物園というロコ動物園が

あるというのでほんのお出かけ程度、昼食のおにぎりを携えて見て回ったのです。



動物園の名乗るのは恐れ多いというくらい動物が少なく、しかももちろん猛獣など

皆無で、カニクイ猿、ヤギ、ヒツジ、鳥類と、小学校の飼育小屋に毛の生えた

程度のものでした。実際見て回るのに10分で済みました。




purin151004-4.jpg
この猿のオリが一番立派でしたね。

20匹くらいいました。動物園だから仕方ないけどとにかく臭いのなんの。




purin151004-5.jpg
こちらがヤギですが、こいつが面白い。

たまたま妻がコップにドングリを拾って回っていたのですが、試しにヤギに

与えたところ、バックバク食べるの。

それもポリポリコリコリ、アーモンドチョコのCMの擬音のようで爆笑しました。

しかも1個与えたらオリに沿ってこっちをついて回るのな。

コップ一杯のドングリをすべて平らげても、まだクレクレとオリの向こうから

訴えてきて、足元を探して拾っては食べさせるんだけど、そもそもドングリを

与えてよかったんだろうかという一抹の不安がいまさら頭をよぎるわけですよ。

しかしですね。よくよく観察したらあることに気付いたんですよね。

いえね、オリの中にはドングリが一切落ちてない。

オリの外に落ちているドングリは、オリの外に生えている樹齢数百年はあろうか

という大木から落ちてきていることは明白なんですけど、それはオリを覆う勢いで

茂っているわけで、大木とオリの位置関係から、オリの中にドングリが落ちない

わけはないんですよね。

とすると導き出される答えは一つ。

ヤギがスイーパーとなってオリの中のドングリを食べ尽くしていることに疑いの

余地はないわけで、ドングリやりを一瞬躊躇するも安心して再開したわけです。





purin151004-6.jpg
こちらのヒツジもそれはそれはおいしそうにドングリを食べてました。

しかしヤギほどの痛快な音はせず。動物はクチャラーのほうが面白いのかも。



その後ベンチに腰かけて持参したおにぎりと途中のコンビニで買ったからあげくん

を食べていると、目の前にカラスがよぎったのがなんだかおかしかった。

からあげくんを放ったら食べるんだろうか、食べるんだろうなと想像しながら。




龍野は多くの古民家が現存しており西の小京都と呼ばれています。

この動物園もそういった古くからの地区にあって、園内こそ家族連れが

見られるものの、その周辺は観光している年配のご夫婦が目立ちました。




purin151004-7.jpg
そんな中、年季の入った和菓子屋を発見。

築100年はゆうに越えているであろう建物で、よく言えば創業数百年の由緒

ある老舗和菓子屋、といえるんでしょうけど、いや実際創業年数は知らないですけど、

ぶっちゃけ店内はカビ臭くて先日壊した実家の倉庫(築100年越え)と同じ

においがしました。うん、匂いじゃなく臭い。

店内もよくあるショーケースに各種色とりどりの伝統工芸作品のような和菓子が

並んで―

とかじゃなく、8個だか10個入りの水墨画のような絵柄の箱と、和菓子のロウモデルが

2~3種類並んでいるだけ。実に食欲をそそらない。なんだか古い建物というのも相まって、

店内全体がセピア色に見えるんですよね。

ケース上にはせんべいやあられなどの米菓も陳列されているのですが、なぜか

東京の製造メーカーの名前が裏面に書いてありました。自家製じゃないのかよと。

せめて地場産で行こうよと。

和菓子屋としても本当にやる気あるのかといった風情。

店主はこういう店にしては若い、50代くらいの男性で、話のネタに、これまた

名産の、 『しょうゆまんじゅう』 を土産がてら買って帰ろうと声をかけると、

まんじゅうを家の奥の床に直置きされたパレットから取り出す始末。

おいおい、大丈夫かと妻と顔を見合わせる私。

1個130円もした。

最初は10個買うつもりだった妻も、私の渾身のアドバイスにより6個に抑えるも、

780円もの出費にうなだれていました。





purin151004-8.jpg
妻がフライングして5個となったしょうゆまんじゅう。

購入エピソードは結構酷いものでしたが、味はなかなか。いやむしろおいしい!

はっきり言って、自分がお土産にもらったら手放しで喜ぶレベル。おいしくて日記に

書くレベル。

そうめん、しょうゆ、そしてまんじゅうまで美味しいとは。

たつのには結構うまいものが潜んでいるのでは、と探検意欲に少し火が付いた

1日でした。





2015.10.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 徒然

«  | ホーム |  »

プロフィール

purin

Author:purin
集めてナンボ、飾ってナンボのコレクションを実践。
子供と自分が楽しむためのコレクションを展開。
不要な在庫は部屋が狭くなる。
自分にとって価値があるだけで、一般的には話題性のないものも多々あります。

月別アーカイブ

カレンダー&アーカイブ

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。